「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:羊飼いプロジェクト( 7 )
羊を数えて眠る会LIVE @shin-bi(cocon烏丸)
来る16日(木)の大文字の日!
この最も暑くてパワースポットの日に
京都四条烏丸のcocon烏丸3Fで「羊を数えて眠る会LIVE 」が開催されます。

第4回目になる眠る会。
1回目はアバンギルド(京都)
2回目は栗東芸術文化会館さきら・小ホール
3回目は元立誠小学校大広間

そして今回は、
スペースギタープレイヤーの「YOSHITAKE EXPE」、
ガムランユニット「HANA★JOSS」、
そして得体の知れないパフォーマンスユニット「インピーズ」
を迎えてまったりとゆるやかに会が進行されます。
VJ(映像)は、先月に羊飼いプロジェクトinBALIでの映像ソースをメインに
音、空間、映像を羊クッションと共におくつろぎ下さい。

概要

羊を数えて眠る会LIVE in shin-bi
五山送り火の日に
バリの月と京都の月が出会う

時間:2007年8月16日(木)OPEN 18:30 START 19:00

場所:  京都 shin-bi 
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 COCON烏丸 3F
Phone 075-352-0844

出演:
YOSHITAKE EXPE(スペースギタープレイヤ)
http://www.nuexpe.com/
HANA☆JOSS(ガムラン)
http://hanajoss.net/
インピーズ(パフォーマンス)
松村 陽(VJ)

羊クッションと羊器でのバリのお茶でおもてなし。
バリのお土産付き。
前売り1500円/当日1800円

チケットも残りわずか
是非、お越し下さい。

追伸:
本日、我が町、八木町の花火大会です。
約7500発、毎年数万人が訪れる
京都府下最大の花火の祭典。
それが僕の家の前で打ち上がります。
本当にすごいです。
席は40席程確保しました。
お暇な方、お越し下さい。
ミクシーか携帯メールに連絡してね。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-08-14 10:34 | 羊飼いプロジェクト
バリ島から帰国!
とういことでバリ島から羊を置いて帰国致しました。
ミクシーでも記載したので貼付けます。
mixi-1138196
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いやいや
言葉ではない何かがありましたよ。
想像以上に素敵で豊かな国、バリ。

美しいだけでは語り尽くせない、
そして新しいアジアの美術のあり方も考えさせられた
約2週間の滞在制作になりました。

滞在していたのは、バリの中心に位置する森に囲まれた
芸術の村ウブド。
バリヒンドゥが生活の中にしっかりと根付き、
宗教としてではなく、日常の中に神と自然とバリニーズが
同居して、スピリチュアルな情況が生まれていました。
その中での羊放牧。
映像作家の松村陽くんと一緒に2台のバイクでバリ中を
走り回りました。
田園、寺、村、山、森、海と・・・・。
温かい人々との出会いで得た全てを記録撮影いたしました。
海辺で知り合いになりご自宅に泊めて頂いたり、
村の人々から手厚い歓迎を受けたり、
子供たちとサッカーをしたり、
オダランのお祭りにも参加したり、
子供たちとガムランの演奏をしたり・・・。
素敵な出会いに感謝です。

食事もナシゴレンから始まり、ミーゴレン、ナシチャンプル、チャプチャイ等、
そしてマンゴー&フルーツ類!!
いや〜どれもこれもおいしくておいしくて安い。
ハズレなしでした。
少し移住も考えたり・・・してしまいそうでした。

宿泊場所も最高のロケーション。
1Fがギャラリーになってて
2Fが宿泊場所、そんじょそこらのホテルより
調度品がかっこいい!バリのアンティークが至る所に・・・。
朝目覚めたら一面に壮大な森と朝日が差し込み、
鳥のさえずりで目を覚ます日々。

ちなみにウブドはバリでの有数な観光地。
古いお寺や名所も数多く、世界中から観光客が来ています。
芸術村という事で、
至る所で絵画が飾られており、数件に一件がギャラリー!
信じられないがそんな村。
バリ伝統アートからファインアートまで平面絵画の歴史が
一つに集約されている感じです。
そして日々どこかでオープニングパーティー!
そこには欧米の美術関係者、ライター、多種多様のアーティストが混在
してまさしくアジア渦潮!

こちらの展覧会の方もいい感じで出来上がり大盛況でした。
ギャラリーのオーナーshikaさんも喜んで頂けたでしょう。
ちなみに来年は僕がオーガナイザで展覧会が決まりました。
来年のプランはアジアのサブカルがメインテーマで
アジアのメディアアートとテクノ系のサブカルミュージックを
紹介したいと考えています。及び、バリ芸術大学でのワークショップや
小学校等へのアウトリーチも盛り込んで
新しいアジアンアートの可能性を探る展覧会にしたいです。
クタ海岸でアジアンレイブパーティ等もしたいですね。
いや〜本当に
これからアジア来ますよ!実感しています。
僕の人生で大きなターニングポイントを迎えたかもしれません。

今回のバリでの記録映像は、
8月4日〜26日まで
京都四条烏丸「shin-bi」で見る事が出来ます。
16日には「羊を数えて眠る会LIVE」も開催致します。
是非、お越し下さい。
http://www.shin-bi.jp/

c0102492_424279.jpgc0102492_425028.jpgc0102492_4251845.jpgc0102492_4254494.jpgc0102492_4255959.jpgc0102492_4261443.jpgc0102492_4263136.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-25 04:28 | 羊飼いプロジェクト
羊を数えて眠る会LIVE in shin-bi
バリ島の帰国展が京都・COCON烏丸3Fの「shin-bi」で行われる。
その一環として、羊を数えて眠る会LIVE in shin-biを
8月16日(木)に決定致しました。

今回もおなじみの羊クッションと羊器で飲むバリ茶のおもてなし。
&バリ島からのおみやげ付きです。

現在決定している出演者は、
yoshitake expe(スペースギター)
HANA☆JOSS(ガムラン)
シンピーズ(パフォーマンス)
松村 陽(VJ)
その他、色々と交渉中。

今回は、バリのお月様と京都のお月様との映像コラボ。
うっとりと月を眺めながら眠りについてください。
そして16日は、「五山の送り火」の日でもあるので
わくわくどきどきライブ映像も予定しています。(ネットワーク関連)
かなり実験的なパワースポット空間になると思う。

スペースギターの宇宙音とガムランの宇宙音とのコラボも見物。
あと誰も見た事のない、「インピーズ」のパフォーマンスもお楽しみに。
う〜楽しみだ。

詳細は後日。
c0102492_6553991.jpg

[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-19 06:55 | 羊飼いプロジェクト
羊飼いの10年目の軌跡
2008年に予定している「羊飼いプロジェクト10年の軌跡」の
打ち合わせを、アートコーディネータの新井さんと鴨川沿いのカフェで。

そうそう!羊飼いプロジェクトもとうとう来年で10年だ。

いろいろあったな。
色々な場所にも行った。
色々な人々にも出会った。

絵を描き、絵と共に移動する。そして出会いと別れを繰り返す。
平面にこだわり、平面の可能性を探る、長いの旅の途中。
この経験が次の10年につながるのか。

羊飼いプロジェクトは、
ドイツのデュッセルドルフがスタート地点です。
これは大阪府の芸術家交流事業「ARTEX」プログラムで派遣されて行われました。
来年は、チェコのプラハからスタートして川沿い(ドナウ、エルベ、ライン等)を
放牧地として選定し、デュッセルドルフまでのパイロットツアーを予定しています。

楽しみです。詳細は晩夏頃に・・・。
画像は、
10年前にデュッセルドルフ中心街で撮影された羊飼いプロジェクト
c0102492_20413963.jpg

[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-10 20:42 | 羊飼いプロジェクト
バリ島ウブド レジデンス~
07月にバリ島に行きます。
08月に京都で帰国展します。
09月にその流れでBIWAKOビエンナーレに参加します。

その他、
たくさんのワークショップも予定しています。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-05-20 17:37 | 羊飼いプロジェクト
滋賀県立子供医療保険センターでの放牧
サファリも終わり、
片付けの毎日&積もり積もったデザインワークのお仕事
休む暇も総括する暇もないこの3日間でした。
昨日、サファリパークプロジェクトの記録展の設営で
再びさきらへ。

その前に以前お話しいただいていた
守山市にある滋賀県立子供医療保険センターで放牧。
ここの病院は重度の障害や長期入院されている子供たちが多く
入院している医療センターです。
そこで色々とボランティアをされている方々から
サファリパークプロジェクトに連れて行きたいけど
病院から出られないので院内で何か出来ないか?
と相談されこの病院に伺う事にしました。

子供たちは毎日病院内の学校で授業を受け
また病室に戻る時間帯を想定し内緒で病院のロビー、中庭、広場を羊ワールドに変換しました。
でも少々不安だったのは羊の色もモノクロ、しかもちょい不気味な感じが彼らに伝わるか心配でドキドキしていました。
そして彼らがいつもの渡り廊下を車いすで通過すると初めはびっくりしていましたが、わ〜いわ〜いと歓声が上がり病院がお祭り広場みたいににぎやかになり一安心。

そして一匹一匹数える子や、羊の間を練り歩く子、遠目でずっと見ている子、色々な眼差しがそこにありました。
もちろん、院長先生も看護士さんも大喜び。
小さな羊探しもはじまりとてもとても
楽しい時間を過ごせました。

ある一人の女の子が次来る時は病室にも来て〜!
と言われしました。
あとで聞いた話ですが、病室からロビーに来られない
子供たちもたくさんいる事を知りました。
次回は院内全体を使って羊探しゲームでもしようかなと考えています。
もしお時間がある方はボランティアよろしくお願い致します。
[PR]
by shinta_inoue | 2006-12-03 22:59 | 羊飼いプロジェクト
「羊飼いプロジェクト」とは、
「羊飼いプロジェクト」とは、平面作家・井上信太が1998年からスタートしたアートワークです。顔のない4本足の生き物が描かれたパネルを、郊外の森や、都市のパブリックスペースといった現実空間に、作家自らゲリラ的に放牧(設置)し、その空間そのものを拡張された平面作品として制作していくものです。三次元空間とのセッションにより平面作品を模索していくのが本プロジェクトの主旨でありますが、制作するアクションが人とのコミニケーションを誘発していくことや、それらが作品にフィードバックしていく一連のプロセスが、このプロジェクトの特徴となっています。これまでに国外では、ドイツ、ベルギー、中国(内蒙古)、国内では、大阪、京都、名古屋、東京、北海道といった都市でのプロジェクトを行い、それらの成果は写真や映像などで記録しています。
c0102492_13414639.jpg

[PR]
by shinta_inoue | 2006-10-30 13:42 | 羊飼いプロジェクト