<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「空想力学的さんぽ図鑑」のチケットに関して
刻一刻とせまって参りました。
ドキドキアワアワしております。

さてチケットに関しての詳細です。
今回は、病院の敷地内での舞台なので「人数制限」を設けています。
予約はメールのみ受付いたします。
よろしくお願いいたします。

その他、当日のボランティア募集もしております。
興味のある方は下記のメールアドレスにご連絡下さい。

h_c_moriyama@excite.co.jp

c0102492_9222868.jpg


photo :諫山亜由美

●公演チケットに関して  ※入場無料

この舞台公演は予約申し込みの方のみ御観覧して頂けるシステムとなっており
ます。御観覧希望の方は、住所、名前、電話番号を明記の上、下記のメール
アドレスまでお申し込みください。

h_c_moriyama@excite.co.jp

尚、この舞台公演は観覧されるかたの人数制限がありますので、定員に達し次第
受付を終了とさせて頂きますのでご了承ください。
当公演につきましては、公演場所が病院のとなりのみどりの広場という事もあり
当公演の専用駐車場はございませんお手数では御座いますが、観劇の際は最寄
りの公共交通機関をご利用して頂きお越し下さい。

すてきなプレゼント付き
手作り絵本+ワークショップの記録映像DVD+おまけ

●公演に関して

ホスピタルサーカス第一回公演
「空想力学的さんぽ図鑑」くうそうりきがくてきさんぽずかん
●とき:2008年4月25日(金)
開場:午後2時 開演:3時(上演時間:約30分)閉場:午後4時

●ところ:滋賀県立小児保健医療センター前「みどりの広場」特設ステージ
滋賀県守山市守山5丁目7-30

電車 JR 琵琶湖線 守山駅下車 徒歩約20分
バス    近江バス 守山駅〜小児保健医療センター前  約2分
車     名神高速道路 栗東ICから 約15分


● 参加アーティスト
犬飼美也妃(美術家・パフォーマンス)
川本哲慎 (カヌーリスト・ネイチャーアーティスト)
小松正史 (サウンドスケープ・ピアニスト)
林 加奈 (画家・音楽家)

● ホスピタルサーカススタッフ
坂井基紀 (音楽家)ホスピタルサーカス代表・音楽監督
井上信太 (美術家)ア−ティステックディレクタ−・舞台監督
松村 陽 (映像作家)映像ディレクター
酒井千穂 (フリーランスライター)ワークショップコーディネーター
福原加奈 (制作者)Replan代表・広報・制作

音  響  東岳志
写  真  諫山亜由美
絵  本  石村乃緒子
宣伝美術 シープスデザインスタジオ
主  催 ホスピタルサーカス実行委員会
共  催  エイブル・アート・ジャパン
協  賛  明治安田生命保険相互会社 
協  力  滋賀県立小児保健医療センター 滋賀県病院事業庁
     滋賀県立守山養護学校 京都精華大学 中村未来子
     山口悦子(小児科医) 野村真子 山田珠実 


●物語のあらすじ

ゾウ君とキリン君はいっしょに仲良く暮らしていました。
ある朝キリン君がいなくなってしまい、ゾウ君は星から
星へとキリン君を探す旅に出ます。羊の星や不思議なビニール星人の棲む星など、
様々な生き物や音楽と出会い、
ゾウ君は成長していきます。
願い星はゾウ君の願いを叶えてくれるのか?
ホスピタルマンとは何者なのか?
そして、ゾウ君は再びキリン君と会う事はできるのでしょうか?

●ホスピタルサーカスの日々

守山市にある滋賀県立小児保健医療センター。エイブルアート・オンステージの助成を受け、ここで私たちは2007年11月から毎週金曜日に、入院、通院している子どもたちといっしょに述べ約14回の院内ワークショップを行いました。第1回目のワーショップの日、病院の中央に位置する中庭に突如として「巨大なゾウ」がやってきました。2回目は隣接する守山養護学校で音楽家 ・林加奈さんを迎えて「羊の音楽会」を開催。
3回目の「ふしぎな宇宙人を作ろう」では子どもたちの創造力に驚かされ、そうして4回目、5回目と回数を重ねるごとに参加者もどんどん増え、病院内はふしぎな空間に変化していきました。そんなある日、僕達をみて「あっ、ホスピタルサーカスがた!」と言ってくれた子がいたのは、とても嬉しい出来事でした。ワークショップの時間帯も、お昼の12時から17時頃までと、子ども達がいつでも参加できるようにゆるやかに開催してきました。10分だけ参加する子、診察待ちをしている間に折り紙を折る子、何時間も、もくもくと制作する子など、取り組み方はみんな違いますが、新しい舞台を作るために子ども達はそれぞれ一生懸命に制作しました。これらの舞台美術としての作品や楽しい音楽の成果、そして、この時間のなかで生まれたふしぎな物語を、病院に隣接するのみどりの広場に特設舞台を設営して発表します。新しい、誰も見た事のない病院での舞台表現です。
なお、今公演はノーキャスト舞台であり、病院とステージを結ぶ遠隔操作ロープを引っぱりながら子供たちが操作する舞台構成になります 。
ワークショップで作られた不思議な生き物たちがコミカルに動く様子をどうぞご覧ください。

c0102492_9251190.jpg


●「ホスピタルサーカス」とは?

私たちホスピタルサーカス実行委員会は、病院を初めとしたその他の公共空間や様々な人々が集う場所にて美術・音楽・ダンス・映像等を用いて、その場を日常空間から非日常空間へとゆるやかに変化させて行く事を目的に作られた集団です。アーティストに限らず多種多様な人々が様々な視点から関わる事の出来るプロジェクトを行っています。
ホスピタルサーカス実行委員会 代表 坂井基紀
[PR]
by shinta_inoue | 2008-04-16 09:26 | ホスピタルサーカス
ホスピタルサーカスのチラシ
ホスピタルサーカスのチラシが出来上がりました。
いい出来上がりです。
もうすぐ皆様のもとに届きますよ。

詳細ブログです。
http://hcmoriyama.exblog.jp//

空想力学的さんぽ図鑑

表面
c0102492_17572727.jpg


裏面
c0102492_17574717.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2008-04-10 11:38 | ホスピタルサーカス
比叡山で放牧
比叡山山頂にある大学の施設「叡山閣」で
毎年、新入生は比叡山に登山してオリエンテーションを受ける。
片道約3時間の道のりで同行する先生たちや有志先輩との親睦を深めるのだ。
登頂後、学食の調理の方々がカレーを作っているので皆で食す。
その後、座敷の大広間で約2時間のガイダンスを受ける。
なかなかいいシステムだ。
ちなみに帰りは観光バス3台に分乗して下山する。

今年でこのプログラムは3回目。
僕は1回目から、オリエンテーション終了後に行う
サプライズイベント担当で参加している

1回目は、大きなテラスにて羊を並べてジャンべを奏でる。井上信太ソロ
2回目は、テラスでガムランユニット(Hana★Joss)をお呼びして羊太鼓と共演。

今回の3回目は、馬頭琴奏者の福井則之さんをお迎えして
ホーミー、馬頭琴、口琴の演奏会を開催いたしました。
あいにくの雨でしたが地下のギャラリースペースにて
照明を入れ、羊30頭放牧するモンゴル大草原音楽会でした。

ここで福井さんの紹介。
京都芸大彫刻科を卒業後、内蒙古のモンゴル芸術大学にて馬頭琴とホーメーを
ある有名な先生にを師事する。最近帰国され、京都を拠点に演奏活動をされている。
僕の「羊を数えて眠る会2007」にも出演して頂いている。

イベント終了後、先生も生徒も「メエ〜、メエ〜」とホーメーを歌いながら
バスに乗り込む光景が微笑ましかったな〜。

ちなみに
今年から京都精華大学デザイン学部イラストレーション科でも
演習する事になった。(空間構成)
イラストレーション科は毎週水曜日です。
芸術学部映像科は毎週火曜日です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モノクロームサーカス代表の坂本公成くん宅で
今年6月に公演する舞台の打ち合わせ。
明日京都でライブがある福岡在住の音楽家:深水郁もご一緒!
昨年の舞台公演「旅の道連れ」で共演しました。
深水郁さんは詩を唱い、ピアノを奏でる、時には絵も描く。
本当に素敵な方で透明感100%。
いつか「羊の歌」を作ろうねと約束。
ワクワク!

焼き肉を食べながら
坂本公成くん、ダンサーの森裕子さん、そして深水郁と
歴史、政治問題から凶悪犯罪事件やエロス話を夜中まで話す。

そして
帰りに音楽家の林加奈さんの引っ越し手伝いする。(五条ー二条)
音楽家の野村誠くん、ホスピタル代表の坂井くんと天使突抜で会う。

車の中で
リポビタンDとリゲインを一気飲み。
[PR]
by shinta_inoue | 2008-04-07 14:21 | 放牧情報
ミーティング@精華大学
本日、ホスピタルサーカスの合同ミーティング@精華大学

参加者
井上信太、坂井くん、千穂さん、まっちゃん、のおこさん、
美妃也さん、川本くん、みくちゃん

c0102492_15551751.jpg



舞台進行
舞台上の安全面
物語と絵本の確認
絵本、小冊子の入稿日
チケット予約の方法
その他、

c0102492_16193135.jpg



う〜ん
今日も色々と話し合ったな〜。
みんな暑いです。暑すぎます!!
このメンバーでする仕事は面白い。
どんどんとアイデアが出てくる。
みんなで1つに向かって進んで行くっていいな〜。
本当にいい仲間に巡り会えた。

映像ディレクターの松村陽くんは
年が一番若いのに一番的確なアドバイスをしてくれる。
でも、僕のアイデアはすぐ却下・・。
「それ、ダメ」「それ、無理」って・・・。
「じゃこれはどう?」
彼はいつも首を横に振る。

うんうん!
でもこれがホスピタルサーカスなんだよね。
さあ!
もうすぐ本番ですよ!!

c0102492_16182859.jpg



c0102492_1619343.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2008-04-06 23:41 | ホスピタルサーカス