世界初演!! 新作能「水の輪」報告その1
約650年の歴史がある能楽。
この時代に美術を通して出会えた事に感謝します。

能とアートの出会い、この言葉が重かった。
不安で眠る事も許されなかった。

本当に出来るのか?
本当にボクでいいのか?

ボクのアートワークの領域と能との接点を探し求めていた。

学生の頃、羊と老松を描いた事がある。
友人に酷評された記憶が蘇る。
それ以来、老松を一度も描いていない。

それから20年・・・。
能との出会い、そして老松を描けるチャンスが来た。
ようやく老松が描ける!心が躍る。

しかし、
心の中で呪縛のように老松は「怖い」「むずかしい」・・・。トラウマが、
水都大阪の設営が終わっても、老松が描けない自分がいた。
そして、恐怖との戦いが始まる。

水の輪のワークショップは着々と進むが、老松の制作は一向に進まない。
はずかしい話だが、描くのが怖いと思ったのは今回が初めて、


老松以外の制作物は問題なく仕上がる。
タイムリミットが近づく
もう後戻り出来ない、
そして、一気に制作に取りかかった。

一筆入れた瞬間に何か心の中で動き始めた。

そして本番へ


c0102492_5182029.jpg

開演5分前

c0102492_457068.jpg

約3000人の観客が見守る






c0102492_501133.jpg


c0102492_514624.jpg


c0102492_532221.jpg


c0102492_551511.jpg


c0102492_5104375.jpg


c0102492_5115557.jpg


c0102492_5125358.jpg


c0102492_5132342.jpg


c0102492_5141025.jpg


c0102492_5143847.jpg


c0102492_5191150.jpg


c0102492_5195796.jpg


c0102492_5205179.jpg


c0102492_5211742.jpg


c0102492_523274.jpg







c0102492_5263623.jpg



その2に続く※舞台設営編
[PR]
by shinta_inoue | 2009-10-14 05:32 | 水の輪(新作能)
<< 世界初演!! 新作能「水の輪」... 能とアートの新しい出会い/新作... >>