空間デザイン演習「音楽ピクニック」@京都橘大学
曇りのち小雨。楽器を積み込み橘大学へ。
本日は「音楽ピクニック」。楽器の積み降ろしをえっちゃんとルカッペがお手伝い。いつもありがとう。

本日は小雨という事で、音選びはNorah Jones、学生のリクエストでJack Johnsonも流しながら教室を温める。はじめに楽器の紹介と実演。ジャンベをポコポコ叩き、口琴をビヨヨ〜ンと奏でる。次は倍音(ホーメイ)やガムラン等を流しながら民族音楽について話す。その後、JAZZ、ブルース、ロック、邦楽音楽についてもちょっと話す。

c0102492_23192162.jpg


その後、2006年に栗東芸術文化会館さきらで開催した「サファリーパークプロジェクト in 栗東」のDVDを見ながら、コミュニティー、ボランティア、アート、音楽、ダンスについて話す。

最後に、先週分の学生達のピクニックアイデアを紹介。
ここで60分経過。残り30分で即興演奏会を開催する。

まず好きな楽器を選ぶ。今回は、ジャンベ×2、ガムラン、スネアドラム、コンガ、木琴、鉄琴、マラカス、カスタネット、りん、タンバリン、ミニアコーディオン、羊の鳴き声缶等々。円になって自己紹介がてら一音ずつ奏でて音遊び。

c0102492_22583959.jpg


その次、即興で作曲する。まずジャンベがドン、ドンと低音で入る、そしてスネアとマラカスが裏打ち、その音に反応してコンガがトントン。そしてガムラン、鉄琴がミニマルなメロディーを奏でる。そして、次々と拍子の間に音入れ。即興アンサンブルが出来上がりました。そして一音すつ消え、最後に羊の鳴き声で終了。打楽器を中心に曲を作りましたが、学生達のリズム感の良さにびっくり。

c0102492_2312221.jpg


最後に、今年7月に橘大学の校歌が出来たらしいので、それを聞きながら校歌とセッションしました。結果微妙・・・。むずかしいアレンジです。次回は屋外でピクニック演奏をしたいですね。

こちらから京都橘大学の校歌を聴く事が出来ます。

来週はピクニックレポートの日。

演習終了後、めくるめく紙芝居について、えっちゃんとルカッペと打ち合わせ。何となく見え隠れする問題点・・・。新しい方向性を示して行きましょう。映画制作もいいですよ!

亀岡へ、亀岡アール・ブリュットの展覧会を見る。受付で即興口琴ライブをする。お客さん3人。カエルの歌をみんなで合唱!楽しかった。

さあ、明日は23日に開催するワークショップの為の設営です。(18:00〜)
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-21 23:35 | 京都橘大学
<< 丹波国分寺跡アートスケープと亀... 「仮面でジャポニズム」:カップ... >>