鳥の巣箱ワークショップ1日目@開平小学校
鳥の巣箱プロジェクトの第二弾
本日は、大阪市立開平小学校でのワークショップです。
c0102492_10494245.jpg



朝の7時30分に東横堀川のカフェmuに集合。
瓦屋根や竹、鳥などを車に積み込み、いざ出陣!

●本日の予定
08:00~10:40 ワークショップ準備
10:50~12:30   1-2年生 41名(90分)
昼休み
13:50~15:30  3-4年生 29名(90分)
片付け&明日の準備

●本日のスタッフ&見学
中西さん、古坂さん、宮本さん(アポリア)、中村さん(e-よこ会)、奥村さん、出口さん(かわらミュージアム)、古谷さん(21世紀協会)
出川くん、藤本さん、坂口くん、原さん、海上さん(京都精華大学)、鈴鹿くん(神戸大学)、見学:近畿建設協会の方々(助成)、大阪府教育委員会

到着後、地下一階の開平ホールへ搬入。
床面の養生、テーブルの配置(彩色場2ヶ所、竹胴体、鳥のレリーフ)水場の動線を養生、ふしぎな水鳥の設営、瓦屋根の配置。
約2時間、ワークショップのセッティングに時間を費やす。

色々な竹のサイズがあります。
c0102492_10532021.jpg

コルクに鳥のレリーフを差し込んでいます。これも色々種類があります。
c0102492_10534516.jpg

ペンキ以外も、色鉛筆、クレヨン、マジック等も用意しています。
c0102492_10541099.jpg



事前に準備し、問題ないと思っていても、現場に入ると色々と気づく事が多々ある。ハプニングも含めて。
この時、瞬時に対応して行かないとワークショップはうまく運営出来ないと思っている。
何が起こるかわからない!?これがワークショップの魅力でもあるが・・。

さてさて、準備は問題なし、あとは子どもたちが来るのも待つのみ。
まずはハイテンション1ー2年生41名。

かわいい声が階段から聞こえる、先生に引率されながら笑顔でやってきた。
今回は、開平ホールを「お話部屋」と「アトリエ部屋」に2つに分けました。
まず子どもたちは、お話部屋で色々な先生の話を聞きます。
司会はアポリアの中西さん、鳥の棒を持って説明します。
まずは、各椅子に置いている「とんがり瓦屋根」を触りながらお話を聞きます。

中西さん「これは何?」
子ども達「かわら!?」
中西さん「みんなのお家は瓦屋根がある!?」
子ども達「屋根はない!」

ボク「えっーーー???」
そうなんですね。都会の子ども達は、ほとんどマンションか瓦屋根ではない家屋なんですね。
子ども達が初めて手に触る「瓦」。
重たいし、冷たいし、手が少しすすで黒くなる。
いい感じです。
c0102492_10504082.jpg



そして、部屋が暗くなり、PCでグーグルアースの画像をプロジェクターで投影。
瓦が製作された近江八幡と開平小学校の位置を地図で確認。
この瓦はここで作られ、この琵琶湖から川の流れに沿って、京都ー大阪ー東横堀川の開平小学校に来た事を説明。
ずっと水はつながっているんだよ!
凄くわかりやすい説明です。中西さんの鳥棒も大活躍。
※子ども達に説明する為に、学校側に大きな地図はないですかと打診したところ、
学校側からグーグルアースが提案。ハイテクです。

c0102492_10513495.jpg



次は、e-よこ会(大阪商工会議所)の中村さんが東横堀川の説明をする。
地元の川を知らない子ども達が多い、
そもそも、岸壁が高いので子ども達が川を見る事を出来ないのも原因なのか。
ここも町作りのポイントになりそうだ。

次は、かわらミュージアムの奥村さんが「瓦の歴史」を説明。
瓦が西暦588年頃、百済(朝鮮半島)から瓦博士が4人が伝えたと言われている事。(日本書紀に記述がある」
瓦が普及し始めたのは、江戸時代。その頃は、寺院や倉などをお話しして頂きました。

さあ!ふしぎな鳥の巣箱へようこそ!

まずボクが作り方を説明。

1、竹を選び、裏に名前を書く。
2、ペンキの選択方法。(色の混ぜ方)
3、筆と水場
4、鳥の彩色方法

むずかしい説明はあとまわし、
さあ、描きましょう。

思い思いに描き始め、
気持ちよく筆が走る走る。
彼らには迷いはないですね。

見ていて気持ちいい。
今日は絵の具をおもいっきり使える日なんです。

こんな感じです。

c0102492_1724061.jpgc0102492_173344.jpg

みんな裸足です。

c0102492_1733623.jpgc0102492_1761377.jpg


c0102492_174188.jpgc0102492_1743212.jpg



もう子ども達は体、顔、手がペンキだらけ。
アトリエは笑顔でいっぱい。
本当に楽しいなー。

お昼を挟み、3ー4年生も元気一杯。
本当におもしろいワークショップになってきました。
先生も一緒に作品を作り、ペンキだらけです。
いいね!こんな図工もあってもいいですね。

ということでこんな作品が生まれました。
見てください。
いぶし銀の瓦がかっこいいですね。
c0102492_171256100.jpgc0102492_17132039.jpg

ちいさな鳥たちも色鮮やかです。
c0102492_1714825.jpgc0102492_17143962.jpg

1−4年生+先生の74個が出来ました。後ろに「ふしぎな水鳥」もいます。
c0102492_17153970.jpgc0102492_17155849.jpg


終了後、後片付けと明日の準備をしました。
カフェミューで瓦を積み込む&おいしいアイスクリンを食す。
スタッフのみなさん一日目お疲れさまです。

2日目に続く。
[PR]
by shinta_inoue | 2009-07-11 11:30 | ワークショップ
<< 鳥の巣箱ワークショップ2日目@... トーテムポール設営@京都精華大学 >>