<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
国際ブックアートピクニックのワークショップ
大阪で1月30日まで国際ブックアートピクニックが開催されているので行く。お昼頃、天満橋で21協会の古谷さんをピックアップ。バリ島からのおみやげを頂く。これで快眠できそう・・・。13時山本能楽堂へ。水の輪の残務処理と総括をよしえさん、古谷さん、琴塚さんと話し合う。その後、能楽堂に遊びに来た、コスタリカから来日しているアーティスト・ロセラさんといろいろお話しする。彼女もブックアートに出展しています。なぜかボクが能楽堂を案内する事に。2Fの道具室を見て頂く。ここはボクのお気に入りのスペース。いつかコスタリカで滞在制作したいですね!

c0102492_4122743.jpg


その後、古谷さんと江戸堀にある国際ブックアートピクニックの展示空間「Calo bookshop&cafe」に行く。この展覧会は、大阪の3カ所で開催されており、中之島図書館、itohen、そしてCaloです。

c0102492_4132517.jpg

本日は、ニューヨークのフランクリン・ファーネス・アーカイブ主宰のマーサ・ウィルソンさんのワークショップを受講するために来ました。テーマは「ディスカッション:アーティスツ・ブックトパフォーマンス」。ボク自身、ワークショップを開催する事の方が多いですが、ワークショップを受講する事がほとんどないのが現状。今年は初心に戻り、色々なワークショップやシンポジウムに参加し、何か新しい感覚やモノ作りの基本的な考えをまとめたいと思っています。

c0102492_4163636.jpg


さてさて、マーサさんのWSです。受講者は定員10人、ボクだけ男子。ほとんどの受講者が何かしら作品を作りながら生活しているアーティスト。18時マーサさんのブックアートのレクチャーがスタート。プロジェクターでブックアートの歴史や作品の時代背景についてお話しして頂きました。非常にポリティカルでコンセプチャルな作品がたくさんあり、実験的な手法で制作する写真、デザインなどが目に引きました。ギルバート&ジョージやブルースナウマンなどの作品もおもしろかったですが、なぜかアンゼルフキーファーの作品が出て来なかったのが逆におもしろかった。マーサーさんは、アーティストが本と言えば本としてコレクションすると言っていたのが印象的。休憩後、各受講者が5分くらいのプレゼンをする事になりました。これがかなりおもしろい!というか皆さんの作品が強烈ですね。ごろごろしたり、のぞいたり、焼いてみたり、塗ってみたり、踊ってみたり、空に浮かばせてみたり、素材を組み合わせてみたり...。何だか日本のアーティストがかっこええやんと思える空間でしたね。ボクはちょこっと羊のプレゼンをしましたが、あまり伝わったのかどうかは別にして、空間と絵本の考えとアイデアがたくさん浮かびました。やはり、このような場でアクションを起こす事によって、得る物がたくさんあると感じました。WS 終了後、色々なアーティストさんとお話し出来る機会もあり、何かつながって行くといいですね!主催をしたNPO大阪アーツアポリアの皆様ありがとうございました。

c0102492_4174732.jpg


WS終了後、古谷さんと此花メジヤへ。水の輪で使用した鉄の支柱やパンチを保管していたので取りにいきました。この此花メジヤは、大阪の数名の若いアーティストたちが制作スペースとして共同で運営してるスペースです。アーティストの三家くんたちが積み込みのお手伝い。ありがとう!その後、みんなとお茶を飲みながら談笑。何かいい感じですね。みんな不安と期待が交差しながら生きている感じがええ!また遊びに行こう!

c0102492_4261073.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-26 23:59
アウトサイダーアート展の打ち合わせ@京都駅
ここ一週間、またまた風邪をひいてしまった。今年に入って2回目の風邪!弱ってますなー。精神的には安定して来たのに、心技体のバランス調整むずかしいこの時期。今朝から「偏頭痛」。無呼吸症候群が原因らしい。あーー調子のいい時の感覚を忘れそうです。と暗い話ばっかりですが、最近、ドローイングもええ感じで描いていまして、変形キャンバスと新技法を思案中。久しぶりにカシューを使ってみようかな!うふふな感じでございます。

さてさて、本日、アウトサイダーアート展のディレクターの西川さん、舞台監督の西田さんと京都駅のカフェで空間構成について打ち合わせをしました。西田さんは2006年のさきらで開催したサファリパークプロジェクトで凄くお世話になった舞台監督さんです。この方が本当に仕事の出来る人で、ボクのイメージを具体的に図面におとしてくださり、スタッフの配置、作業工程など的確に指示出来るスペシャルな仕事人です。本番が楽しみ。

今回の打ち合わせ内容:メモ

●展示空間の変更の確認
●照明のイメージ
●搬入、搬出の段取り
●展示物の補強
●サファリテントの設置場所確認
●吊りもの(ミラーボール、旗)
●備品の買い出し
●ワークショップの内容
●スタッフ関係
●ブルーシートの使用方法&配置
●バックヤードの位置、設営方法

やはり舞台の打ち合わせはおもしろいですね。図面を見ながらあーでもない、こーでもないと意見を交わしながら妄想する瞬間がたまらんです。今回は裏方と表方を行き来しながら全体構成を考えています。簡単なワークショップもしますよ。是非、遊びに来て下さいね。

明日は、大阪で色々な人に会う予定。 ※21協会ー山本能楽堂ー此花メディアスーコスタリカーbookart(ニューヨーク)

c0102492_3184764.jpg

絵画の劇場 2006年 栗東芸術文化会館
[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-25 23:59 | ワークショップ
可児市へ:打ち合わせ&契約
オーケストラで踊ろう!でお世話になる可児市文化創造センターへ。朝から調子が悪く、熱っぽい。車か電車か悩むが、結局車で行く事に決定。京都市内で琴塚さんをピックアップ。今回、彼女は映像チームとして参加する事に決定。チーム名は「SPOT:スポット」です。名神高速ー中央道をひたすら北上。途中、伊吹山がうっすら雪化粧をしていました。c0102492_17242112.jpg



今回の目的は、映像チームが劇場側と契約、WSの日程調整、ボランティアさんの募集要項確認、制作室の備品確認、宿泊施設の契約などなど、事務的な事です。現場到着が15時。かなり鼻水がビロビロで情けない・・。
c0102492_17352215.jpg


事務所で事業制作課の遠藤さんとお会いする。館長室で制作の田北さんと打ち合わせ&契約。その後、制作室、木工室、映像編集室、デジタル工房、録音室、ギャラリーなどを視察。木工室は、あのマシーン、このマシーンも!何でも作れそうな道具が勢揃い。制作室もかなり広いので現場が楽しみです。c0102492_1733256.jpg


c0102492_17334850.jpg


c0102492_1734519.jpg


c0102492_17342188.jpg


c0102492_17344294.jpg



編集室も自由に使ってよいとの事。ノンリニアがんばってください。
c0102492_17382449.jpg

録音室も充実!
c0102492_17384489.jpg

デジタルラボもMAC群!大きなプリンターも完備。もう言葉ないですね。
c0102492_17393431.jpg



その後、愛知県犬山市のレオパレス事務所に制作の田北さんと契約に行く。1月中に契約すると半額セールなのでかなりお得。ボクは劇場に近い2LDKの2階建てマンションを50日間契約(駐車場付き)。スタッフと一緒に共同生活がはじまります。2月から入居、いつでも宿泊可能なのでみなさん遊びに来て下さい。及び、舞台制作スタッフも募集しています。内容は簡単な軽作業とワークショップの補助。お時間がある人はご連絡ください。一緒に素敵な舞台を作りましょう!
c0102492_17494762.jpg



オーケストラで踊ろうのブログ

可児市文化創造センター

大垣市民会館
[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-22 17:06 | オーケストラで踊ろう
映像インスタ演習@精華映像コース
映像コースの一回生の演習。後半クラスの映像インスタレーションです。前半クラスの影響もあり、可能性のある作品がたくさん生まれ、いい意味で今後の映像コースの行く末を感じました。この流れで来年以降もいい作品が生まれる事を切に願っております。ちなみに来期は後期のグラフィック基礎の担当になりましたので、どんな演習にするか現在思考中!では、おもしろかった作品を数点ご紹介致します。

c0102492_16165998.jpg

教室のホワイトボードに画角を調整して映写。映像ソースは、作者の高校の時の授業風景(黒板)。ホワイトボードに文字や図形を書く、時間軸と記憶が対立する緊張感のある映像パフォーマンス。

c0102492_1621672.jpg


c0102492_16262941.jpg

2画面での映像構成。一つはモニターにある地元のお祭り風景を映写。もう一つはそのお祭り風景の映像をカレイドスコープ(万華鏡)で変換し、プロジェクターで空間に吊るされたスクリーンに投影する。見る事を追求した作品。

c0102492_16273426.jpg


c0102492_1634272.jpg

水槽を使用した光と映像の考察。自分の生い立ちの映像(ピアノ発表会、運動会)を水槽の中に投影し、ぶくぶくする入浴剤を投下し、水槽内の変化を観察しました。

c0102492_16353597.jpg


c0102492_1635569.jpg

約6秒のアニメーションを身体に映し出すインタラクティブな作品。かなりおもしろい空間になった。色々と可能性を感じた作品。舞踏とアニメーションのコラボが見てみたい。

c0102492_16385716.jpg


c0102492_16391335.jpg


c0102492_16392994.jpg

ファイヤーダンスをしている実写映像を流す。エンディングの画面に「窓を見て下さい」との言葉がスクリーンに映し出される。観客が窓を覗くと、作者本人がリアルタイムでファイヤーダンスをしながら、中華鍋で「焼飯」を調理していました。その後、この灯油くさい焼飯はみんなで食しました。

c0102492_1647362.jpg

屋台で映像紙芝居&絶叫パフォーマンス。何とも言えない完成度の低い作品でしたが、新しい映像スタイルを構築し、次世代のパフォーマンスアートを感じさせた作品でした。

c0102492_16494718.jpg

森の中に光の移行映像をプロジェクターで投影。ミニマルな音楽とのセッションが美しかった作品。

その他にも、ピアノを演奏しながら映像セッション、映画のエンディングロールを使った映像作品、映像を否定しながら映像の今後のあり方を提案する作品、ゆるすぎてかゆくなるアニメーション作品、プラネタリウムを意識した作品などなど・・・。

これからも映像のある「空間」を意識しながら「強い」映像作品を期待しています。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-19 23:59 | 精華大学
アウトサイダーアート展の打ち合わせ@大津プリンスホテル
アウトサイダーアート展 ~パリ展に行く作家たち~ 2月5日〜7日まで大津プリンスホテルでシンポジウムがあります。これは「アメニティー ネットワークフォーラム4」の関連事業で、「政権交代と障害者の暮らし」をテーマに3日間、ホテルの別館を貸し切って関係者がシンポジウムというか討論する場です。民主党の管さんをはじめたくさんの国会議員が来る予定。政権が変わり、障害者の暮らしを良くする為にどの様な政策が出来るのか?新しい仕組みが出来る事を期待しています。その他にも全国から障害や福祉に関係する方々や知事、大学教授、各メディアの論説委員の方々が話し合う予定です。来場予定者は、約1500人、シンポジウム参加費は¥20.000です。(高い!!)同時開催企画は、びわこアメニティー映画祭2010、アウトサイダーアート展、パフォーミングアートライブ、全国地域生活支援事業大見本市(ポスターセッション)等もあり、かなり充実したフォーラムです。ちなみにアウトサイダー展は入場料¥500で見る事が出来ます。

このアウトサイダーアート展の関連事業のスペースを空間構成するのがボクのお仕事。本日、滋賀県社会福祉事業団の山之内さん(NOMA)とさきらの西川さん、プリンスホテルの方々、アーティストの林加奈さんとプリンスホテル別館2Fフリースペースで打ち合わせをしました。今回は、めくるめく紙芝居の林加奈さんとコンテンポラリーダンサーのしげやん(北村成美さん)のワークショップを裏方でサポートするのがボクの役目。ボクのイメージは移動可能な円形劇場を作る。観客はふしぎな森に迷い、ふしぎな生き物たちをみつけ、彼らとセッションする。それらを3日間で大きな舞台に仕上げる。こんな感じで考えていますが、約1000人規模の人たちの動線を含め、どうのような空間構成になるか非常にむずかしい!後は現場で確認しながらの方法で行く予定。ということで2月4日〜7日まで滞在制作になりました。

メモ
ホスピタルサーカスのDVD(液晶モニター、DVDプレイヤー各3台)
ホスピタルゾウ展示(鉄の支柱10基)
サファリテント設営
サファリテーブル&椅子(100人分)※インパクト3台
旗ワークショップ(ワイヤー吊り)
ふしぎな木を設営
備品確認(養生テープ、ケント紙、ポスカ、ロープ)
ブルーシート2つ

関連ブログ

c0102492_401823.jpg


c0102492_404225.jpg


c0102492_41155.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-18 03:28 | ワークショップ
凧揚げとバードウォッチング@国民休暇村:近江八幡
17日(日)
琵琶湖湖畔にある近江八幡の国民休暇村で凧揚げです。14時集合。まずはじめに琵琶湖に住む鳥たちの生体のお話。それから双眼鏡を持ってバードウォッチング。水鳥はカイツブリ等を観察しました。くちばしの先が白い事も発見!子どもたちも双眼鏡を持ってハイテンション!いい感じでワークショップがスタートしました。

c0102492_2151681.jpg


c0102492_2155241.jpg



さあ!凧揚げ大会です。まずは一連凧を各自揚げます。この日はいい風が吹いていて絶好の凧日和。みんなで揚げるとかなりおもろい!子どもよりも親御さんが楽しんでいる良い光景。

c0102492_218513.jpg



続いて40連の連凧です。初めは2つに分けて揚げました。美しい!空も青空になりみんなテンションアゲアゲです。
c0102492_2192511.jpg


次は、この2つを合体させます。約100mの凧糸を用意しました。こんな感じです。

c0102492_2241137.jpg


c0102492_2243571.jpg


c0102492_2415443.jpg


c0102492_2422757.jpg



最後に修了式!事務局長から子ども達に修了書が渡されました。
c0102492_243538.jpg




いやいや楽しい楽しい凧揚げワークショップでした。初めての連凧でしたが、こんなに面白いとは思わなかった。次回は100連凧と30畳凧を作りたいなー。それと夏頃に星空鑑賞会とナイト凧揚げを企画したくなりました。発光ダイオードを使用し、夜空に美しい星凧が揚がればおもしろい。一緒にクラシックコンサートなんかもいいですね。凧をスクリーンにして寝ながら映画を鑑賞するのもおもろいなー。
c0102492_2303876.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-17 23:59 | かわらミュージアム
連凧作りのワークショップ@近江八幡
昨年から「子ども伝統文化教室」も約15回のワークショップを開催して来ました。鳥の巣箱、水鳥作り、かわら粘土で遊ぼう!、クリスマス会、お茶会、権座でのゲル制作&音楽会・・・。

最終回のワークショップは、「大きな空に絵を描こう!」です。ということで凧を揚げる事にしました。今回は、普通の凧20個と40連の連凧を制作。

16日(土)
かわらミュージアムの制作室で凧に絵を描きます。連凧のテーマは「鳥」。子どもたちと一緒にご父兄の方々も一緒に描きました。
c0102492_232420.jpg


何とも言えないふしぎな鳥たちがたくさん出来上がりました。それから長方形の凧にも描きました。テーマは自由。
c0102492_241968.jpg


c0102492_245856.jpg


c0102492_252956.jpg


c0102492_2114271.jpg

ボクも作品を作りました。太鼓の凧揚げ!?

その後、地元のボランティアスタッフの方々と連凧の連結と凧の仕込みをしました。
c0102492_2404922.jpg



18日に続く・・・。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-16 23:59 | かわらミュージアム
インスタレーション演習その1@精華大学
イラストレーションコース一回生の「インスタレーション演習:進級制作」。今年もいい作品が出来上がりました。2回のプレゼンをした事が、結果的にいい状況が生まれました。個々のオリジナル、作品に対しての思いが空間に表現されています。20日〜から対峰館で見る事が出来ます。一部の作品をご紹介します。

c0102492_1142145.jpg

古い自転車の後部座席に白い箱を設置、小さな穴から2パターンのジオラマ空間を見る事が出来る作品です。移動可能型なので期間中は校内に出没予定。

c0102492_115446.jpg

小さな半円球にいろいろな顔が描かれています。これも空間を移動しながら形態を変化させる作品。素材は樹脂。

c0102492_1212831.jpg

青色の食物を食べるをコンセプトに、パン、卵、飲み物などを食紅で彩色。それらを青い器にのせてセッティングし、食す。

c0102492_1243861.jpg

編み物の作品。大きな赤いミトン(手袋)と小さな赤いミトンを制作。それを作者が身にまとい、他者が毛糸を解く。それらを時系列で記録する。赤い毛糸は大学構内を包み込む。

c0102492_135225.jpg

一枚の額から拡張する絵画の考察。流れと空間を意識し、精力的に自分と向き合った作品です。

c0102492_13735.jpg

約40枚のイラスト(ドローイング)。悩みに悩んで出て来た作品群。

c0102492_138303.jpg

小さな立体作品。空間を意識した作品。表情とポージングが孤独感を表現している。

c0102492_1402623.jpg

白いエッフェル塔。素材は造花。花の都パリを皮肉った作品だと感じた。

c0102492_14224100.jpg

土と鉄で作成した立体作品。展示場所と鑑賞ポイントにこだわりました。

c0102492_1443777.jpg


c0102492_144579.jpg

可動式絵画の考察。エアキャップに着色。新しい絵画の視点のあり方を教えてくれる空間構成になりました。

その2に続く。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-13 23:59 | 精華大学
オーケストラで踊ろう打ち合わせ@公成宅
大学演習後、千本通りにある公成くんと裕子さんのお宅で「オーケストラで踊ろう!」の打ち合わせ。今回は映像で参加して頂くspotの琴塚恭子さんも同行しました。公成くんも忙しく、近畿大で教えていたり、福岡で「旅の道連れ」の公演があったり、休みなしの生活を送っている。この日も、大学の講義後に帰宅。21時からの打ち合わせ。裕子さんの手料理「かす汁鍋」を食す。ごちそうさまです。

打ち合わせメモ
ワークショップの日程決定
映像の内容確認
宿泊関係
全体の構想を確認

今回は琴塚さんと井上陽さんの映像グループが第三幕を演出する。彼女たちにとっても大きな仕事だと思うが、舞台の仕事の方法論等を学ぶいい経験になると思う。いい仕事を期待しています。

ボクの舞台ワークショプも地元の方々と一緒にどこまで出来るかワクワクしています。
21日に宿泊関係と制作関係について打ち合わせ@可児

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像は年末の忘年会の様子@。公成くん&裕子さんのお宅
モノクロームのメンバー、写真家の清水さん、音楽家の山中さん、ソフトパッドの南さん、こときょん&出川、おじかさん、ももちゃん、鎌倉のアンティークショップの店長さん、何かふしぎなメンバーとの忘年会でした。手相を見る&友達コレクションで盛り上がる。

c0102492_3203760.jpg


c0102492_3205530.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-12 23:59 | オーケストラで踊ろう
八木町のとんど焼き
京都・八木町で小正月に行われる火祭りの行事「とんど焼き」
今年は組長なので朝からお手伝いに行く。このとんど焼きは、竹などでやぐらを作り 正月飾りや書初めを一緒に燃やし餅を焼いてお善哉で食べ、今年一年の「無病息災」を祈って執り行われます。 何とも言えない温かいこの行事。火を見ると血の循環がよくなるんです。もっと大きなやぐらを建てて火祭りみたいな事をしてみたいですね。
c0102492_055554.jpg


c0102492_0571277.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-01-11 23:59 | 羊飼いの口笛