<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
W×3報告@精華大学水上ステージ2日目
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年6月21日(日)10:00〜16:00 ワークショップ
アポット博士のでたらめ生物学  井上信太+W×3研究員

場所:京都精華大学水上ステージ周辺
企画:京都精華大学情報館メディアセンター

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2日目です。

朝から小雨。昨晩、雨の神様を御呼びしたのか原因なのか!?
でも幸いに傘を使うワークショップなので問題なし。

c0102492_232419.jpgc0102492_23243664.jpg


静かな朝です。心地いい雨音が好き。
c0102492_23341810.jpgc0102492_2335788.jpg



昼からは晴天に恵まれ、青いお空がほっかり。
この日は、大学のオープンキャンパスなので、朝から高校生たちがキャンパスをうろうろしている。
変な人たちだと思われたかもしれないが、我々は真剣にWSを楽しんでいるのだ!
いつかこの楽しさがわかる日が来るのかしら・・。

さてさて、朝からスタッフたちが仕込みを開始。(彼らは2日連続徹夜作業)ありがとー。
前日のイベントで神様の腕がもげたので修復。
その他、スタッフのトシニイに前日撮影した映像をステージ前に流すように指示。
あと空のブース。傘を計16本使用したドームが完成。美しすぎます。
みんなで「手袋風船バスケ」を考案。これがなかなかおもしろい。

c0102492_23583114.jpgc0102492_2359189.jpg



昼過ぎからワークショップ開始!
高校生たちに手袋風船を渡し、大学構内の好きな場所に貼付けて下さいと依頼する。
食堂の扉や樹木、その他「自由自治」を教育理念とする大学の石彫にも貼付け!

まあ取りあえずスタッフが一番楽しんだワークショップになりました。

こんな感じです。

朝から実験開始。
c0102492_23304676.jpgc0102492_23311686.jpg


腕の修復です。(みや&ぶつぐ)オレンジ色の送風機。
c0102492_23315571.jpgc0102492_23323145.jpg


みっち&ナンシー。腕振りの実験。
c0102492_23364094.jpgc0102492_23372385.jpg


教室で制作していたビニールトンネルを搬入。警備の方も笑顔で見守って頂いています。
c0102492_23391733.jpgc0102492_23395185.jpg


まずボクが膨らませて投げました。
c0102492_2344209.jpgc0102492_23443521.jpg


そしてワークショップ開始です。
c0102492_23455252.jpgc0102492_23463062.jpg


c0102492_234713100.jpgc0102492_23473217.jpg


c0102492_23475923.jpgc0102492_23484912.jpg


c0102492_23491725.jpgc0102492_23493539.jpg


人も飲み込みます。
c0102492_092861.jpgc0102492_0102347.jpg


傘に風船が・・。
c0102492_011992.jpgc0102492_0122337.jpg


ふしぎな作品。地底人の巣!?
c0102492_0124955.jpgc0102492_013681.jpg


高校生も描きます。
c0102492_0133571.jpgc0102492_0135864.jpg


破損しています。はかない運命。
c0102492_0173964.jpgc0102492_0183528.jpg


搬出のミーティング!          自由自治にもビニールが!
c0102492_019184.jpgc0102492_0245860.jpg


c0102492_0202456.jpgc0102492_0203538.jpg



スタッフの皆様
ありがとうございました。
これがボクのワークショップです。
あの地底国から神が降臨する物語もまんざら嘘ではないかもしれないね!
ボクは信じています。

また遊びましょうね!
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-22 23:00 | ワークショップ
W×3報告@精華大学水上ステージ1日目
さて、一体何が起こったのだろうか?
またしてもふしぎなワークショップを体験してしまった。

まずはじめに、このワークショップに参加したW ×3スタッフに感謝したい。
彼らの強く熱い思いを受け止め、ボク自身も美術作家として、
何か一つの事に打ち込める楽しさを改めて彼らから教えられた。

彼らと数ヶ月一緒に打ち合わせを重ね、考え、悩み、意見を交わしたこのプロジェクト。
ワークショップを真っ正面から真剣に取り組む事によって、
今まで見た事のない空間や楽しさを体感出来る事を実現出来るんだと改めて思った。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年6月20日(土)10:00〜22:00 設営&前夜祭
アポット博士のでたらめ生物学  井上信太+W×3研究員

場所:京都精華大学水上ステージ周辺
企画:京都精華大学情報館メディアセンター

●前夜祭
音楽:HANA★JOSS(ガムラン)、HASAMI'S(ディジュリド、ホーメイ)
映像:YOTCHI(VJ)、撮影:ホンマヨシオ
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

午前:単管を使って天ヶ池にメインなる装置を設営する。
(祭り実行員のメンバーが設営に協力、単管は自治会から借用)

その他に、
透明傘を約600本使って映像用のスクリーン設営。
送風機計6台を使用。(レンタル)
池に浮かべる魂は「水手袋」を膨らます。(ヒモと石を使う)
東欧の田舎にある風景「さびれたサーカス」風の旗をデコレーション。
羊は水面に設置したくなったので数等持参。
ミラーボールを空中に設置。
音響PA設営。(マイク3本)
パーライト2台設置。(調光機なし)
風船をたくさん膨らます。(仕掛用)
ビニールトンネルを作る。
神様の頭部制作。
地底ブースを制作。
水のブース制作。※空のブースはスペースの関係で断念。

●設営

ぽにょぽにょしています。
c0102492_21234584.jpgc0102492_21204231.jpg


祭り実行委員が池の中で設営しています。感謝!
c0102492_21175342.jpgc0102492_21192492.jpg


c0102492_21221424.jpgc0102492_21202295.jpg


ハサミくんのリハ風景。首ふりトナカイも白袋に包み込みます。
c0102492_2125169.jpgc0102492_21253247.jpg


c0102492_2126447.jpgc0102492_2126271.jpg

c0102492_21284297.jpgc0102492_2129580.jpg


出川君が露天ドラム缶風呂に入っています。設営おつかれー。
c0102492_2230301.jpgc0102492_22321792.jpg



●前夜祭
プロジェクターからウイルスの映像が流される。
椅子に座り朗読。
ディジュルドゥの低音とホーメイの倍音。
ウイルスが地上に降り注ぐ、
神にしか聞こえないガムランの音色とやさしい歌声が・・・。
そして千手観音の映像が映し出され、神様降臨。

c0102492_2234650.jpgc0102492_22345950.jpg


ブツグくんがここで朗読しました。
c0102492_22361553.jpgc0102492_22365243.jpg


c0102492_22374814.jpgc0102492_22382460.jpg


神様が降臨!その時に電源が・・・・。ボーン
c0102492_22571648.jpgc0102492_22574242.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-21 07:31 | ワークショップ
鳥が・・・。涙
大学構内のある場所で、
巣箱から何かある物体が飛び立つ姿を確認・・・。
近づいて見ると...。

ピーピーピーと鳴き声が...

もっ、もしかして・・・・・。
うんうん間違いない!

ようやく、鳥の巣箱に生命が宿りました。
わーーーーーい。

いやいや、単純にうれしいです。

多分2〜3羽はいるでしょう!(声の感じで)鳥の種類はムクドリだと思う。

取りあえず映像コースの学生と一緒に静かに見守る事を約束。

今年は大々的に「鳥の巣箱プロジェクト」を関西周辺で開催するので
これは吉報です。

でも、この「集合住宅巣箱」を選ぶとは・・。

c0102492_4125978.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-12 04:18 | 精華大学
告知:ワークショップをワークショップしWORKSHOPしよう!
ワークショップをワークショップしWORKSHOPしよう!のチラシが出来上がりました。
4月からスタートしたこの企画もようやく形になろうとしています。
学生たちが主体となり、企画立案、広報、制作、会計等を役割分担して活動して来ました。
本当に彼らのパワーというか、何かを「楽しむ」という原動力は計り知れないです。
チラシもいい感じに出来上がりましたね。

さあ!どんな事件が巻き起こるのか・・・。
ボク自身も思いっきり楽しみたいと思っています。
お時間がある方は是非目撃しに来てくださーい。

6月20日(土)10:00〜20:00
設営を兼ねた前夜祭になります。天ヶ池に約600本の傘を用い巨大タワー制作。
夕方からは、ライトアップされたタワーをバックに音と映像のカーニバル。神様も降臨?!

6月21日(日)9:00〜16:00
ワークショップ:ビニールの巨大トンネル出現!ウイルスを描きましょう。

c0102492_0481399.jpgc0102492_051830.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-09 01:19 | 精華大学
「とんがり屋根」が完成
今夏、東横堀川(大阪)と近江八幡(滋賀)の2カ所で同時開催する
「ふしぎな鳥の巣箱を作ろう」で使用する「とんがり屋根」のサンプルが出来上がったので近江八幡に行く。

かわらミュージアムの奥村さんとコーディネータの出口さんと
琵琶湖湖畔の「シャーレ水ヶ浜」で待ち合わせ。

そこで「とんがりくん」とご対面。
わあーーー。

c0102492_21321533.jpgc0102492_2133817.jpg



きれいな「いぶし銀」。かわいい「とんがり形」。
もう手に持つと気持ちいいというか、愛おしいというか、たまらんです。
少し重たいけど、これもこの巣箱の特徴ね。

竹との相性も抜群、コルクもぴったし入ります。
多分、ボクの知る限り「いぶし銀瓦」と「孟宗竹」の組み合わせは世界初でしょうか!?
さあ、どんな巣箱が出来上がるでしょう!楽しみです。

その後、八幡瓦協業組合の山口理事長にご挨拶。
取り付け方法の確認とロゴ(BIRD HOUSE PROJECT 2009)の型押しについて打ち合わせ。
現在、約150個は成形出来てるとの事。6月中旬までに300個でき上がる予定。

その後、かわらミュージアムに戻り、事務所で近江八幡市役所の大西さんと
胴体部分に使用する竹についての打ち合わせ。

先週、地元の営農組合の方々が、西の湖周辺の波口神社の裏の竹やで、
「孟宗竹」を伐採して頂き、同じサイズに切り出し、巣穴まで開けて頂きました。
このように地元の方々が参加して頂く事はありがたいです。感謝しています。

c0102492_213443.jpg



その後、かわらミュージアムの職員の有馬さんと展覧会の打ち合わせ。
7月28日〜かわらミュージアム内ギャラリーにて、
ワークショップで制作された作品の展示があります。
有馬さんとお話ししながら、非常に面白いがアイデアが生まれました。

「Bird Town in 近江八幡」に仮決定。
内容はまだまだ秘密です。うふふ
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-05 21:37 | かわらミュージアム
天冠(狐)上演@山本能楽堂
小鍛冶@山本能楽堂 2009年5月31日(日)

平面の拡張です。

c0102492_1836335.jpg


c0102492_18362011.jpg


c0102492_18363672.jpg



山本能楽堂/HP
http://www.noh-theater.com/

山本能楽堂/ブログ
http://yaplog.jp/noh-theater/archive/669
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-04 18:31 | 展覧会記録
ワークショップ×3@精華大学
今年の3月から打ち合わせを重ね、
学生たちと共に考えたワークショップが間近に迫って来ました。

ここまで学生たちを放任したワークショップは初めての経験。
というか、もうワークショプを超えていますね。イベントというより、
瞬間的な舞台作品であり、インタラクティブな空間に視覚的要素と
音空間が融合した大スペクタルイリュージョンになる予定。

もう誰にも止められなーい。

是非、6月20日 19:00〜@京都精華大学/天ヶ池にて目撃して下さい。

c0102492_1815193.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2009-06-03 18:03 | 精華大学