「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:東横堀川プロジェクト( 3 )
鳥の巣箱ワークショップ@BIRD HOUSE CAFE
本町にあるBIRD HOUSE CAFEに行く。
途中、コーナン@箕面でもろもろ買い出し。

本日は巣箱のワークショップ@BIRD CAFE CAFE。
本町周辺もたくさんの巣箱が設置されている。
街の人はいつ鳥が来るのか?どんな鳥が来るのか?っとワクワクしている。
さあ!どんな鳥が来るのか静かに見守りましょう。

今日の参加者は、巣箱を作りたい為に和歌山から来た親子連れ。
そして地元のOLさん2人、大分から来て頂いたNPO関係の方々。
あと本町で活動しているデザイナーの方、彼女はリピータです。

c0102492_0443543.jpg



夕方、21協会の古谷さん、元NPOアポリアに在籍していた小森さんとそのお友達も来場。
商工会議所の中村さんもクッキーの差し入れをして頂きました。

小さなカフェも参加者でいっぱい。
何かいいですね。のんびりほっこりするワークショップも!

ボクは鳥の巣箱マップをCAFEの壁に制作中。
これからどんどん広がる地図をお楽しみください。
c0102492_0461041.jpg



番外編:
リヤカー小梅と旅に出るアーティストの出川くんも何やら企てています。
彼のブログです。
http://flycanvas.exblog.jp/

c0102492_0472475.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2009-08-29 23:59 | 東横堀川プロジェクト
水都大阪2009 関連事業の打ち合わせ2(開平小学校)
東横堀川の打ち合わせ終了後、
山本能楽堂へ。
中西さんは開平小学校で予定をしている
ワークショップ「鳥の巣箱をつくろう!」の打ち合わせ資料を作る。
ボクは能楽の「舎利」のDVD を見る。※感想は次回。

15時〜
開平小学校に大阪商工会議所の中村さん、山本能楽堂の山本さん、アポリアの中西さんと伺う。
このワークショップも水都関連事業の一つ。
子どもたちが水辺や環境に親しみを持って感じてもらうきっかけ作りを考えている。

この開平小学校は、中之島の中心にある全校生徒約100数名の学校である。
運動場はそんなに大きくないが、地下の多目的スペース、
ステンドグラスの窓、屋上菜園、ユビキタス関連のPCルーム等がある都会の小学校。
外壁には一つ一つのレリーフがあり歴史を感じる。
これを使った学校探検も出来るなーと思った。

校長室で校長先生とお会いする。

まず最初に中村さんからワークショップの主旨の説明がある。
鳥の巣箱について、素材、制作場所、日程、作品設置方法等・・・・。

話し合いの中で色々な諸問題が出たが、
校長先生がひとつひとつこちらの説明に耳を傾けて頂き、
最終的に全学年対象のワークショップを開催する事になった。
しかも、授業枠でのワークショップ。ありがたいお話です。
及び、20周年記念のプランも考えてほしいとの事!
運動場で鳥のアニメーションを作りたいなー。

その後、教頭先生に学校案内をしていただく。
さあー!こちらもおもしろくなってきましたよ。

c0102492_1553879.jpg


c0102492_15533214.jpg


c0102492_15543992.jpg


c0102492_15564021.jpg


c0102492_15571341.jpg


c0102492_15573479.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-04-24 14:55 | 東横堀川プロジェクト
水都大阪2009 関連事業の打ち合わせ1
水都2009では、様々な団体や個人がプロジェクトを支えている。
大阪の水辺の再発見、そして大阪が水の都として市民とどう向き合うかが問題。
水都2009では、約100組近いアーティストが参加する。
芸術を通し、どのようにこの川辺と地域、芸術と人が繋がって行くかが楽しみです。

今回、ボクは水都2009企画「水辺の文化座」に参加する。
メインプランは、「サファリパークプロジェクト in 中之島」と「サファリワークショップ」。
まだ色々と事務局と詰めて行かなければいけないが、大筋は見えて来たと思う。
会期期間が52日間なので、長期間耐えうる施行をしなければいけないぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日、関連事業として中之島周辺にある地域「東横堀川」の水辺再生協議会の打ち合わせがあった。

打ち合わせ場所は、大阪商工会議所4Fの談話室。
植木等さんの映画に出てきそうな味のある高度成長期型談話室。

参加者は、NPO大阪アーツアポリアの中西さん、e-横会の渡辺さん、シティープラザさん、
商工会議所の中村さん、山本能楽堂の山本さん、株式会社ダン計画研究所の柴田さん。

主に本町橋の船着場の拠点・景観プラン、クルーズ&ウォーク、川辺カフェ、川舞台、
光のトンネル、オープニングイベント、そしてボクのプラン巣箱・水鳥プロジェクトが
話し合われた。非常にコンパクトに水域をいかに楽しむかが考えられた。

新しいプランとして、全体を「ピクニック」としてとらえてはどうかとボクの提案が盛り上がる。
川辺ピクニック、ビジネス(平日)ピクニック、週末ピクニック、星空ピクニック。
いやー、みんながピクニック好きだなー!
昨年、千葉・柏の葉で東京ピクニッククラブさんとお仕事した時の事例を紹介。
京都でもピクニッククラブを立ち上げる予定だったので、
これを機に関西ピクニックスタイルが確立出来ればいいなーと思う。

ということで、ボクがピクニックプランとトータルデザインを担当する事に・・・。
また仕事が増えたが、楽しい仕事なので問題ない。
及び、川辺舞台も川に突き出た円形舞台案を提案。
これにかんしても図面を引かなきゃ・・・。がんばろう。

鳥の巣箱に関しても、色々とアイデアが出る。
巣箱マップ作り、カラスと鳩の問題、亀の為の巣箱、設営方法、e-横会のロゴ&カラーを使用。
みなさん夢があっていい、やはり話し合いはいいです。

あと葦船も作って川辺で楽しみ企画もでた。。
これに関しては近江八幡の方に聞いてみよう。
みんなで作ると楽しいはず!

非常に内容のある約2時間30分の打ち合わせでした。

水都大阪2009 関連事業の打ち合わせ2に続く。

ピクニックEXPOの様子
東京ピクニッククラブのHP
柏の葉ピクニッククラブのHP


c0102492_1452027.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-04-23 23:59 | 東横堀川プロジェクト