長い一日(メモ)
大阪・海岸通ギャラリーCASOで個展がオープンしました。

今回はセッティング時間がかかった。
照明、映像、空間のバランスがなかなか決まらず参りました。

本日は大学の演習日。
めずらしく課外授業、大阪へ
14:30 中央線大阪港駅に集合。
総勢30名の御一行様。

僕の個展会場でレクチャー&作品鑑賞。
その他、各会場の展覧会を鑑賞。
何か感じ取ってくれればいいのですが・・。

鑑賞を終え、CASO2Fで先週課題を出していた作品の提出&個人評をしました。
今回の演習は「10project」。
10というキーワードでインススタレーションを作る課題です。
これがなかなかおもしろい作品が出来上がりました。
いずれ作品集になる予定です。楽しみです。

その後、学生を引率して、piaNPOへ。
NPO法人大阪アーツアポリアの代表中西さんに
アートNPOについてお話をしていただきました。
学生たちも興味津々。

お隣の築港ARCの代表アサダワタルさんにも
関西アートについて簡単にお話していただきました。
学生にとっては貴重な体験だったと思う。

その後、ここのビルの屋上で夕日を見ながら遊ぶ。

「だるまさんがころんだ」
「はんかち落とし」
「おにごっこ」 などなど

学生たちは何もなくても遊ぶのがうまい。
いや~ついていけません。

そして少し街をぶらぶら散策して解散。

学生と別れてから、一路CASOへ。
音楽家の天野さん、甲田さん、音響デザインのSOUND-1さんと
映像作家の松村くんと5日のLIVEの打ち合わせ。
遅れて音楽家の有馬純寿さんも合流。
音響のテクニカル関係の話になったので、
僕だけ抜けて、アーツアポリアへ別件の打ち合わせに向かう。

その日は、アポリアスタッフの文化人類学を専攻しているノボリさんがポーランドに
留学するのでさよならパーティーがひらかれていた。
おっ!部屋に入るとたこ焼きが焼かれている・・・。うまそ~
少したこ焼きを頂きながら21協会の古谷さんと舞台関係の打ち合わせ。
ケコミ、舞台上のパンチの色を決める。
そして舞台監督には今年4月に行ったモノクロームサーカスの舞台でもお世話になった
渡川くんがこちらも担当していただけることになった。うれしい。

さて、こちらは翌日の記者会見用の鳥&映像&資料を準備する。
よくわからないが記者会見らしい。
リーガロイヤルホテルのダイヤモンドルーム・・・。
3分間のプレゼン。どこまでこのプロジェクトを紹介できるのか・・・。
まずは「ふしぎな鳥」をみせて感じていただこう!と鳥たちを装飾。
パーティーに参加していた作家さんにも鳥の彩色をお手伝いしていただく。
みなさんありがとう。素敵な鳥たちが出来ました。

その夜は、映像作家の宮本くんの家でお世話になる。
雑談をしながら鳥の組み立てをして意識が飛ぶ・・・。

ふう~長い一日でした。
[PR]
by shinta_inoue | 2008-09-23 12:00 | 展覧会記録
<< 記者会見は塩キャラメルクレープの味 大阪ー大分ー別府ー博多ー京都 >>