「ほっ」と。キャンペーン
胡麻ー守山ー栗東−山科
雨の土曜日。

早朝から丹後・胡麻地方に所用で行く。

昼から滋賀県守山市へ。
守山野外美術展の打ち合わせ&現地視察。

ナビの設定を「幹線」ではなく「距離」で設定したため、
信じられない細い山道をのらりくらりと・・・・。
約3時間半かけた道のり。ふぅ
2カ所の崖崩れ現場を目撃。
市内を通ればよかったと反省。
c0102492_1455331.jpg



15分遅れで東光寺に到着。
出展者の面々と初顔合わせと作品内容の説明会。
インドネシアのお菓子を食べながら、
ゆったりとした時間を過ごす。
各アーティストの取り組みがおもしろい。
この展覧会おもしろくなるぞ!っと実感。ウキウキ
c0102492_14562913.jpg



お堂に移動、プランを説明して設置場所の確認。
木魚&リンで色々なリズムをたたく。
ポコポコ、チーン。
こんな感じでワークショップをしたいなー。
c0102492_14584257.jpg




普段入れない空間を視察。
菩薩像の裏側を拝見。
美しい日本の美・術・魂。

その後、栗東市の栗東芸術文化会館へ。
サファリパークプロジェクトでお世話になったプロデューサの山本さんと
今年の秋から計画している「コミュニティーアートプロジェクト」の打ち合わせ。
話がどんどん盛り上がる。
またまたおもしろくなりそうですよー。
キーワードは「お祭り」。
牛追い、ひょうたん、ちょうちん、仮装、音絵巻、地域、
宿場、油屋、稲荷、祇園囃子、移動、明かり。

その後、京都・山科の青少年センターで開催している
林加奈さんが率いる「めくるめく紙芝居」のワークショップを見学。
何か大きな絵巻物が出来上がっているぞ。
みんな楽しそう!
N君の森の絵が印象的。
c0102492_1511366.jpg



c0102492_1515648.jpg



京都橘大学の小暮先生と久しぶりにお会いして、
色々と情報交換をする。

橘の学生や同志社の学生も参加している。
新しいスタッフも加わり、
相変わらずいい感じで進めているなー。

解散後、
林加奈さんと和食さとでご飯を食べながら本日最後の打ち合わせ。
来週7日、京都精華大学デザイン学部の新入生の為のガイダンス終了後、
林加奈さんに音楽紙芝居をして頂く事になったので概要を説明する。
約15分〜20分ぐらいのステージ。
こちらも楽しくなるぞ。ワクワク。

帰り、アーティストの坪井湯湯ちゃんに会って
急なお願いごとをする。
ありがとう。

さあ、今から企画書作りだ!
[PR]
by shinta_inoue | 2009-04-05 01:59 | 制作日記
<< 林加奈ー音楽紙芝居@精華 第2回守山野外美術展 >>