驚き版演習@精華映像ー水の輪:狂言お稽古
午前中、亀岡市役所で「亀岡アール・ブリュット」のチラシを300枚頂く。
13時 精華映像コースの演習「驚き版」スタート。まず驚き版の本体の制作。10個のスリットを入れ、裏面を黒く塗る作業。その後、驚き版の鑑賞会とアニメーションの動きの説明。

c0102492_211491.jpg


来週は、透明フィルムの驚き版を制作します。マジック、ハサミ等を忘れずにね!!今演習は、メディアサウンド担当の平野先生と共同演習なので、お互いの授業を行き来しながら交流しました。さあ、本番ライブが楽しみになってきました!

c0102492_2104892.jpg


c0102492_2111741.jpg


演習終了後、映像三回生の海上さんと水の輪の打ち合わせの為に山本能楽堂へ。
山本章弘先生と小笠原先生が熱心に舞台の流れを意識したお稽古をしていました。見ていておもしろく、狂言の言霊が世界を駆け抜け、新しい「国際交流狂言」になっていると実感。来年はパイロット的にアジアツアーが出来ればいいなー。バリ島のウブド/ゴアガジャでバリ舞踏との共演、そしてゆくゆくは、チベット、中国、タイ、カンボジア、ベトナムを流れるメコン川流域での「水の輪」の公演なんか素敵。

c0102492_254267.jpg


その後、出演者、スタッフの方々と本番舞台である天満橋の「川の駅」へ。具体的に老松の位置、鏡の間と舞台との距離、水鳥達の控え室(巣箱)を確認する。街灯の具合もいい感じです。今回の舞台照明は、かなり実験的な光になると思います。さあ、本番まで後5日。ワクワク!

c0102492_39173.jpg


c0102492_39496.jpg



本日、大藪さんと黒飛くんが新スタッフとして参加して頂きました。感謝!
明日は、精華イラスト 夜ー京北スタジオで水の輪準備
[PR]
by shinta_inoue | 2010-09-28 23:59 | 水の輪(新作能)
<< 空間デザイン演習「ピクニック」... 亀岡アール・ブリュットの打ち合... >>