たび部ー愛媛松山へ ダンス編
松山大学周辺にある「DANCE LABO」が今公演の会場。3Fのスタジオへ。黒のリノリウム、簡単な照明、客席作りなど気になる点がいっぱいだ。どこから突っ込みをいれたらいいか・・・。楽屋に呼ばれたので挨拶に行く。妙な緊張感が空間に満ちあふれている。こちらも緊張しそうだ・・。出川氏のボディーペインティングも確立してきたなー。何か素材を変えたのかマットな質感が実にいい。
c0102492_3114762.jpg

山中さんのお隣(DJブース)で鑑賞
c0102492_3425488.jpg

VJのたくまくん。
c0102492_344186.jpg



公演が始まる、
まず合田有紀くんと野村香子さんのデュエット作品。音楽は山中透さん、映像はたくまくん。前回、京都の初音館で見たのと大きく変化していて非常に構成力が進化している。ただ映像との関係性、プロジェクターと影の関係を意識すればもっとよくなると感じた。立ち位置が問題なのか!?これからこの2人のデュエットがどの様に進化するか楽しみです。

合田緑さんのソロ作品。
ゆうきくんのお姉さん。松山を拠点に得居幸さんとyummydanceを設立して活動中。さつまいもをモチーフに繊細なダンスだった。物語性もあり舞台全体を使ったダンスは素敵でした。次回、グループでのダンス構成をみたいです。今回の一番のお気に入りです。

秋津さやかさんのソロ作品。
アムステルダムを拠点に活動しているダンサー。リンゴを沢山使った即興インステレーション的ダンス。動きがコミカルだったが単調な動作が気になった。ダンスの基本がしっかりしているので動きはキレイだが、何かを崩す事によって何かが生まれる事を意識して表現したらおもしろくなると思う。舞台ではなく、街でのダンス表現を見てみたい。

奥田軍団(合田有紀、今村達紀、QUICK)のトリオ作品。
QUICKちゃんの負傷でどうなるのか気になったが、非常におもしろかった。彼の動かないダンス表現も好きだ。この作品に関しての詳細コメントは割愛。次回に期待します。ちなみに山中さんのパフォーマンス&衣装は凄かった。恐るべし50 years old。

c0102492_346577.jpg


公演後、バラシを手伝う。
c0102492_3463999.jpg



打ち上げに参加したかったが、明日の昼にお仕事があるので一路京都へ。
後編へつづく
[PR]
by shinta_inoue | 2010-05-20 23:59 | 羊飼いの口笛
<< たび部ー愛媛松山へ 後編 たび部ー愛媛松山 中編 >>