大阪市中央公会堂視察&たこやきブルース
12月に再演が決まった新作能「水の輪」の舞台空間になる大阪市中央公会堂3F中会議室を視察。

浪人時代に通っていた中之島美術学院の課題で、この公会堂を水彩で描いた記憶がある。建物の細部を見ていると当時の事を思い出す。バロック、ルネッサンス、そしてボクの好きなウィーン分離派のセゼッション様式も取り入れ、何とも言えない深く華やかな建築物である。もちろん国の重要文化財に指定されている。

c0102492_1323307.jpg



12時 山本能楽堂の山本章弘先生、佳誌枝さん、21協会の古谷さん、大阪商工会議所の松枝さんと合流。公会堂スタッフの方が3Fの中会議室をご案内していただく。

第一印象は空間が重たい冷たい悲しい。完全なる様式美。この空間で能舞台。むずかしいミッションです。シャンデリア、ステンドグラス、ゴシック柱等々。如何にこの空間を生かしつつ、能を演じられるかがポイント。照明、音響に関しても電圧の関係や設備問題、重文の壁等の問題も多々ある。この水の輪に関しては簡単に行かない。とりあえずイメージは広がったので、現実的な問題点から処理をしていく必要があります。

c0102492_1325361.jpg


c0102492_13252554.jpg



その後、地階の中之島倶楽部でおいしいオムライスを食べながら打ち合わせ。ここのオムライスは有名らしいです。お試しあれ。

打ち合わせ終了後、古谷さんと心斎橋のビックカメラへ。うす茶色のデジカメ購入。ipodもほしいが我慢。夕方、NPOアーツアポリアでアーティストのふるさかさんが企画したたこやきパーティーに参加。

4時ぐらいから仕込みの準備を手伝う、何やらアポリアのスタッフは忙しそうに働いている中、タコを切る。何だか楽しい、アポリアに来るのも久しぶりだが、いつもの変わらないメンバーと出会うのも心が落ち着く。久しぶりに出会えた人に笑顔で迎えられる。幸せな時間。ありがとう。

たこやきパーティがはじまると色々な種類の人が集まった来る。今回は年齢層は少し高め!?オヤジ率も高い。ボクも含めてそれぞれ悩みや問題点を抱えていたりもする。でも、おっさんたちがタコヤキを突きながら、コロコロしていると美しいー解放される。キレイに焼けたり、焼けなかったり、みんな口の中でホクホクしている姿が妙にかわいい。いいね!タコヤキパーティ。久しぶりに落ち着いた時間を過ごせた。
c0102492_13461737.jpg


向かいの和室でアポリアK島さんが、一人で酒を飲みながらバンジョーでブルース&コント!?自由の定義は何なのか?経験値が足りないボクである。まだまだ旅は続きそうだ・・・・。
c0102492_13465233.jpg




みなさんありがとう!

c0102492_13471497.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2009-11-05 13:37 | 水の輪(新作能)
<< Monochrome Circ... めくるめく紙芝居「ザ・マイクマ... >>