北山杉を見に行く@加藤林産(株)
今日もいい天気。

四条烏丸でアポリアの中西さんと会い、
北山・鴨川沿いにあるcafe Noinahで東横堀川のプロジェクトについての打ち合わせ。
ここはボクのお気に入りのカフェで、よく打ち合わせに利用させて頂いています。

その後、知人の紹介で大学の演習で北山丸太を使う事になり、周山街道沿いにある北山杉を
生産加工している加藤林産株式会社に伺う。
専務の加藤さんが北山杉の枝打ち、皮のはぎ方、乾燥、磨き等の行程を紹介してくださいました。
昔、NHKでよく見た「はたらくおじさん」の世界がそこにありました。
すごく楽しくて約2時間近く話し込みましたね。

えーちなみに北山杉をみなさんご存知ですか?
ボクの制作スタジオが京北町にあるので普通にしってたのですが・・.
あまり知られていないらしい・・・。ここで少し北山杉の紹介を!

北山杉は、京都市、京北、美山、日吉、八木の5森林組合で杉を植林、枝打、間伐などを
行っている原木で、この北山杉を原料として周辺で加工された磨き丸太を北山丸太と言います。
主に、和室の床柱が有名で、その他様々な建築材として注目されています。
この北山磨丸太は、京都市伝統工芸品として指定されており、
古くは室町時代から、日本を代表する建築材として使用されています。

今回この北山丸太を精華大学デザイン学部イラストレーションコースの演習で、
「ふしぎなトーテムポール」をつくります。当初予定していたのは約3mでしたが、
2mにカットして頂き、13日に搬入して頂きます。
さあ!どんなトーテムポールが出来るのでしょうか?

加藤林産(株)のHP
http://www.kitayamasugi.net/katorinsan/index.html


c0102492_15484521.jpgc0102492_15492148.jpgc0102492_15495528.jpgc0102492_1550163.jpgc0102492_15503847.jpgc0102492_1552017.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-05-11 23:03 | 制作日記
<< 遠足とスペイン料理 まちがきれいになる >>