<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ホスピタルサーカス第三次結果発表!!
というわけで、
ようやくホスピタルサーカスの事業に対しての助成金が降りる事になりました。
この企画は、明治安田生命保険相互会社とエイブル・アート・ジャパンが共同で、
障害のある人が参加する舞台表現活動を支援するプラグラムになっています。

結果が来るまで長かったですね。
第一次、第二次、そして最終選考の第三次まで・・・・。
たくさん議論をスタッフとしましたよ。
企画書も幾度も練り直し、
あらゆる想定を考え、そしていかにおもしろい舞台を作るか?
誰も見た事のない舞台を作る!!!
この「信念」でこのホスピタルサーカスはスタートします。

今回の事業は、滋賀県守山市にある滋賀県立小児医療保険センターで行われます。
ここのセンターは、北は北海道から南は九州、そして海外からも
重度の障害を持った子供たちが約70名程入院して、
毎日約200名程の子供たちも通院している大型医療センターです。

昨年の12月、この施設で地元のボランティアさんの依頼で
羊飼いプロジェクトを行った縁もあり、
病院関係者の方々がこの事業に関して快く承諾して頂きました。

今年の9月から来年の3月まで
月2回のペースで子供たちと一緒にモノ(舞台美術)や物語を作りの
ワークショップを開催致します。

ご期待下さい。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-26 02:20 | 制作日記
バリ島から帰国!
とういことでバリ島から羊を置いて帰国致しました。
ミクシーでも記載したので貼付けます。
mixi-1138196
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いやいや
言葉ではない何かがありましたよ。
想像以上に素敵で豊かな国、バリ。

美しいだけでは語り尽くせない、
そして新しいアジアの美術のあり方も考えさせられた
約2週間の滞在制作になりました。

滞在していたのは、バリの中心に位置する森に囲まれた
芸術の村ウブド。
バリヒンドゥが生活の中にしっかりと根付き、
宗教としてではなく、日常の中に神と自然とバリニーズが
同居して、スピリチュアルな情況が生まれていました。
その中での羊放牧。
映像作家の松村陽くんと一緒に2台のバイクでバリ中を
走り回りました。
田園、寺、村、山、森、海と・・・・。
温かい人々との出会いで得た全てを記録撮影いたしました。
海辺で知り合いになりご自宅に泊めて頂いたり、
村の人々から手厚い歓迎を受けたり、
子供たちとサッカーをしたり、
オダランのお祭りにも参加したり、
子供たちとガムランの演奏をしたり・・・。
素敵な出会いに感謝です。

食事もナシゴレンから始まり、ミーゴレン、ナシチャンプル、チャプチャイ等、
そしてマンゴー&フルーツ類!!
いや〜どれもこれもおいしくておいしくて安い。
ハズレなしでした。
少し移住も考えたり・・・してしまいそうでした。

宿泊場所も最高のロケーション。
1Fがギャラリーになってて
2Fが宿泊場所、そんじょそこらのホテルより
調度品がかっこいい!バリのアンティークが至る所に・・・。
朝目覚めたら一面に壮大な森と朝日が差し込み、
鳥のさえずりで目を覚ます日々。

ちなみにウブドはバリでの有数な観光地。
古いお寺や名所も数多く、世界中から観光客が来ています。
芸術村という事で、
至る所で絵画が飾られており、数件に一件がギャラリー!
信じられないがそんな村。
バリ伝統アートからファインアートまで平面絵画の歴史が
一つに集約されている感じです。
そして日々どこかでオープニングパーティー!
そこには欧米の美術関係者、ライター、多種多様のアーティストが混在
してまさしくアジア渦潮!

こちらの展覧会の方もいい感じで出来上がり大盛況でした。
ギャラリーのオーナーshikaさんも喜んで頂けたでしょう。
ちなみに来年は僕がオーガナイザで展覧会が決まりました。
来年のプランはアジアのサブカルがメインテーマで
アジアのメディアアートとテクノ系のサブカルミュージックを
紹介したいと考えています。及び、バリ芸術大学でのワークショップや
小学校等へのアウトリーチも盛り込んで
新しいアジアンアートの可能性を探る展覧会にしたいです。
クタ海岸でアジアンレイブパーティ等もしたいですね。
いや〜本当に
これからアジア来ますよ!実感しています。
僕の人生で大きなターニングポイントを迎えたかもしれません。

今回のバリでの記録映像は、
8月4日〜26日まで
京都四条烏丸「shin-bi」で見る事が出来ます。
16日には「羊を数えて眠る会LIVE」も開催致します。
是非、お越し下さい。
http://www.shin-bi.jp/

c0102492_424279.jpgc0102492_425028.jpgc0102492_4251845.jpgc0102492_4254494.jpgc0102492_4255959.jpgc0102492_4261443.jpgc0102492_4263136.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-25 04:28 | 羊飼いプロジェクト
バリ島へ
羊50頭を引き連れて
今から出発します。

いい人に出会い、いい風景と出会う、
新しい何かが生まれる予感・・・。

では行ってきます。
c0102492_3395442.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-11 03:39 | 放牧情報
バリ出発までカウントダウン
さあ、出発だ!
バリ島だ!
ウブドだ!

でも全然準備が出来ていないし・・・・。
荷造りさえしていない・・・。
色々とメールを送らないといけないし・・・。
ホスピタルサーカスの企画書も確認しないといけないし・・・・。
帰国後の二つの展覧会のセッティング準備もしないといけないし・・・・。
その他のプロジェクトの企画書も作成しないといけないし・・・・。
大丈夫なのか!俺・・・。
忙しいのわかる。
ちょっと整理しようぜ!

という事で、
あせりながらも準備は進めています。
本日、変圧器購入(220V~)
明後日出発です。

以上。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-10 00:40 | 放牧情報
精華演習「仮面」@京都市内
さてさて、今年も恒例の仮面演習を行いました。
今回のテーマは、学生たちと話し合い、「宇宙人」に決定!
各自、ドローイングからイメージを膨らまし、物語を作り上げる。
そして素材選び。
続々とと変な宇宙人が出来上がる。
頭が便器な宇宙人、ネズミ男風キモカワイイ宇宙人、キツネの嫁入り後宇宙人等、

前期も別のクラスで同じ演習をしました。
その時は、仮面+音の鳴るグラフィック楽器を制作し、
精華大学の円形舞台で音のワークショップをしました。
この時も音楽家の坂井くんが飛び入り参加して下さり、
舞台上で変なダンスあり、ちょいハプニングありの大盛り上がり!!

今回は、前回と同じ事をしたくないので、
京都市内でパフォーマンスを行う事にしました。
まず大学のスクールバスにのり、地下鉄国際会議場まで。
そこから地下鉄に乗って一路「四条」へ。

今回の決め事で、「変な動きはしない」、列車内では普通の行動をする事で
不思議空間を演出しようと考えました。
なので、座ったり、友達の宇宙人と話したり、携帯メールを打ってみたり、
古語書を読んでみたり、と思い思いのスタイルで「普通」を演じました。

そして地下鉄に変な宇宙人がバラバラに乗り込む、
う〜ん変な光景だ!
今回のスペシャルゲストは、下校時間と重なった「小学生」。
さあ!大変、宇宙人を見つけるや否や、宇宙人に歩み寄って絡んでくる!
「わあ!!お化け列車や!」
他の乗客も興味津々、
話しかけたり、携帯の写メールを撮ったり、どんどん絡まれる。
宇宙人(学生)たちは、それぞれの世界観作りに対応する。
久しぶりにいいパフォーマンスを見た感じ。

今回、映像の西先生のクラスの学生たちもビデオカメラを持って参加して下さいました。
約5〜6台のカメラで撮影、あらゆるシュチュエーションンを想定して、多角的に撮影
して下さいました。彼らもいい演習になったことでしょう!

地下鉄「四条駅」を下車、
改札口でも色々な人とのコミニケーション。
いい感じです。
若い女子学生と宇宙人との記念撮影なんかいい絵でした。

そして目的地、「cocon烏丸@shin-bi」で最終パフォーマンス。
デレクターの田村さん、山崎さんに感謝です。

パフォーマンス終了後、
現地解散だったので
宇宙人たちは四条の街中に消えて行きました。
スターバックスに行った学生もいるらしい・・・。
責任を持って行動するようにとは伝えたけど!

という演習でした。




c0102492_1315783.jpg
c0102492_132185.jpg
c0102492_132411.jpg
c0102492_1331712.jpg
c0102492_1335995.jpg
c0102492_134256.jpg
c0102492_1345245.jpg
c0102492_1352659.jpg
c0102492_1354419.jpg

[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-05 13:09 | ワークショップ
ボランティアコミュニティ会議@さきら
滋賀県の栗東芸術文化会館さきらで
「ボランティアコミュニティ」のミーティングがありました。
このコミュニティは、さきらの運営を4つのカテゴリーに分け、さきらの事業をいろいろな
形でサポートする人たちの集まりです。
4つのカテゴリーとは、「つくる」、「つなぐ」、「しらせる」、「きろくする」。

今回は、近々にせまった「さきらタウンふれあい夏祭り2007」の
「おばけ屋敷をつくろう!」についての話し合いが行われた。
このさきらのお化け屋敷は、むちゃくちゃ恐い、筋金入りです。
昨年の映像を見せて頂きましたが、元白虎社の今貂子さんが率いる
「倚羅座」の舞踏家が、小ホールで踊る?というか怖がらすというか、
子供たちは泣き叫び、ある一種のトラウマになるんじゃないかと心配するぐらいです。

それで、今年なんですが・・・・。
なんと、あの有名な京都の比叡山のお化け屋敷のセット一式を頂くらしい!
恐い、本当大丈夫か!
現在は、ガーデニングミュージアムとしてお化け屋敷は閉鎖しているらしいので、
セット一式ホコリをかぶっているみたいです。

毎夏シーズンにかかせない京都の風物詩「比叡山のお化け屋敷」。
超パワースポットであるあの「比叡山のお化け屋敷」。
幼少の頃から通い詰めていた「比叡山のお化け屋敷」。
そして聞くところによると日本一恐い「比叡山のお化け屋敷」。
トラウマになる子供たちが続出のあの「比叡山のお化け屋敷」。
いちよう神主さんにお祓いと塩もりはするらしいいが・・・。

ということで、このお化け屋敷のセットを作る、お化けに変装する、
驚かし方を考える等のボランティアスタッフを募集していま〜す。
今年のさきらのお化け屋敷は歴史に残る。(確信)

コミュニティアートプロジェクト 「さきらタウンふれあい夏祭り2007」
2007年7月29日(日) 10:00~16:00
http://www.sakira-ritto.net/top.php3
お化け屋敷以外に、ふれあい屋台村、ふれあいフリーマッケット、スタンプラリー、
パフォーマンスステージ、作って、鳴らして大合奏、狂言なんてこわくない
光の不思議、レインボースコープ」、カブトムシ市、盆踊り等、盛りだくさんです。
僕も当日はお客さんで行きま〜す。

ミーティング終了後、
何人かのメンバーで琵琶湖の湖畔にて「夜のピクニック」を行う。
ある学生の恋愛論で盛り上がる。
その後、さきらの山本さんも合流して
とある某駐車場の屋上で「お月見大会」を行う。
きれいな満月の下で口琴、ハーモニカ、鍵ハモ、アコーディオンもどき等の楽器で演奏会。
気持ちいい空間とおいしいお月見団子、みんなでコミュニティアートについて語り合う。
その後、数名の学生と比叡山経由で京都に帰る。
ちょっと怖話で盛り上がる。

彼らと別れてホスピタルサーカス代表の坂井君と合流。
本日、東京で第二次面接があり、その報告を聞く。
予想通り、色々と突っ込まれたらしい・・・。
このプロジェクト自体の面白さが審査する方々に伝わったのかどうか・・・。
でも、坂井君の心が乱れてない事にひとまず安心。
この事については結果が出てから書きます。
坂井君と別れ、一路八木町へ。
眠気と闘いながら朝方到着。

メモ:
今回のコミュニティの参加者は、さきらの八木館長、
さきらスタッフ西川さん、山本さん、松崎さん、原さん、西原さん、
そして滋賀在住・アーティストの杉原くん、高校教員の宮崎さん、
精華大学の琴塚さん、わかささん、岡本君、
栗東市民の高田さん、西川さん親子、片木さん親子、小須田さん、
井上さん、中村さん、その他に新しいボランティア希望者の草津在住のみよしさん、
あとお名前は忘れたが運営協議会の方々、あいあい滋賀の記者の方等、
総勢25〜6名。

[PR]
by shinta_inoue | 2007-07-01 17:36