サファリな小径完成@水都大阪2009
怒濤の4日間。
朝から晩まで、サファリな生き物を設置した。
取りあえず大阪は暑かった。
c0102492_11192358.jpg



先鋭のスタッフ23名の力をお借りし、
最高のサファリステージが出来上がりました。
こんなに時間がかかるとは想定していなかった。

今回は、作品を鑑賞する引きがあまりなく、
小さな小径を利用して森の中のサファリを実現しようと試みた。
ワンシーンの強さ、移動しながら展開して行くストーリ性が求められ、
観客が小径を散歩しながら、新しい発見が出来るセッティングを考え、考える、考えた。
この考える時間がボクには4日間必要だった。

一つの絵を作ると言うより、インタラクティブな絵巻物のような感じかな。
面白い発見やアイデアも浮かび、実験的な方法での設置が
次のプロジェクトにつながる予感がする。

それにしても、現場は楽しい、モノ作りは楽しい。
睡眠欲、食欲よりも「楽しい欲」がボクの脳の中で充満していた。

今回、準備や設営に関わったサファリースタッフの方々、
心より感謝しております。
本当にありがとうございました。

c0102492_1120680.jpg


設営2日目@ライオン橋にて
[PR]
by shinta_inoue | 2009-08-21 11:22 | 水都大阪2009
<< 水都大阪2009前夜祭 国立民族学博物館に逃亡 >>