本番@明野西小学校ワークショップ公演

「明野西小学校空間絵本図鑑:図工室の記憶」

日  程:2008年11月20日(金)
時  間:開場17:00 開演18:00
場  所:大分市立明野西小学校

キャスト:大分市立明野西小学校小学6年生+各クラス担当の先生&出川晋

演  出:井上信太
映像音響:松村 陽
照  明:山田ひろこ
制  作:坂本倫子(BEPPU PROJECT)
     琴塚恭子
主  催:トヨタ・子どもとアーティストの出会いin大分 
      NPO法人「BEPPU PROJECT」
協  力:大分市立明野西小学校
     NPO法人子どもとアーティストの出会い 井手上春香
協  賛:日本ペイント株式会社

発表会来場者 約350人〜
ワークショップ参加者 約128名(6年生)
図工プロジェクト参加者 (全校生徒対象)
ボランティアスタッフ 約30名



■プロローグ
静かに幕が開く。

モノクロ羊が案内役。
廊下を歩く。
3日間の映像プロジェクション(廊下奥中央)
階段を上がる。
ステンドグラスからのふしぎな光を浴びた羊たちは色と出会う。
そして、モノクロの世界から色彩の世界へ。

c0102492_2421533.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2Fの教室では授業が行われている。
サイレント授業。(先生、生徒はみんな仮面をつけている。)
渡り廊下の不思議な洞窟をくぐり抜ける。
魔法の図工室へ。
ビー玉渦潮をみながら色彩の階段を下りる。
そして色絵本の世界へ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■開演

一人の少女が仮面をつけ、舞台中央に立ち尽くす。
彼女は何を思うのだろうか?
突然、彼女の体が逆さまに。
何もかも反対の世界へ。(ブリッジ)

c0102492_1431448.jpg



仮面をつけた3人の子どもたちが遊びだす。
じゃんけん、かけっこ、ケンケンパッパ。

c0102492_145570.jpg



奥の渡り廊下を仮面をつけた子どもたちが一列に秩序を保って静かに歩く。
青い光の中に消えてゆく。

ミニミラボール(ジャングルジム)

c0102492_2431789.jpg



細長い触覚を持ったにょろにょろ星人が出てくる。
その頭上に色彩惑星がスルスルと落ちてくる。
同時に仮面をつけた5人の子どもたちが走り回る。
何かに追いかけられるように・・。

青い教室と廊下。
2Fの廊下から縦笛の音が鳴り響く。
仮面をつけた子どもたちが2Fから覗き込む。

楽器の音がどんどん近くに聞こえてくる。(教室、廊下等)

3Fから青い光が浴びた、大きくて長いにょろにょろの親分が降りてくる。

c0102492_2442435.jpg



そして、全ての子どもたちが仮面をつけ現れる。
彼らは立ち止まり、そして振り向き、方向を変え、また歩き出す。
無秩序の世界へ。

c0102492_2453488.jpg



スクリーンに映像が映し出される。(WS)
子どもたちはその場で立ち止まり、座る。
放送室から子どもたちの声が聞こえる。


■大きな洞窟壁画へ

学校の主である図工仮面と三人の子分が現れる。
校舎内を無表情、無言で歩く。

c0102492_318884.jpg



彼らが白い洞窟の中で呪文を解く。
太鼓が鳴り響く。
丸い円を描く。(ライブペインティング:赤)

c0102492_3185380.jpg


c0102492_3145222.jpg


c0102492_3211451.jpg



雷(青いライト、ストロボが光を放つ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■フィナーレ

仮面の映像が流れる。
彼らは立ち上がり、前にゆっくりと歩き出す。
大きな群れとして前へ前へ。

ミラーボールが回りだす。

上空から「雪の結晶」が静かに舞落ちる。
サーカス照明点灯。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■挨拶

サプライズBIRTHDAY42(感謝)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして静かに幕が閉じる。



別れ




記憶




思い出


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寒い中、ご来場下さりありがとうございます。
そしてこのワークショップに関わった方々、
心から感謝しております。
また、お会いしましょう。

井上信太


※「ワークショップを終えて」に続く
[PR]
by shinta_inoue | 2008-12-04 14:33 | ワークショップ
<< 羊飼始動 ワークショップ4日目本番準備 >>