<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
生きものバンザイ@NO-MA
サファリパークプロジェクトのボランティアスタッフの方からの依頼で、
近江八幡市にある、「ボーダレスアートミュージアムNO-MA」での企画展
のお誘いがあった。
ここのギャラリーは、アートと福祉をリンクする、日本でも珍しいアウトサイダーアート
を常設がされているミュージアムです。
HP: http://www.no-ma.jp/

今回は、N0-MA全館を使用して行われる、
夏休み企画「生きものバンザイ」を開催する事になりました。
8人の作家が様々な手法で生き物を題材に作品を出展致します。

開催日時
2007年8月3日(金)〜9月24日(日) 10:00〜17:00
※月曜休館(9月17日は開館、翌18日は閉館

出展作家
1、あべ弘士(絵本作家、元北海道・旭川動物園飼育員)
2、愛川正嵩(ワークセンターバンバン)
3、山際正巳(やまなみ工房)
4、赤松キミコ(造形作家)
5、井上信太(平面作家)
6、大江正章(信楽青年寮)
7、浅尾政行(滋賀県立近江学園)
8、阿部義正(岩手県・ルンビニー苑)

関連イベント、ワークショップもあるみたいです。
是非、お越し下さい。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-28 15:48 | 放牧情報
精華演習「驚き版」with HANA★JOSS
「フェナキスチスコープ」の演習。

フェナキスチスコープとは日本で言えば「驚き版」。
簡単に言えばフィルムの使わないアニメーションです。
少しずつ動きを変えた絵を平面の円に均等に並べて、
2mmぐらいの隙間を覗くと動画が見える仕組みです。
ある一種の残像効果を利用した装置です。

今回は、大学のラボでそれらの驚き版を
リアルタイムにみえるライブを行いました。
通常はレコードをまわすターンテーブルで驚き板を回し、
ターンテーブル上でまわる驚き板の映像の変化をビデオカメラで撮影し
その映像信号をMAX/MSP/Jitterで処理する方法を
大学の助教授である平野砂峰旅さんがプログラミングされました。

これらの映像素材を映像作家の松村陽くんが新しくVJ形式で
ライブ映像を2つのプロジェクターで壁面にシンメトリーに映写しました。
これがなかなかおもしろい。
通常の驚き版は、鏡に映して個人が鑑賞しますが、
このターンテーブルを使うと皆で鑑賞出来、合評もしやすい。

そして今回のゲストアーティストは、インドネシアのガムランユニット
「HANA★JOSS」のお二人に来て頂いた。(アルムちゃんも)
彼らとは昨年の「影絵」の演習でもワヤンで参加して頂いたり、
外部の仕事でも何度かご一緒にさせて頂いた関係で
快くライブに参加して頂く運びになりました。

いやいや、驚き版とガムランあいますね。
HANA★JOSSの演奏も驚き版の素材が変わるたびに
曲調を変えて下さってどんどん盛り上がる。
途中で学生の2人が不思議なダンスのインプロ。
このダンスがガムランと合う。
そして他の学生も太鼓や口琴等の楽器で空間を囃し立てる。

実は、4月にも同じ「驚き版」の演習を行ったのですが、
その時は、音楽家の林加奈さんがゲストアーティストで来られて
凄く盛り上がり、演習終了時刻を2時間もオーバして終了しました。

しかし、今回も4月の演習と同じくらいに盛り上がり
非常に満足して終了いたしました。(個人的に)
あっライブ終了後、ガムラン楽器の横で
HANA★JOSSのお子さんアルムちゃん(一才)が
大の字で気持ちよく寝てたのが印象的でした。
恐るべしガムランですね。

最後の後片付けを全員で行い演習ライブ終了。
その後、京都芸術センターの前田珈琲にて
近江八幡市の夏休み小学校ワークショップの打ち合わせ。
この企画もお楽しみに。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-20 23:17 | ワークショップ
羊を数えて眠る会LIVE in shin-bi
バリ島の帰国展が京都・COCON烏丸3Fの「shin-bi」で行われる。
その一環として、羊を数えて眠る会LIVE in shin-biを
8月16日(木)に決定致しました。

今回もおなじみの羊クッションと羊器で飲むバリ茶のおもてなし。
&バリ島からのおみやげ付きです。

現在決定している出演者は、
yoshitake expe(スペースギター)
HANA☆JOSS(ガムラン)
シンピーズ(パフォーマンス)
松村 陽(VJ)
その他、色々と交渉中。

今回は、バリのお月様と京都のお月様との映像コラボ。
うっとりと月を眺めながら眠りについてください。
そして16日は、「五山の送り火」の日でもあるので
わくわくどきどきライブ映像も予定しています。(ネットワーク関連)
かなり実験的なパワースポット空間になると思う。

スペースギターの宇宙音とガムランの宇宙音とのコラボも見物。
あと誰も見た事のない、「インピーズ」のパフォーマンスもお楽しみに。
う〜楽しみだ。

詳細は後日。
c0102492_6553991.jpg

[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-19 06:55 | 羊飼いプロジェクト
そわか
先日送られて来た、「ギャラリーそわか記録集」。
一通り目を通した。
思いが募って少し泣けて来た。

あの頃の自分の思い。
あの頃に出会った作家たち。
お世話になった方々、
そして今、ここにいる自分。
全てあの出会いから始まった「果てしない旅」。

あっという間のプロローグだった。
さあ本編のはじまりはじまり。
もの作りの面白さ、辛さ、恐さを感じる日々。
ひとつひとつ丁寧にもの作りしながら
のらりくらりとやって行きますよ!
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-17 10:30
打ち合わせ日和2
バリー京都アートプロジェクトの版下打ち合わせの為に、
京都駅周辺のファミレスで池上さん、犬飼さんと会う。
マックの電源補充の為に、打ち合わせ場所を精華大学へ。
いい感じでまとまりつつある。
しかし、インドネシア語はむずかしい。

夜、別件で打ち合わせ。
パワースポットについて語り合う。
時間があれば東北辺りの磁場が強いところに旅に行きたい。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-16 09:49 | 制作日記
打ち合わせ日和
朝からパスポート申請(再発行)。
地元にも旅券センターがある事をあとから知る。
お昼、キューレターの酒井千穂さんと会う。
アートカレッジ神戸のデータを渡す。

精華大学へ。
今回は驚き版の演習。
いい感じで学生たちが作品を仕上げる。
来週は、この作品を使って「ラボ」で映像と驚き版の
ライブをする予定。
誰か音楽家を呼ばないと・・・。
ガムランもいいな〜。

夕方、琵琶湖ビエンナーレの学校プロジェクトの
打ち合わせ。
立命館の柴田さん、京芸の岸君と事前の打ち合わせ。
少々ダメだしをする。

18:30 学外食堂「レアター」で総勢15名の学校プロジェクトの
ミーティングがはじまる。
出席者は、立命館大学生三回生の2人、
京都芸大三回生1人、精華大学三回生3人、成安造形三、四回生6人、
そしてエナジーフィールド事務局の出口さん、
近江八幡市の文化振興課の奥村さんと西村さん。
ここでいい出会いがあった。(次回記載する)

22:00から
ホスピタルサーカスの主要メンバーだけの打ち合わせ。
五条の和食のさとにて
参加、代表:坂井くん、制作:福原さん、映像:松村くん
いい感じのミーティング。
坂井君の思いを皆で共有する。
30日に向けて病院と調整しなければ。
次回は22日。

帰り平野神社周辺で休憩&仮眠。
その後、うとうと運転で帰るが
途中、亀岡周辺のコンビニで朝まで仮眠。
久しぶりの朝帰り。(眠)

ギャラリーそわかから
1992~2006の記録集が届く。
いい編集だ。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-14 09:15 | 制作日記
漁船と琵琶湖周航
9月に滋賀県・近江八幡市で開催される「BIWAKOビエンナーレ2007」の企画書が
ようやく完成した。
今回は、琵琶湖を一周するプロジェクト。
湖岸に羊を放牧しながら、漁船に乗り、湖から撮影する方法論を考えた。

本日、地元の漁師さん浦谷さんの協力を得ることが出来た。
とても好意的で、漁船でもレジャーボートでも何なりと貸して下さるそうだ。
本当にありがたい。

彼は、滋賀県で食のイベント「滋賀いいもん市」の代表でもあり、
地元守山市で滋賀名物「鮒寿司」を製造加工されています。
彼とは昨年行われた「サファリパークプロジェクト」のボランティアとしても
参加して頂いた関係で親しくさせて頂いています。

これで準備も着々進んできた。
バリ島帰国後、すぐ琵琶湖でのプロジェクト。
いい流れで制作出来そうだ。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-11 22:22 | 放牧情報
羊飼いの10年目の軌跡
2008年に予定している「羊飼いプロジェクト10年の軌跡」の
打ち合わせを、アートコーディネータの新井さんと鴨川沿いのカフェで。

そうそう!羊飼いプロジェクトもとうとう来年で10年だ。

いろいろあったな。
色々な場所にも行った。
色々な人々にも出会った。

絵を描き、絵と共に移動する。そして出会いと別れを繰り返す。
平面にこだわり、平面の可能性を探る、長いの旅の途中。
この経験が次の10年につながるのか。

羊飼いプロジェクトは、
ドイツのデュッセルドルフがスタート地点です。
これは大阪府の芸術家交流事業「ARTEX」プログラムで派遣されて行われました。
来年は、チェコのプラハからスタートして川沿い(ドナウ、エルベ、ライン等)を
放牧地として選定し、デュッセルドルフまでのパイロットツアーを予定しています。

楽しみです。詳細は晩夏頃に・・・。
画像は、
10年前にデュッセルドルフ中心街で撮影された羊飼いプロジェクト
c0102492_20413963.jpg

[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-10 20:42 | 羊飼いプロジェクト
羊飼いのメモ
本日、パスポート申請の為に京都駅にある旅券センターに行く。
色々と手違いがあり申請ならず。無駄足だった。

その後、北山の鴨川沿いにある「ノイナーカフェ」で企画書作り。
ココアとコーヒの融合「ココヒー」を飲む。(マシュマロ付き)
ここは僕のお気に入りのカフェ。
たくさん絵を描く。

その後、12月に公演が行われるコンテンポラリーダンスの空間「アトリエ劇研」の舞台見学。
舞台図面入手。5m近いタッパがある。改装中なので舞台に事務所が・・・。

夜、ホスピタルサーカスの主要メンバー(代表:坂井くん、制作:福原さん)と
北大路にある「アロアロ」で打ち合わせ。安くてうまい。これから利用しよう。
※一次審査通過の報告&ワークショップの内容について
映像の松村君はメトロでYOSHITAKEさんのライブ。行きたかった・・・・。

その後、モノクロームサーカスの公成くんとゆうこさんと
いつものお好み焼き屋さんで舞台の打ち合わせ。
色々とカミングアウトしてしまった。
あと芸術とお金についても討論する。

以上、
明日は、羊飼いヨーロッパツアーで制作している新井さんと打ち合わせ。
画像はココヒー。ご賞味あれ。

c0102492_2435679.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-09 02:37 | 制作日記
仮)さきら2008プロジェクト
2006年に行われた
「サファリパークプロジェクトin 栗東」@栗東芸術文化会館。
第二弾がそろそろ始動します。
現在、たたき台作り。
今回は、劇場での「見る」、「見られる」をコンセプトに
次々と不思議な生き物(キャスト)が登場します。
今までない新しい劇場舞台のあり方を提案致します。
観客と空間、そして観客が疑似体験中に浮遊する平面絵本&紙芝居。
うんうん!!!かなりおもしろくなってきました。(妄想)
これ以上は秘密。
おっ楽しみに!
[PR]
by shinta_inoue | 2007-06-05 01:54 | 制作日記