「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:展覧会記録( 16 )
ギャラリーすずき&CICNブックの打ち合わせ
お昼からギャラリーすずき入り。何だかこの空間が愛しく苦しい。不思議な感覚です。このギャラリー論については後日記述いたします。

c0102492_1492243.jpg


c0102492_1494618.jpg



夕方、JCDNの佐東さん、写真家の牧野さん、まいづるRBの森さんと「京都国民文化祭」のアートブックについての打ち合わせを、ギャラリーお向かいのウェストンホテルのカフェでしました。途中で、美術ライターの酒井さんも合流。こちらもようやく進みそうだ。忙しくなるぞ・・。それにしてもホテルのコーヒーはお高いですね。

夜、昨日会ったキョンちゃん、そして彩ちゃんとブルガリア公演の打ち合わせ。が、何となく別のお話になり盛り上がる。若いっていいなー。わくわく@ノイナーカフェ(北山)
[PR]
by shinta_inoue | 2011-07-21 23:59 | 展覧会記録
ギャラリーすずき初日。
オープン初日。たくさんの方々がご来場。ギャラリー内で自分の作​品について話す事の新鮮さを感じる。この感覚を忘れていたなー。​舞台やプロジェクトでは感じ得ない何か!?がこの空間にある。劇​場とギャラリーとの観客の時間軸の差異もおもしろい。静かな革命​が僕の心の中にメラメラと宿る。うまく言えないが視覚と空間のバ​ランスかな? ある初老の彫刻家の方が「久しぶりにいい絵を見た​」と僕の目を見て言って帰って行った。僕もそれなりに経験を積ん​だのかな!?やはり絵を描くとぐーんと世界が広がるなー。絵画に​感謝。

c0102492_2215620.jpg


c0102492_2224881.jpg



明日、精華大学の演習。
[PR]
by shinta_inoue | 2011-07-12 23:59 | 展覧会記録
ギャラリーすずき搬入&設営
ギャラリーすずきの搬入&設営終了です。新視角のメンバーやタケ​ちゃんが設営のお手伝いに来てくださり素敵な空間に仕上がりまし​た。上海でのプロジェクト映像も見る事が出来ます。本当にみんな​に感謝。ありがとうー!今回、一緒に展示する宮本くんの作品もかなりええ感じに仕上がっ​ています。くるくるくるくる!素敵です。

帰り際、コーディネータの中西美穂さんが「しんたくん、ええ感じ​やん」と言ってくださいました。何だか素直にうれしい!へへ
さあ!12日からはじまりますよー。是非、お越し下さいませ。 

c0102492_3342958.jpg


c0102492_337361.jpg


c0102492_3372986.jpg


c0102492_337477.jpg


c0102492_3381526.jpg

荒木瑞穂さんから素敵な書画が届く。感謝。
c0102492_3392852.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2011-07-12 03:47 | 展覧会記録
イメージの新様態XX(No.20)  「わかちあえるのか?あるいは“旅的”なこと」
c0102492_241487.jpg



久しぶりの京都での展覧会。絵を描いています。
是非、お越し下さいませ。

画廊企画
イメージの新様態XX(No.20) 
「わかちあえるのか?あるいは“旅的”なこと」

何か強い思いを、美術を通して分かち合えることができるのだろうか?
強い思いは一方では、単なるイメージとして消費されてしまうだけではないだろうか?
本展では、羊のモノクロ平面や カラフルなパーツを用い観客や多様なジャンルの表現者と関わりながら空間づくりを楽しむ井上信太と、まるでストーカーのように特定の一人や土地にこだわ り、そこで見つけたどうでもよさそうなモノに執着する宮本博史の、二人の美術家の作品を展示します。
彼らが作品として提示するイメージは、見るものに楽観的にあるいは悲観的に「分かち合えるのだろうか?」という思いを抱かせると同時に、私にはなにか“旅的”なことにように思えます。(中西美穂)

期間:2011年7月12日(火)〜7月24日(日)(休み7月18日(月))
   12:00~19:00(最終日は17:00まで)
   ※クロージングトーク7月24日(日)午後15時から

会場:ギャラリーすずき(京都市東山区三条通けあげ)


アーティスト:井上信太(平面)、宮本博史(インスタレーション)

キュレーター:中西美穂(アートマネージャー、中之島4117企画委員)

※入場は無料です。
※井上は新作ドローイングと上海でのアートプロジェクトドキュメント映像を、宮本は様々な「物」や、いくつかの映像による新作インスタレーションを展示する予定です。
※「イメージの新様態」とは1990年よりほぼ毎年一回、「ギャラリーすずき」が女性キュレーター一名を指名し企画する美術展です。
[PR]
by shinta_inoue | 2011-07-11 23:59 | 展覧会記録
直前
本日、搬入準備と資料作り。
何だか展覧会前はそわそわする。というか、逃げ出したくなる気分。これは舞台直前、袖で出番を待っている時の感覚に良く似ている。20年前、ヨーロッパの劇場を駆け巡ってていたあの頃、舞台袖で何度も吐きそうになり、胃液が逆流していたなー。舞台に出ると全てが変わるんだけど、あの瞬間は今でも苦手。あー全てが消えてなくなりたい・・。そんな夜・・・・。

c0102492_1572183.jpg


休憩 in バリ島2006
[PR]
by shinta_inoue | 2011-07-09 23:59 | 展覧会記録
ミーティング&設営@かわらミュージアム
6月25日(木)
気持ちいい朝。近江八幡市立かわらミュージアムへ。それにしても気持ちいい朝。

11時に到着。写真家の辻村さんと出来上がったかわら額について打ち合わせ。12時 各出展作家と全体ミーティング。チラシが出来上がったので配布する。
c0102492_14504447.jpg


それにしてもディレクションの仕事はむずかしい。各作家の希望を考慮し、全体的に空間を1つにまとめる事は容易ではない。今までボク自身は作家として空間に向き合って来たが、今回は勝手が違う・・。作家が気持ちよく空間に向き合える様にどうのようにしたらいいのか!?本当にむずかしい。コーディネータの方々の苦労が心からわかるような気がする。
c0102492_14514771.jpg


各作家の希望を聞きつつ、全体の空間構成を指示する。本日から7月2日までの公開設営になります。会期は7月3日〜8月29日まで進化する展覧会を計画しています。かわらの額が出来上がりました。
c0102492_14511895.jpg


夕方、出展作家の出川くんの新居を覗く。
c0102492_14521190.jpg


c0102492_14522563.jpg


スローライフです。ある意味セレブ感がある。うらやましい・・。昨日の食材は琵琶鱒らしい。実にうらやましい。

今から羊と一緒に三重県へ向かいます。収穫祭の打ち合わせです。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-06-26 15:00 | 展覧会記録
羊飼い物語[新宿2009]〜15日まで!@新宿歌舞伎町
再度告知します。
何やら「羊飼い物語」が評判らしいです。うれしい・・。(※ある一部で)

2日から新宿歌舞伎町シネシティー広場で開催している「トレジャー・シティ -新宿の過去・現在・未来を記述する-」の出品作:羊飼い物語 [新宿2009]が15日まで上映されています。是非、関東の方面の方々、関東に行かれる方は、新宿へお越し下さい。(※無料)

c0102492_0562671.jpg


c0102492_13445.jpg


トレジャー・シティ -新宿の過去・現在・未来を記述する-
詳細はこちら
[PR]
by shinta_inoue | 2009-12-10 23:59 | 展覧会記録
めくるめく紙芝居「ザ・マイクマン~おんがくの のろいは ほんとうに おもしろい~」本番
11月1日(日)
京都市山科青少年活動センターに12時に到着。
グラウンドでは葦笛のミニコンサートや模擬店などがありたくさんの市民が参加している。何ともまったりとした山青まつり。でも、こんなゆるい感じが好きなのだ。

あいにくの雨、昼からコンサート会場は、活動センターのスポーツ室に移動。音響のヨッシーが大活躍。メセナ企業の関係者がここまで働いてくれると気持ちいい。ここにメックのよさがあるのだと実感。

さてさて、舞台である。林加奈がマイクを持たない!!いや無理でしょう。でも見てみたい、こんな舞台である。
いやー怖くて、実験的な舞台でした。内容はともかく、この紙芝居でしか味合えない不思議な空間が生まれましたね。宴者が全て感じている部分だと思う。終了後、めずらしくダメ出し大会があり、みんなの意見が飛び交う場になった。

あのドアから抜け出し、舞台にはいつも誰かが演じている、今までにない方法論。ここがポイントかな。今までドアの後ろで演奏していた太陽クラブのみんなが、舞台の表に出るタイミングがあのドアなのかな?!ということはドアマンは重要な役目なのか・・・。

紙芝居と舞台との関係も少し見えて来た感じ。音、ダンス、美術。良い流れになってきた。うふ

来春、再演しましょう。あとアーティストミーティングもしましょう。

みなさまお疲れです。

メンバーブログです。
小暮宣雄さんのブログ こちら
井手上春香さんのブログ こちら
ハナジョスさんのブログ こちら
[PR]
by shinta_inoue | 2009-11-03 23:50 | 展覧会記録
しがアートフェスティバル2009
本日、滋賀会館の地下で羊を吊って来ました。
変な空間です。元は魚屋さんでした。

c0102492_1543333.jpg


c0102492_1583383.jpg



えー告知遅れましたが、
本日9日〜12日まで、
しがアートフェスティバル2009が滋賀会館であります。

是非、お越し下さい。
期間中、大津祭もありますよー
http://www.otsu-matsuri.jp/

詳細;
しがアートフェスティバル2009
びわ湖・ひと.まち・アート

2009年10月9日〜12日 11時〜18時
滋賀会館
http://www.shiga-kaikan.jp/
*参加アーティスト
伊波晋・井上信太・大村大吾・小板橋慶子・杉原秀樹
edgeB「僕とボクの旅」10日に公演
滋賀会館の放課後(寄り合いアートプロジェクト「鳩フン前」)
茶水(おいしい食べ物と飲み物でおもてなし)

c0102492_21917.jpg


c0102492_214760.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2009-10-09 02:03 | 展覧会記録
堂島リバービエンナーレ2009@堂島リバーフォーラム
8月8日(土)アートによる能案内『舎利』のワークショップ後、
北浜で水都スタッフの琴塚さんと待ち合わせ、
堂島リバーフォーラムで「堂島リバービエンナーレ2009」のオープニングに行きました。
『リフレクション:アートに見る世界の今(Reflection : The World Through Art)』〜9月6日まで
c0102492_11541047.jpg



目的は、何と言ってもこれです。
松蔭浩之+有馬純寿パフォーマンス「ECHO」
ガラス瓶を1000本タタキワルパフォーマンス。
you tube で見る事が出来ます。

衝撃でした。松蔭さんのあの頃から現在までの葛藤が映し出されているようでした。
これは、ダンサーでも俳優でもなく、美術家にしか出来ないパフォーマンスだと思う。
手の動き、歩き方、瓶を探す目、本当に深いです。でも感じるんです。何かわかるんです。
有馬さんは、真面目で変でおかしい音をグイングイン出せますね。
さりげない演出をすごく計算している。即興性に聞こえて、楽譜がある感じかな!?
いやいや偉大な音楽家です。恐るべし「昭和40年会」
c0102492_11551233.jpg


c0102492_11554635.jpg



今回は、有馬さんにご招待して頂きました。
ありがとうございます。
c0102492_11562346.jpg



パフォ終了後、有馬さんと色々とお話しする。
そうそう、10月に水都企画で音楽家の小島 剛さんと有馬さん、そして井上信太が
100人の音楽家を集めて「BIG BIG BAND」を開催します。
ボクがゲストコンダクター!?大丈夫なのか...、美術家がコンダクター、、、。
数回ワークショップを実地して行う大音楽会です。ご期待ください。

その後、松蔭さんにもお会いする。かっこいい人です。
平野治朗さんとコンプレッソ・プラスティコのというユニットで、
ヴェネツィア・ビエンナーレ’90 アペルト部門にセンセーショナルに出展した記憶が蘇って来ます。
学生の頃、何度も美術手帳を熟読していましたね。もう20年も立ちましたか・・・。
凄く会いたかった人なので、少し緊張。ドキッ!

その後、久しぶりに石神森さんと出会う。
以前、東京・立川市の国営昭和記念公園で開催した「GREEN TIMES」で
ロジャー・マクドナルドさんと寺田真理子さんと一緒にコーディネ−として頂きました。
あの頃は、ナンジョウ・アンド・アソシエイツに所属していました。

現在は、三菱一号館美術館の広報プロモーションで活躍されています。
同僚の酒井英恵さんとは初対面。気さくな方で琴塚さんとGRAFネタで盛り上がっていました。
石神さんと酒井さんを合わせて「森 英恵」コンビですね!
そこに、南條史夫さんも合流。来年の千葉県成田市のプロジェクトについて少しお話しする。
来年が楽しみ!

ということで現代美術の世界でした。
c0102492_11573632.jpg



さて、帰り際、外でボーン、ボーンと音が鳴っているので外に出ると、
淀川の花火大会が開催されていました。
見に行くと交差点が観客席になっていて、無法地帯。大阪らしい・・。
c0102492_11582054.jpg


c0102492_11584532.jpg


先日、京北スタジオの帰りに保津川花火大会に出くわす。
今回も淀川花火大会に出くわす。連日花火三昧。

ということで、8月14日(金)20:00~
恒例の八木町花火大会が開催されます。
超VIP席30人分をご用意しています。
対岸の花火師が見え、ナイアガラの真ん前です。
見たい方はボクに連絡してね。
[PR]
by shinta_inoue | 2009-08-10 11:50 | 展覧会記録