カテゴリ:山本能楽堂( 11 )
光と照明による能舞台の陰翳 work#03~
照明家の藤本さんとの出会いではじまった、~光と照明による能舞台の陰翳 ~も第三回目になりました。学生の頃にダムタイプと出会ってから約20年。藤本さんの照明を見続けてきました。

山本能楽堂でのLED照明。これはかなり実験的に照明演出をされていて、伝統芸能とメディアアートがどのように融合し、新しい能世界を作り上げるか楽しみです。

先日、この~光と照明による能舞台の陰翳 work#03~の仕込みのお手伝いにいきました。僕が作ったLEDBOXも能楽堂空間に馴染んできましたが、もっと改良の余地があります。5月にも公演があるので、それまでに考えよう。はい。

c0102492_1734134.jpg


さて、今週の3月13日(日)に 山本能楽堂で光と照明による能舞台の陰影 work #03の公演があります。演目は「鉄輪/かなわ」です。京都・貴船神社が舞台でかなり怖いお話です。

c0102492_17344821.jpg


話は変わりますが、数年前、友人と3人とこの丑の刻(うしのとき)に貴船神社に行った事があります。正門から階段を上り社前でご神木を眺めていたら、巨大な黒い何かに覆われそうになり、友達三人で走りながら階段を降りた経験があります。それ以来、夜の神社は入る事が出来ません・・。それにしてもあれはなんだったのか・・。


2011年3月13日(日) 
山本能楽堂(大阪/日本)/鉄輪(光と照明による能舞台の陰影 work #03)
入場券: 前売り 3000円 /当日 4000円
全席自由

チケット発売開始   平成23年2月10日
チケット予約はコチラ

http://www.noh-theater.com/

それと、もう一つ藤本さんの公演があります。
こちらも是非、お越し下さい。
ポスト・パフォーマンストークも必見です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイホールダンスコレクションvol.64
『true/本当のこと』
a new sound, light and dance performance
http://www.true.gr.jp/

2011年3月
18日(金) 19:30
19日(土) 16:00
20日(日) 16:00
21日(月祝) 16:00(自由席・開場は30分前)

★ 全公演終了後、ポスト・パフォーマンス・トークあり。
18日:白井剛 × 浅田彰(批評家)
19日:藤本隆行 × 石橋義正(映画監督・「キュピキュピ」主宰)
20日:真鍋大度 × 石橋素 × 名和晃平(彫刻家)
21日:川口隆夫 × 前田真二郎(映像作家・IAMAS准教授) × 砂山典子(X ダムタイプ・雑食系身体表現者)

会場:アイホール(伊丹)http://www.aihall.com/
[PR]
by shinta_inoue | 2011-03-08 23:59 | 山本能楽堂
LEDBOXの設営@山本能楽堂
10時 kinseiさんの紫野スタジオで照明の積み込み。
kinseiさんとdotsの筆谷さんと大阪へ。車中、kinnseiさんが先日まで公演していカナダのお話やアジアにおける子供とアートについてお話しする。舞台の話はいつも楽しい。

11時30分 ダプタイプの粟津さんと精華版画コースの竹原くんと合流。搬入後、みんなでおいしいお弁当を頂く。

13時 仕込み開始。
プラスチックボードと木材を天王寺のコーナンに買い出し。道に迷う。ナビがあっても迷ってしまう僕。自己嫌悪に陥る。現実逃避しそうだ・・・。

15時 ある程度仕込みが終わるが、いろいろと問題点が生じる。微調整しながらセッティング。粟津さんと筆谷さんのプロフェッショナルな動きは勉強になるなー。

c0102492_18245977.jpg


c0102492_18252388.jpg


17時 シューティング開始〜

c0102492_18254523.jpg


c0102492_1826340.jpg


21時 終了

前回よりはLEDBOXもバージョンアップしたと思います。
まだまだ改良点はあります。みなさまおつかれさまでした。

公演のお問い合わせ
山本能楽堂HP
http://www.noh-theater.com/
[PR]
by shinta_inoue | 2011-02-09 23:59 | 山本能楽堂
LEDBOXの色塗り@自宅の庭
午前中、京北スタジオで積み降ろしと積み込み&もろもろ準備をする。
昼から自宅の庭でLEDBOXの塗り作業。今回は黒マットスプレーを使用。匂いが気になる。ご近所さんすいません。

c0102492_184881.jpg


新しいMac Book Proをネットで注文。明日届く予定。設定めんどくさいなー。タイムマシーンも使いこなせていない。企画書も作り直しだ・・・。トホホ
[PR]
by shinta_inoue | 2011-02-08 23:59 | 山本能楽堂
LEDBOXの制作@草木工房
11日と13日に山本能楽堂で「源氏物語フェスティバル能」が開演されます。この13日の演目「葵上」でダムタイプの藤本さんが照明作りをしてくださいます。この照明に使われるLEDのBOX作りを頼まれ、本日、氷室の郷「草木工房」で制作しました。

c0102492_17431794.jpg


LEDを覆う12個の木枠。
c0102492_17442983.jpg

木工作業も楽しいです。いい仕事ぶりです。
c0102492_17444667.jpg


明日は、大阪の今川幼稚園でワークショプ。
[PR]
by shinta_inoue | 2011-02-06 23:59 | 山本能楽堂
LED照明のセッティング@山本能楽堂
本日16時から山本能楽堂で、2月に開催する能舞台に使用するLED照明のセッティングをしてきました。

c0102492_1115192.jpg


2F客席にkinseiさんが用意して下さったLED照明にBOXと枠組を装着。うん!かなりイメージ通りに出来ましたね。これなら視覚的にも問題なさそうです。

c0102492_1123444.jpg


c0102492_1132887.jpg


で、kinseiさんは来週からカナダで舞台のお仕事。帰国するまでに12セット作らないと・・。週末はスタジオで制作です。今舞台は、源氏物語を題材に、宗教学者の山折哲雄さんが監修して頂いています。LED照明での能舞台は13日です。

2月10日(木) 源氏物語フェスティバル能 19時開始
◆ 能「源氏供養」 シテ/杉浦 豊彦 お話/山折 哲雄

2月13日(日) 源氏物語フェスティバル能 14時開始(※LED照明)
◆ 能「葵 上」 シテ/吉井 基晴 解説/山本 章弘

詳細は、山本能楽堂のHPで

c0102492_114381.jpg



そうそう、能楽堂に到着すると、近くのカレー屋さんからおいしそうなカレーの匂いが・・・。よしえさんにおいしそうな匂いですね!と話していたら、帰り際、よしえさんから徳井町にあるカレーショップ「Dhall/ダール」のお持ち帰りセットを頂く。

お心遣いを頂き、ありがとうございます。

スパイスが効いて美味い!濃厚で本格的なマイルドカレーでしたね。ピクルスのキャベツとキュウリも絶品!!明日も食べよう・・。
[PR]
by shinta_inoue | 2011-01-04 23:59 | 山本能楽堂
~光と照明による能舞台の陰翳~ 安達原@山本能楽堂
昨日、大阪の山本能楽堂で~光と照明による能舞台の陰翳~を見に行きました。演目は、安達原(あだちがはら)。実験的に「能」と「光」がどのように空間に映るのか..、非常に興味深く拝見させて頂きました。照明は、ダムタイプで照明のディレクションをされている藤本隆行さん。ボクの尊敬している照明家の一人で、この光の企画で、能の魅力を引き出し、自然光、屋外能についてのあらたに光の定義が出来ると信じて藤本さんをご紹介させて頂きました。いやー、ボクが想像してた以上に、最高の光を能楽堂に灯して頂きました。

茶室が照明ブース。
c0102492_12132915.jpg


12時 開場
能楽ファンの方々がお気に入りの席に座り、演目のイメージを舞台に注ぎます。
c0102492_12134988.jpg


13時 ご挨拶
山本章弘さんが「能」についてわかりやすくユーモアたっぷりにお話しして頂きました。演目の「安達原」のストーリも詳しく解説して頂き、初心者の方もこれを聞くと「能」のおもしろさが充分伝わるのではないでしょうか!観客が眠たくなるポイント、「前シテの糸巻き」シーンも教えて頂きました。

13時30分 開演(ここから光について)
暗転になり、日差しが入るように徐々に明るくなる。樹々のこぼれ陽光、やさしく弱く光の軌跡がゆらめく、言葉のない光、演目の流れと光の動向が美しく交差します。鬼の面がこんなにも怖いとは思わなかった。これほど舞台に集中し、緊張感のある照明は見た事がないです。何事もなかった出来事を自然に映し出す力。本当に凄いです。本当にプロフェッショナルな仕事を目の当たりにして、言葉が出ない。

光を消して光を生かす。

c0102492_1214112.jpg



14時30分 終演 質疑応答 ご挨拶(山本章弘×藤本隆行)
2人の愉快なトーク。なっなんとお二人は同じ年齢・・。50歳最高です。知らなかった。ある白髪のご老人から照明についてお褒めのお言葉を頂く。素敵な言葉は胸にしみます。

c0102492_12241393.jpg


15時30分 舞台バラシ
kinseiさんとお話をしながらお片付け。ダンサーの今村くんもお手伝いに来て下さる。
c0102492_1225592.jpg



舞台裏で「能面」を見せて頂く。江戸時代に作られたらしいです。内側が漆塗り。
近くで見ても鬼の面は怖いです。
c0102492_12291731.jpg


c0102492_12294124.jpg


22日は諸事情で舞台を見る事が出来なかったのですが、演目は「葵上」。ここでは、LEDの効果を生かした照明セッティングをされたと聞いています。赤の上に赤をのせる。
詳しくは山本能楽堂・オフィシャルブログにて


本当に素敵な一日でした。
kinseiさんありがとうございます。次回は「水の輪」をよろしくお願い致します。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-25 12:38 | 山本能楽堂
LED照明BOXの設置@山本能楽堂
早朝、自宅前の河原で色塗り。近所のおじいちゃん達が見学に来る。LEDの説明がむずかしい。水鳥がたくさん生息している水辺は美しい。心地いい朝の作業。

c0102492_23574273.jpg


14時 自宅出発。途中、来週開催するワークショップの内容について亀岡市役所のSさんと電話で打ち合わせ。お問い合わせが結構あるらしい!うれしいなー。こちらも仕上げなければ!

15時 山本能楽堂到着。BOXを搬入。何だかいつもと違う能楽堂、kinseiさんがLEDの配線と位置決めをしていました。仕事が速いなー。今回、kinseiさんのアシスタントでダンサーの今村くんと此花s-229の古谷さんも大活躍。色々とお手伝いして下さいました。

c0102492_0131292.jpg

段ボールは、簡単に加工出来るのが魅力。
c0102492_0173024.jpg

照明台もいい感じで出来上がりました。
c0102492_0174962.jpg


それにしてもLEDライトはおもしろい。何だろう!?スゴーク可能性を感じる。場の空間、時間軸を瞬時に変換する力。能楽堂の場の力とLEDとの出会い。確実にこの舞台はおもしろくなる。ワクワク。

c0102492_017818.jpg

LED照明を隠す為に作られたBOXくん。しかし、BOXくんの存在が見え隠れする。場の力と反重力、考えながら考える。今日は眠れない...。
c0102492_0202011.jpg


kinseiさんのプロの仕事を間近で見る事が出来るシアワセ。やわらかく実直な姿勢が勉強になる。LEDのシューティングを初めて見る。なるほどなるほど・・・。ちなみに「シューティング」とは照明の位置合わせ。日本の舞台関係しか通じない業界用語。海外では「フォーカス」と言います。

kinseiさんが実際に能面を装着し、舞台で光の感覚を探る。さあ、どんな光と能舞台が生まれるのでしょう!

c0102492_054552.jpg


c0102492_0542973.jpg



21時 終了。後ろ髪を引かれながら京都へ・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~光と照明による能舞台の陰翳~について

まだ若干お席がございます。
お問い合わせは、山本能楽堂まで 06-6943-9454

詳細はコチラ
チケット予約はコチラ
最新チラシはコチラ(PDF)

c0102492_1155795.jpg



~光と照明による能舞台の陰翳~

第一回 平成22年10月22日(金)
開場:午後6時/解説:午後7時/公演:午後7時半
演目:葵上(あおいのうえ)
出演:山本 章弘、林本 大、福王 和幸  他

光源氏の正妻・葵上は、重い病気に苦しんでいる。
様々な医療や祈祷が施されたが効果がない。
そこで照日の巫女が呼ばれ梓の弓を弾くと、
その音に引かれて破れ車に乗った怨霊が姿を現す。
この正体は・・・?


第二回 平成22年10月24日(日
開場:午後12時/解説:午後1時/公演:午後1時半
演目:安達原(あだちがはら)
出演:山本 章弘、廣谷 和夫  他

「みちのくの安達原の黒塚に鬼籠もれりと言ふは誠か」という和歌で知られる奥州安達原。
土地の女は山伏の一行に宿を貸しもてなすが、薪を取りに行く留守中にくれぐれも寝屋を覗かないように何度も念を押す。しかし・・・
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-18 23:59 | 山本能楽堂
LED照明BOXの色塗り
午前中、別件の仕事で走り回る。何だか週末も平日も関係ない忙しさ。そうそう、精華大学のイラストレーションコースで「トーテムポール演習」を行った事で、大学の環境課からご連絡があり、今年の環境トピックで取り上げたいとの事。それに伴い、北山杉をメインに何か企画イベントを開催する予定!北山杉カフェなどなど・・。産官学プロジェクトが生まれる予感。うふふ。

午後から近くの氷室の郷「草木工房」でLED照明BOXの色塗りをしました。お天気がいいので乾くのが早いが、段ボールが反ってしまい焦る。しかーし、それが逆効果で照明の羽(バーンドア)のようになかなかカッコイイ形状が出来上った。今日は外側を12個塗り、明日、内側を塗ります。それにしても、段ボールを塗るのは大変だ。1基だけ試作品を作る。段ボールのふちに黒マット布テープを貼る。即席照明BOXの出来上がり。このBOXはコンパクトに収納出来るのでツアーに向いているなー。

c0102492_2116391.jpg



20cm角の照明台も作りました。オールナットも4度塗り。
c0102492_21302331.jpg



亀岡アール・ブリュットで開催するワークショップの色塗りも少ししましたが、ペンキがなくなり終了。これは21日(木)に塗る事にする。
c0102492_21332621.jpg



明日は朝から残りの作業。終了次第、大阪・山本能楽堂へ行きます。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-17 21:53 | 山本能楽堂
LED照明のBOX制作
山本能楽堂で10月22日、24日に公演を予定している「光と照明による能舞台の陰翳」のLED照明のBOX作り。これは照明家のkinseiさんからの依頼で、2F席のLED照明の蹴込みを段ボールで作る事になりました。本日、コーナンでショッピング。いい感じの段ボールを購入。その他、照明台用のパイン材の材木とニス( オールナット)等を調達。それにしてもLED照明は美しい。月曜日までに仕上げないと。(12基)

c0102492_2283857.jpg


c0102492_229158.jpg



本日の悲しい出来事。
c0102492_2304084.jpg



本日の気持ちいい瞬間。(自宅前の土手)
c0102492_2311046.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-16 23:59 | 山本能楽堂
水の輪ワークショップ@芝川ビル
心地いい雨が大阪を彩ります。古いビルの壁面に雨が染み込むと不思議な模様が浮かび上がります。新しいビルでは見る事が出来ない水模様です。やはり、大阪は雨が似合います。水都です。雨の御堂筋という歌もありましたね。

c0102492_20213310.jpg



さてさて、新作能「水の輪」の第1回目のワークショップが、御堂筋・淀屋橋駅に程近い場所にある、大阪を象徴する歴史的な建物「芝川ビル」の4Fで開催されました。今回のワークショップは、大阪の冬イベント「MID WAY」のプログラムとして、御堂筋を中心にイルミネーションやアート&エンターテイメントをフリーで見る事が出来るフェスティバルの一つとして企画運営しています。詳細はこちら

1回目のWS会場が「芝川ビル」、そして2回目のWS会場が「大阪倶楽部」、本番上演の「大阪市立中央公会堂」も近代建築ライトアップ事業の一環として会場を提供して頂いています。

c0102492_20221418.jpg



10時 芝川ビル前集合:スタッフ 古谷さん、岸田さん(21協会)、松枝さん(大阪商工会議所)琴塚さん(アートコーディネータ)、海上さん(精華大学)、村上さん(大阪芸大)、門脇さん(神戸芸工大)、横山さん(クリエーター)、山本能楽堂のスタッフのみなさま。

その後、荷物搬入、会場準備、打ち合わせ等を行い、12時頃からぞくぞくと子ども達が集まってきました。今回のWSの参加者は22名。数名子ども達が風邪でお休みしましたが、みんな元気でキラキラです。山本章弘先生も別件の仕事を済ませ合流。それにしても能楽師の方々は忙しい、いつ休んでおられるのでしょうか?

WS前に「芝川ビル見学会」があり、コーディネータの方が子ども達と一緒にレトロビルを探検しました。その後、親御さんのビル見学会もあり。

14時 さあ!第1回目のWS開始です。まずはプロデューサの古谷さんから舞台の概要を簡単に説明をする。1部は「狂言」のワークショップ。山本章弘先生に能楽のお話と「謡」と「舞」の指導して頂きました。やはり教えるのがうまいですね。子ども達もどんどんと狂言に引き込まれ、楽しいワークショップになりました。
c0102492_20543137.jpg


c0102492_391849.jpg


c0102492_20555077.jpg


2部は、天冠に装着する「水鳥」のワークショップです。今回も色々な種類の鳥を切り取りました。全27種類デザインが違う鳥で両面に白いフリースを貼り、温もりのある鳥のイメージを表現しています。で、子ども達がこの鳥たちを公平に選ぶのにどうしたらいいのか考え、駄菓子屋さんの「いちご飴」方式を採用しました。
c0102492_2126559.jpg

ヒモを引っ張ると鳥が起き上がる仕掛けです!
c0102492_21272665.jpg



次は、作り方の説明&素材の紹介です。
まず、毛糸を使ってのドローイング、そこにボタン、フェルト等でデコレーションしながらかわいい不思議な水鳥を作ります。今回は木工用ボンドで装着しました。
c0102492_241496.jpg

色々な種類の毛糸
c0102492_2495595.jpg

ボタンいろいろ1
c0102492_2502720.jpg

ボタンいろいろ2
c0102492_2504719.jpg

モコモコフェルト
c0102492_2511240.jpg

その他にも、フリース、フェルト、シールフェルト等で切ったり貼ったりしました。

c0102492_2542085.jpg


c0102492_2544947.jpg


c0102492_255814.jpg

能楽師の方々もお手伝い
c0102492_2553430.jpg


c0102492_257142.jpg


c0102492_257192.jpg


もくもくと作業に取りかかる子ども達には、何も言葉をかけずに静かに見守る事が大切です。出来上がった作品はそれぞれの物語があって、創造力の源がそこにあるのです。ということで不思議な水鳥:冬バージョンが出来上がりました。(約90分)

c0102492_3102333.jpg



次回は25日@大阪倶楽部でのワークショップ!ふしぎな衣装作りです。これも冬バージョンとしての温もりデザインを考えています。楽しみです。

c0102492_258262.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2009-12-05 23:59 | 山本能楽堂