日吉町視察&ダムとアート〜天若湖アート​プロジェクトの現場から
本日、京都国民文化祭のアートブックを制作する為に美術ライターの酒井千穂さんと一緒に「南丹市日吉町」を視察&取材をしました。まあ、ここは僕の自宅から車で約20分。いつもブラブラ遊びに行く所です。

まず、京都大学農学部博士の西村和雄さんを訪ねる。西村さんは、30年以上有機農業に関する研究と指導を続け、ヨルダンやマラウィなど海外でも指導され、現在は日吉町のガイア自然農法塾を拠点に、有機農業従事者の育成を図っておられます。彼の著書に『スローで楽しい有機農業コツの科学』『おいしく育てる菜園作りコツの科学』、共著に『おいしい野菜の見分け方』があります。今回一緒に監修している半農半Xの塩見直紀さんとも繋がっているので新しい視点が生まれそうだ。わくわく!!

自宅の横の敷地で西村さんの奥様が「みどりの屋根」というケーキ屋さんを運営されています。ここは全て有機農法で作られたおいしいケーキ等を食べる事が出来ます。本日は、シフォンケーキを購入。次回、西村さんとみどりの屋根はゆっくり取材する予定。甘さをおさえた「あずき寒天」をごちそうになる!

c0102492_2425586.jpg


c0102492_2433014.jpg



次は、ここから車で5分。ドイツ風パン屋さん「Sonne und Gluck/ゾンネ・ウント・ グリュック」に行きました。ここも天然酵母で作られたおいしいパンを食べる事が出来ます。ここもアートブックの取材候補。店長さんと色々とお話をいたしました。ここでばったり橘大学の小暮さんとお会いする。おいしいパンを食べながら道を聞いていた。胡麻駅からよくここまで来たな〜。
実はこの後、僕も参加するドイツカフェ「みとき屋」でダムとアート〜天若湖アート​プロジェクトの現場からのシンポジウムがあるので、うろうろしながら開催場所を探していたらしい。恐るべし嗅覚。田舎歩きの達人だ!自由すぎる。で、ゾンネさんでも色々な種類のドイツパンを購入。酸味のあるパンが好き。

c0102492_2542948.jpg


c0102492_255238.jpg


c0102492_256256.jpg


その後、3人で「みとき屋」さんへ。このカフェは、ドイツ人のシャウベッカーさんと奥様が運営されていて、カフェ以外に音楽会やクラフト市、そして羊やヤギも飼育されているふしぎ空間です。ちなみにシャウベッカーさんは、関西大学の名誉教授、日本文学研究者、獣医、カヌーイスト、奥様は東京芸大出身の声楽家さんです。

僕もよくここでコーヒを飲みに来ます。僕の憩いの場。オーナーのシャウベッカーさんはいつも僕の事を「ヤギのヒツジさん」と言います。僕が隣町の八木町在住だからかな!?このシャウベッカーさんも取材させて頂きます。

c0102492_257138.jpg


c0102492_2574096.jpg


さてさて、ダムとアート〜天若湖アート​プロジェクトの現場からのシンポジウムが開催。約15名ほどが参加されていました。主催者の下村泰史さんは、京都造形大学環境デザイン学科の先生で僕の「口琴」仲間。で、アートプロジェクトを主宰されているNPO法人アート・プランまぜまぜ理事長のさとうひさゑさんが、日吉町の事、ダムの事、桂川流域の事をとても解りやすく説明してくださる。

c0102492_361583.jpg


このプロジェクトは長期に渡って運営され、アートから文化、文化から自然に繋がる発展を目指していました。アートプロジェクトのあり方が見直される時期に来ているのかな!?と痛感する。8月6日、7日は、天若湖アート​プロジェクト2011が開催されます。かなり幻想的な記憶と明かり空間を見る事が出来ます。

c0102492_319649.jpg


c0102492_3241137.jpg



詳しくはこちら↓
天若湖アート​プロジェクト2011
NPO法人アート・プランまぜまぜ

その後、京都のギャラリーすずきの搬入へ・・・・・。ギリギリ間に合う!!続く
[PR]
by shinta_inoue | 2011-07-10 23:58 | 京都CICNブック
<< イメージの新様態XX(No.2... 直前 >>