「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
尾引浩志/倍音S@yugue
京都・下鴨にあるCafe yugueにて
「尾引浩志/倍音S」のライブに行って来ました。
尾引さんのHP
http://www.vions.jp/

オーガナイザーである中村未来子さんの倍音好きから始まったこの企画。
ここyugueでの倍音関係のライブは今年に入って3回目。
1回目は、宇宙人ビッキ、宇宙人おーちゃん、宇宙人よっしーの宇宙倍音ライブ
2回目は、元倍音Sの岡山守治さんのソロ倍音ライブ

c0102492_23202460.jpg



3回目の今回は、尾引さんの口琴、ホーメイ、イギルのゆったりまったりライブでした。
yugueの2Fのお座敷の間で、ろうそくの炎がゆらめき、みくちゃんお手製の
玄米キッシュとカボチャケーキ、そして姫リンゴをほおばりながら見るゆるゆる空間。
彼女のおもてなしがまた素敵です。

お客さんも27〜8人の大入りです。多分この人数がベストかな!?
予約もたくさん入ってたみたいでキャンセル待ちの方々もたくさんいたらしい・・・。
京都の倍音人口も増えて来たのかな?
1回目の宇宙人ライブにはまったお父さんが子供を連れて見に来たり、ホーメイを独自
で練習しているWEBデザイナーの方、学生や主婦等、多種多様な人たちの集まりも素敵です。

ライブは2部構成で、
1部は、各楽器の紹介とホーメイの歌い方講座、そしてトゥバ共和国とモンゴルの
「ホーミー」と「ホーメイ」の違い、文化、歴史背景等のレクチャー。
2部は、尾引さんが口琴とホーメイ&イギルをyugueの空間全体に
トランスして溶け込み、みんなを倍音宇宙に連れて行って下さいました。
倍音シャワーを浴びながら、一人一人気持ちよく時間を過ごせたと思います。

c0102492_23215768.jpg



ライブ終了後、yugueのオーナーである「だいちゃん」が作ってくれたおいしい晩ご飯を
尾引さん、ミクちゃんとお友達、映像作家の松村くんと食べながら、来年、僕が計画して
いる「宇宙とアートプロジェクト」について話したり、尾引さんがライブ中に気を失った話等、
楽しいひと時を送りました。

c0102492_23234175.jpg




『コウキン部』
現在、精華大学でも「コウキン部」を作ったので是非、参加して下さい。部員数4人。
ライブに来ていた成安のMちゃんも初参加する事になりました。
このコウキン部は、自己中心型の人間が勝手にビヨ〜ンと鳴らしてるだけで、
一人で河原でビヨヨ〜ンと鳴らしても、トイレでビヨヨ〜ンと奏でても
部は成立します。
以前、ミクシー日記で記載した「タビ部」、「ツボ部」と同類で、その日にたまたま集まった
人たちが即行動に移し、楽しく時間と感性を共有し、交流するのが目的です。
え〜随時、部員は募集中で〜す。

次回は11月14日(水)川端丸太町@etwで尾引さんも出演する
「あいのてさん」のライブです。
ライブ終了後、鴨川のほとりで「コウキン部&ツボ部」の会合をしましょうか!
口琴&肩こり持参っす。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-30 09:50 | 羊飼いのひとり言
羊が修行中&ライブ報告(mamieMu/山中透/江村耕市/前田英一)
29日(日)久しぶりに近江八幡へ。
目的は3つ。

1つ目は、アニメーション作家:ジャンピエールテンシンさんの公開アニメーション
製作の最終日だったので様子を伺う。場所:かわらミュージアム
地元のかわら粘度を使用して製作するクレイアニメ。本日は、精華大学の学生と
成安造形の学生がアシスタントでクレイと戦っている姿が微笑ましかった。
その後、別プロジェクトとしてジャンさんが行っている「修行中」に我が羊さんが
突然お邪魔!なんとも不思議なコラボレーションワーク。
観客が修行中のTシャツを着用して丸台に胡座をかき、その上で目を閉じて修行
するという、誰でも参加出来るプロジェクトです。
彼の日本各地をこのスタイルで撮影の旅をしている様子も会場で伺えます。
おもしろいです。

ジャンさんと羊
c0102492_1561374.jpg



僕と羊
c0102492_1573399.jpg



その他、色々なアーティストの展示空間で羊放牧!

斎藤寛さんの作品と羊
c0102492_15141319.jpg



小板橋慶子さんの作品と羊
c0102492_151526100.jpg




そして2つ目は、旧伴家でフランスのポンピドゥセンターのスタッフ
エリザベス・オジェさんと 松尾郁子さんのワ−クショップ「みずうみのはな」を
のぞきにいく予定でしたが時間に間に合わず断念。

その後、喜多利邸にコーヒーを飲みにいく。写真家の平垣内悠人さんの吉田邸で
撮影された画像をマックスライドショーで確認。素敵な写真に感動!

そして今夜のメインイベント
喜多利邸にて
ダムタイプの山中透さん、キュピキュピの江村耕市さん、そしてmamieMuさんの
パフォーマンスコンサート。特別ゲストとしてダムタイプの前田英一さんも参加し
た何ともゴージャスであやしいイベントでした。

以前、京都shin-biでもmamieMuさんのライブは体感したので、今回は山中さんと
江村さんがどこまでmamieMuさんと絡んで、新しい宇宙観を見せて頂くか楽しみ
でした。

今回は野外ステージで、日本家屋の喜多利邸の中庭(日本庭園)を使用した
淫靡で妖しいオーラが充満した空間です。それに喜多利邸のアンティークな建具の
障子に江村さんの映像を投影する。妖しい、でも好きです。その他にも、
花のオブジェ、無気味な灯籠、そして向井側に作品展示している小板橋さんの繭の
作品も幻想的に空間構成されている。贅沢なイベントでした。

ライブは、mamieMuさんのグラスハープとボコーダを使った宇宙語みたいな声に
よるライブパフォーマンスと宇宙テルミン。そして前田英一さんが素敵なメイクと
メキシカンな衣装を着てマラカスで小刻みリズムを奏でる。そして山中さんの柔ら
かく重いコンピュータサウンドと江村さんの映像が見事に空間に溶け込んでいく。
障子にやもりが数匹這いずる映像、ウクレレのピキピキサウンドもいい演出。
約二時間ぐらいのステージでした。野外だったので少々寒かったのが贅沢な一時を
過ごしました。

c0102492_15171116.jpg


c0102492_15181342.jpg


c0102492_1518476.jpg


c0102492_15193145.jpg




ライブ終了後、喜多利邸でスタッフと一緒に晩ご飯!総勢30人はいました!!
展覧会に来られていた、アーティストの林ケイタさんと谷口正博さんと精華大学
メディアセンターのスタッフさん(お名前忘れたすいません)と一緒に京都まで帰る。
来年予定している上海での美術展話で盛り上がる。ワクワク!
本日は、ホーメイの尾引さんのライブです。連日連夜、宇宙人との対面!ウキウキ!

c0102492_15201398.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-29 15:28 | BIWAKOビエンナーレ
影絵演習本番@精華「銀のスプーン舐めよう」
朝から影絵の仕込み。
13:00 演習&設営開始。
教室の掃除と椅子、机の移動。
約5mのスクリーンと黒幕を張る。PA機器、照明、プロジェクター等の設営。
映像作家の松村君が西先生分裂映像を作りはじめる。
月の映像のシューティングも順調(ナレーションとの時間調整)

設営は問題なく進むが、影絵がまだ出来上がってない状態!
学生達に気合いを入れる。

15:30 仮リハーサルと打ち合わせ。
学生たちが自分達で考えキャストを決めていく。
移動空間、動線を再確認。
映像シューティングと影絵の位置確認。
背景と照明の位置関係を微調整。
懐中電灯を4回生から借りる(2台)
音響(効果音)の調整。
本番チラシ出来上がり!

16:30 リハーサルとゲネプロ
ナレーションと映像のチェック
歌の練習。(そしてソングとエンディング曲)
最後の声あわせ
音楽家の坂井くんがケンハモを持参して合流&音合わせ

通しリハをしたかったが
ほとんどリハーサルが出来ない状態。
危機感を感じたのか
学生たちが自主的に打ち合わせ。
ナレーションは一人にする事を決める。
他、彼等が独自で案を出し合い、どんどん素敵な形に変化していく。
この形が理想的!
ここに演習を超えた空間舞台が現れる。
この時点で舞台の成功を確信する。

予定より一時間遅れの本番。
「銀のスプーン舐めよう」世界初演。

c0102492_16502134.jpg


c0102492_1650569.jpg


c0102492_16511437.jpg


c0102492_16513996.jpg


c0102492_16515953.jpg



いや〜笑いが絶えない最高の影絵舞台が生まれました。
正直ここまでクオリティーが上がるとは思っていなかった。
彼等の最後の追い込みと自主的に影絵舞台を再構成した事が収穫でした。
次週、学生たちと野外でベジタブルパーティーをしながら映像の鑑賞会をします。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-24 15:45 | 精華大学
ガムラン宇宙音の旅:6時間耐久LIVE
最近、宇宙アンテナを張っているおかげで宇宙の話題に事欠かせない。
来年の新しい「宇宙とアートプロジェクト」に向けて宇宙人探しの日々が始まっている。
あれも宇宙、これも宇宙、それも宇宙?え、彼が宇宙人?そう!
「メン ・イン ・ブラック 」のように僕達の身近に宇宙や宇宙人がたくさん潜んでいる。
しっかりと頭のてっぺんにアンテナを建て、リアルな宇宙空間を探しましょう。
本当に楽しいです。まあ、ある一種の都市伝説ですが・・・・。
見えないものが見えてくる瞬間、感覚的なトレーニングをおすすめします。

ということでBIWAKOビエンナーレ会場@旧吉田邸:眠りの間にて
「ガムラン宇宙音の旅:LIVE」を開催します。
今回も凄いですよ。確実にガムランサウンドで聴いて「長時間」眠って頂くイベントです。感覚トレーニングにはもってこいの空間。
今までのライブは、ある時間にはじまり終わるという、
時間が決まった中で眠りを半ば強要してた部分がありましたが、
今回は「長時間」眠る事ができ、好きな時間帯に会場に入り眠り、好きな時に起きることが出来る約6時間のユルユルヘロヘロよだれだらだらライブです。
c0102492_13232159.jpg



今回お招きするのは、『HANA★JOSS』という京都在住の ROFIT IBRAHIMさんと佐々木宏実さんの
インドネシアジョグジャカルタで結成されたワヤン・ガムランユニット。
http://hanajoss.net/
彼等は僕が主催する「羊を数えて眠る会」で何回か出演して下さっていまして、
今回の主旨も理解して快く引き受けて頂きました。彼等にとっても実験的な空間になればいいです。
約6時間といいましても気まぐれライブです。演奏者がそのまま会場で眠ってしまうかもしれません。でもそこがいいんです。演奏者もお客さんもそのまま静けさの中で眠る。素敵です。
そんな舞台空間が見てみたい。

c0102492_1326683.jpg


c0102492_1327913.jpg



今回の目的はもう一つあります。
ガムランの音を長時間聞きながら眠る感覚ってどんな感じなんだろう?
神々にささげるその音色は美しく透明で人々に幸せをもたらすとされています。
神音域の高音とミニマルなリズムが、眠る瞬間に人々を心地いい世界へ誘い、
感覚的に宇宙を感じて頂ければ幸いです。
先ほども述べました「見えないもの、聴こえないもの」が体感出来る一日にしたいです。
かなり実験的な空間になりますが、是非、お越し下さい。

あっ!それとスペシャルゲストもお招きします。
HANA★JOSSのお二人のお子さん「あるむちゃん」です。
多分、日本で一番ガムランサウンドを体感しているお子さんだと思います。
最近、ガムランをたたきはじめたらしいです。う〜ん楽しみ。
ちなみに1才五か月なので、ほどんど眠りの間のクッション上で天使の寝顔をみせてくれるはず。
あるむちゃんの初舞台です。お見逃しなく。

ライブ詳細です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
2007年11月3日(土:文化の日)
滋賀県近江八幡 BIWAKOビエンナーレ会場(旧吉田邸:眠りの間)
12:00ぐらいから18:00ぐらいまで
出演:HANA★JOSS wthあるむちゃん(飛び入り参加アーティストあり)
&井上信太宇宙リン楽器演奏(影音)

チケットは会場入場料¥200が必要です。
ビエンナーレチケットを持ってられる方は無料です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
あと、今週水曜日、大阪のCHAKRAでHANA★JOSSさんとUooMooさんのライブがあります。こちらもお見逃しなく。

詳細はこちら

もう一つ宇宙人ライブの告知!
宇宙人ビッキーこと「NHKあいのて」でおなじみの 赤い人
尾引浩志さんのホーメイ、イギル、口琴のライブがあります。

日程:2007年10月29日(月)
場所:CAFE-BAR Yugue:ユーゲ(京都/下鴨)
時間:19:00 open 19:30 start
料金:¥1,555(オマケ付き)

こちらもホントや倍音です。
場所がせまいのでご予約がおすすめです。
僕も宇宙人に会いにいきます。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-22 13:32 | BIWAKOビエンナーレ
ホスピタルサーカスのミーティング@精華
影絵演習終了後、講師室でホスピタルメンバー
代表:坂井くん、制作:福原さん、美術ライター:酒井さん、映像:松村くんが19:00集合。

ホスピタルサーカスとは
滋賀小児医療センターの養護学校、及び病院内で実施されるワークショップの総称をさします。12回のワークショップののち、4月中旬から下旬において緑の広場にて、ワークショップの集大成となる「舞台公演」を開催します。また、この企画は明治・安田生命の社会貢献企画「エイブルアート・オンステージ」の2007年度の支援先のひとつとなっています。

エイブルアートとは…
障害のある人たちのアートを<可能性の芸術>としてとらえ、 生命力を失いつつある現代社会に生きる人たちが、 アートを通して人間性を恢復(かいふく)させ、 さらに芸術と社会の新しいコミュニティーを築いていく市民芸術運動です。 (エイブル・アート・ジャパンウェブサイトより)

エイブル・アート・ジャパンウェブサイト
http://www.ableart.org/

ということで企画会議が始まる。
今年の6月からこのメンバーで様々な意見が交わされ、
積み重ねて来たプログラムもようやく形になりはじめて来た。
まだまだ色々な問題点があり、改善して行かなければならないが、
病院側、学校側の要望を真摯に受け止め、
意味のあるコミュニケーションをしていかなければと思っている。

プログラム自体は本当におもしろく構成されていて、
今までにない野外での舞台空間、
キャストが出演しない舞台空間、
病室(病院屋上)が観客席、
そして、多種多様のアーティストが考えたワークショップ、
その他にも色々な企画がある。

子供たちが日々の入院生活で、
辛い思いをして闘っている状況の中で、
このワークショップが出来ればどんなにすばらしいか!
障害を持っている子供たち、リハビリでがんばっている子供たち、長期入院をしている子供たち等、
様々な状況下で行うワークショップは困難も待っている。
病院スタッフ、医者、療養士の方々との協議を重ね、ホスピタルの
未来に向けて突き進んで行き、よりよい病院のあり方と子供たちが
病院内で楽しく過ごせるような空間作りを実現したいです。

医療ホスピタルに関しては、僕たちスタッフは全て素人。
しかし本気です。心から楽しく子供たちと遊ぶ自信があります。
是非、みなさんもお力をお貸し下さい。
随時、ボランティアさん、運営スタッフなどを募集しています。

本日のミーティング内容は、

エイブル代表者会議でも指摘を受けた問題点を話し合う。
ワークショップの日程、内容を決定する。
最終舞台のイメージを具現化する。
物語のプロットとワークショップ、舞台をリンクする。
映像関係と肖像権について話し合う。
ホスピタルブックのデザイン、内容を話し合う。
病院と学校とのコンタクトの方法を話し合う。
ボランティアスタッフについて話し合う。
安全面について話し合う。

実は、6月からミーティング、視察、学校訪問などの
ホスピタルサーカスの動きは全て映像作家の松村君がドキュメントとして残しています。
何が話されたのか、何が起こったのか、と全て記録し、DVDにまとめようと考えています。
凄く暑いDVDになるでしょう。

色々と実験的な方法論をとっていますが、まず子供たちと一緒に何かを作り上げる事が
最大の目標です。皆さんも長い目で僕たちを応援して下さいね。

最後に、僕の作家としての姿勢は揺るぎません。誰が上だとか下だとかは関係ありません。
全てに対して対等に対応をして行きたいと考えています。

c0102492_1057287.jpg


c0102492_10572160.jpg


c0102492_10575238.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-19 11:17 | ホスピタルサーカス
影絵演習@精華大学
本日は京都精華大学の演習について少し。
現在、芸術学部メディア造形科映像コースの基礎グラフィックを担当。
前期は、驚き版、フリップブック作り、仮面&楽器を作ってパレード!遠足プロジェクト等、
様々な方法論を用いて「もの作りの基本」、「表現の可能性」を体感出来るプログラムになっている。

c0102492_13351870.jpg

平野砂峰旅さんによる驚き版ライブ2007年

c0102492_1346317.jpg

仮面演習2005年


後期に入り、1回目は「鳥の巣箱プロジェクト2007」と題して、図案、コンセプトを考え、
鳥の巣箱を制作し、大学構内に常設設置するという演習。
この演習は4年前から始めたが、現在かなりの数の巣箱が学内全体に設置されている。
もちろん、鳥が実際に入っている巣箱もあれば、2〜3日で消滅していく作品もある。
各自がコンセプト(企画書)に応じて制作し、自己責任でその巣箱を4年間管理し見守る。
卒業時にその作品が残っているのを感じるのも楽しみだ。

後期2回目は、「影絵演習」。
この演習も4年前から始め、色々なアーティストをお招きし、新しい影絵のあり方を模索してきました。

●森の中でたき火をしながらプロのガムラン奏者の演奏とともに行う影絵。
たき火の炎をプロジェクターで映し出し、その前でワヤン(インドネシア影絵)の実技も行う。
最後にたき火でおいしく出来上がった焼き芋をみなでほおぼる。

●風光館1Fと2Fをおおきな縦長のスクリーンで覆い、プロジェクター2台を使用し
2面性のあるマルチスクリーン影絵。VJとDJとのコラボレーション。

●ラボにてオーガンジー布を何層にも天井から吊り、プロジェクターとモニターと空間映像との
3レイヤーの影絵を上演。色々な楽器を使用して演奏会も行う。ガムラン演奏あり。

そして今回の演習です。
大変な事になっています。フラフラです。
今までは、「映像と影絵との関係性」をコンセプトに、ストーリー(物語)なしで
インプロ(即興)で進めてきましたが、今回は影絵のシナリオから作る事から初めました。
まず、テーマから決めることからスタート。
そして話し合いの結果というか、僕の今年のテーマである「宇宙」に決定。
※前期も仮面演習で宇宙人仮面を制作しているので!

さあ!ここからが大変!
物語のプロット作り、構想、脚本、キャスト、テーマソングと
ホワイトボードの上に学生たちのアイデアが膨れて行きます。
妄想のオンパレード!素敵。
この感じがいい。いや〜おもしろい!
最終的に「浦島太郎」、「かぐや姫」、「かめ仙人」、そして「精華大学講師西先生」
がキャストに選ばれ、「宇宙恋愛壮絶物語」が出来上がりました。※内容は秘密。
及び、西先生が出てくる時のテーマソングとエンディングソングも作りました。
約5時間の演習、休憩2回(10分)の暑い一日が終了!

c0102492_1231233.jpg



2週目、
脚本が出来上がったので皆で読み回し。
各部分の脚色とシーン分けを皆で考える。(全13シーン)
影絵の制作担当とキャストの声優を決める。
音響、照明の担当を決める。
歌の練習。

c0102492_1245683.jpg



3週目、
影絵の制作作り、
背景、擬音語、キャスト、各パーツの制作。
歌の練習。
効果音の打ち合わせ。
フライヤー(本番用パンフレット)の打ち合わせ。
新曲「銀のスプーン舐めよう」を挿入歌として入れる。

と、昨日までの演習がここまでです。
予定では、仮リハまでしたかったのですが・・・・。
さあ、来週が本番!
今回もラボ(風光館1F)で上演し、横長(5m)のスクリーンを設置する予定。
お楽しみ下さい。

c0102492_1272136.jpg


c0102492_12354722.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-18 14:16 | 精華大学
ひつじウクレレ楽団
14日に旧吉田邸で
とりいしん平さんと4人の音楽家(ひつじウクレレ楽団)の方々が
約1時間のステージパフォーマンスをして下さいました。

町家にミラーボールが光放ち、逆さまに空中に吊られた生き物、
妖しい地明かり照明、そのような空間で
ひつじの詩、ひつじの歌、賛美歌やカントリーソング、
そしてアーティストトークと非常に楽しい時間をみなさんと共有できました。


c0102492_1532479.jpg



ひつじの詩には、少しウルウルが目元に・・・。
とりいしん平さんは、だみ声で容姿も不思議キャラ、
小学校の先生とは思えないアバンギルドな行動と考え方。
その彼が一言一言、心を込めて詩を読む。
鍵ハモの音色とともに・・・。
言霊とひつじ空間のコラボレーション。
素敵でした。


c0102492_1545313.jpg


撮影:斎藤寛

ウキウキとワクワクが空間に広がるウクレレの音色。
そして悲しく心に沁みる素朴なバイオリンの旋律。
鍵ハモ、ギター、打楽器の音霊たちがが楽しく会場を飛び回る。
涙そうそうで心が折れ、ロリポップで心が躍る。

客席は土間にゴザを敷き、靴を脱いで見ていただくスタイル。
今回はライブ会場でもあり、ビエンナーレの展示空間でもあったので
様々なお客さんが来られました。

このブログを見てきていただいた方、昔からの友人や知人&マイミク、
とりいさんの教え子のご父兄の方々、嵯峨美のインスタレーション演習で
先生に引率されてきた学生、守山の養護学校の音楽の先生、ギター人生に
出演される音楽家、近所の子供たち、ビエンナーレスタッフ、アーティスト、
ビエンナーレを見て回っているお客さん、
そしてウクレレの音色に誘われ、偶然通りかかった観光客の方々。

本当にご来場ありがとうございました。



c0102492_1554979.jpg


撮影:斎藤寛


おまけ画像
スタッフたちの夜のお食事会


c0102492_15122033.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-15 15:22 | BIWAKOビエンナーレ
いきもの増殖中
本日も朝から近江入り。

ジャンさんが「かわらミュージアム」で公開アニメーション制作する事になったので
数名の精華大学生をアシスタントスタッフとして連れて行く。
朝からコマ撮り15分のクレイアニメのワークショップレクチャーをして頂く。
ジャンさん、ありがとうございます。

その後、昼まで受付スタッフとして旧吉田邸でお客さんとコミニケーション。
いつも通学路として旧吉田邸を通っている小学一年生の男の子が母親を連れて遊びにくる。
うれしい限りです。
時間があったので、玄関前に6頭のいきものを配置する。
ついでに大型カバくんも放牧。
いい感じになって来た。
会期終了までどんどん増殖します。


c0102492_3173160.jpg




お昼にジャンさんと精華大の西田さんと「初雪食堂」でランチ。カツ丼を食す。


c0102492_3182799.jpg




午後、ジェフバークランドさんがTV取材(KBS京都)で旧吉田邸に訪問。
とても紳士的な方で好感が持てました。
その後、NHKの藤村さんが外観の撮影に来る。


c0102492_3195441.jpg



アートライターの小吹さんも来て頂く。
来年の新しいプロジェクトについてお話しする。

ガムラングループのティルトクンチョノの皆様もお越し下さいました。
バリ島プロジェクトについてお話しをする。
本日、茶楽で行われたガムランワークショップを見に行きたかった。残念。

夕方、とりいしん平さんと明日の打ち合わせ。
その後、スタッフと共に簡単リハーサル&演奏会をしました。
太鼓、鈴、ウクレレ&鍵ハモ!なんでもありありの大演奏会に発展!
かなり盛り上がりました。明日が楽しみ。

今日もたくさんの方々とお会いしました。
東京から来られた方、石川県から観光に来られた方、京都からバイクで来られた方、
ご夫婦で来られた方、通りすがりの観光客の方々、学生さん、ビエンナーレアーティストの方々、そして近江の元気な子供たち。
う〜ん本当にたくさんの方々と素敵なお話し致しました。
明日もいい出会いを!

ということで話をしている間に
18:00 終了!
電源OFF&戸締まりをして事務所に戻る。

事務所でボランティアスタッフのミーティングを傍聴する。
各自ボランティアスタッフが色々な問題点や気付いた事を報告する。
彼らのきめ細かい気配りに頭が下がる思い。
寒い中ありがとうございます。

ミーティング終了後、晩ご飯。
お手製シューマイ、緑いっぱいサラダ、豚汁、お漬け物&お団子(デザート)でした。
みんなで食べるご飯はおいしい!


c0102492_3332911.jpg



恒例の手をあわせて頂きます。


c0102492_334021.jpg



明日はイベント目白押しです。
告知です。

●ウクレレのとりいしん平とひつじウクレレ楽団のライブ
5人のウクレレ奏者と井上信太(たいこ)のライブです。
10月14日(日)14:30〜15:30
場所:旧吉田邸
ビエンナーレのチケットを持っている方は無料です。
チケットがない場合は、旧吉田邸に入る入場料¥200でライブ&鑑賞できます。

●小板橋慶子さんの「フェルトのワークショップ」
10 月14 日(日)14:00 〜 16:00
場所: 旧伴家
対象: 中学生以上 定員12 名


●サージ+ヨージさんのイベント
■クカイ
10月14日(日) 
10:30   酒游舘入口に集合(簡単なレクチャー)
 〜13:00 吟行(昼食も各自自由に)
13:00〜  投句(無記名で3句)酒游舘
13:30
 〜16:00 酒游舘においてクカイ

持ち物 筆記用具 参加費¥800-(ワンドリンク付き)

当日朝あるいは、13時の投句から突然参加というのもOKです。
急に気が向かれましたら、どうぞいつでもご参加くださいね。
お待ちしています。

■きき酒大会
10月14日(日)
場所 酒游舘  会費¥1500-

17:00〜  昔の酒造りを記録したコアな記録画像の上映
18:00
 〜20:00 きき酒大会

サージ+ヨージ他の作家達の手による様々な酒器からお好きなものを自由に選
んでいただき西勝酒造の6種類のお酒をきき酒いたします。
日本酒の奥深さ、お酒と器の相性や郷土料理・サージ+ヨージのソムリエが提
案する料理とのハーモニーをお楽しみください。
西勝酒造のお酒をじっくりと味わってみたい方には逃せないイベントです。
また、西村さんの御好意により2次会も予定しておりますので多数の御参加お
待ちしております。

■上原赫先生による次世代太陽電池の話
10月16日(火)
場所 茶楽2F 会費:なにかワンオーダーしてください。

16:00〜  上原赫先生/大阪府立大学名誉教授・上原先端科学研究所所長に
よるトーク
       ゲスト 藤本隆行(ダムタイプ)

なかなか聞く機会のない、光合成などのしくみを利用した有機薄膜太陽電池な
ど、世界中が注目する次世代太陽電池の研究最前線にいらっしゃる上原先生か
ら様々な画像とお話を聞かせていただきます。またゲストにLEDなどを用いた
コンパクトな舞台照明などのプロジェクトをおこなっているダムタイプの藤本
隆行さんを迎え、質問やアートの分野での可能性などについての話など・・・
まったりとした雰囲気でおこないます。


今後もいろいろなイベントを予定しています。
お楽しみ下さいませ。
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-14 03:50 | BIWAKOビエンナーレ
ビエンナーレ&ウクレレ楽団ライブ
BIWAKOビエンナーレも順調の滑りだし。
平日は小学校の通学路になっている羊飼いの家。
連日、子供たちがにぎやかに訪れて遊び場になっているらしい。
次回は子供たちと羊の音楽楽団を結成したいな〜。

さて、先週末はメンテナンスの為に近江八幡入り。
ミラーボールの調子が悪いと聞いたが・・・。全く問題なし!?
僕が来ると調子を取り戻す不思議なミラーボール!
彼とも2001年、北海道帯広で行ったプロジェクトからの長い付き合いだ。
いつもがんばって回り続けているわがままな相棒です。

その後、各会場を徘徊。
歩いてまわれる会場構成がうれしい。
青いビエンナーレのMAPをもって歩いている観覧者もちらほら。

お昼頃に、作家の中村さんと映像作家のジャンピエールさん、
そして彫刻家の市川平さんと地元の「初雪食堂」でランチを一緒に食す!
この食堂はサージ&ヨージさんの作品も展示している
昭和の香りがする素敵な食堂です。お勧めは肉丼¥600。

食後、かわらミュージアムでジャンさんの作品を見る。
とてもいい仕事をされている。
チェコ風のアニメーションとジャンさんのアジアンテイストが融合し、
一種独特の不思議ジオラマ空間を形成している。
あらためてアニメーションの原点を体感。
やはり、手作り感覚っていいですね。
次回、羊のアニメーションを一緒に制作しましょう!
とジャンさんと話をする。

その後、旧吉田邸でまったりとお客さんと談笑&演奏会。
そこでお会いした素敵なお二人!
滋賀で素敵なカフェをされている!?最近まで営業されていた
東近江:セブン社の平塚さんとガムランピクニックのワークショップを
受けられていた野村さんと色々と農業、ライブ、宇宙のお話をする。

こんな時間が幸せだ。
みなさんも「羊飼いの家」に是非、訪問して下さい。
ゆったりまったりお話ししましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少々告知!
セブン社の平塚さんが、ビエンナーレの会場でもある「尾賀商店」で
期間限定カフェがOPENします。
11月1日(木)〜2weeks。
ストレートコーヒーが頂けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
え〜もう一つ緊急告知です。

ウクレレのとりいしん平とひつじウクレレ楽団のライブ
5人のウクレレ奏者と井上信太(たいこ)のライブです。

日時:2007年10月14日(日)14:30〜15:30
場所:旧吉田邸(ビエンナーレ会場)
ビエンナーレのチケットを持っている方は無料です。
チケットがない場合は、旧吉田邸に入る入場料¥200でライブ&鑑賞できます。
是非、お越し下さい。


どんなライブになるか楽しみ楽しみ。
僕は13日(土)と14日(日)に来場しています。
またお会いしましょう。

では〜

c0102492_1129448.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-11 11:41 | BIWAKOビエンナーレ
放牧画像集@近江八幡
2007年9月14日(金)
羊飼いプロジェクト in 近江八幡

撮影スタッフ
近江八幡市役所の大西さんと橋本さん、
写真家で近江八幡在住の斉藤くん、
精華大学映像コース三回生の琴塚さん
映像作家の松村くん

西の湖「権座(ごんざ)」での水面に浮かぶ羊
c0102492_13392982.jpg


c0102492_13402234.jpg


c0102492_13395734.jpg


c0102492_13401049.jpg



近江兄弟社学園にて
c0102492_13442177.jpg


c0102492_134566.jpg



田園地帯にて
c0102492_13452838.jpg


c0102492_13455622.jpg



八幡山にて
c0102492_13463129.jpg


c0102492_13471329.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2007-10-10 13:32 | BIWAKOビエンナーレ