「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ボーとしながら考える
桜の季節。毎年、心が病みます。
2010年は「絵を描く」事を中心に動きます。

●メモ(アイデア&願望&妄想)

大きな平面を描く。(空間コラージュ)
大きな絵を動かす。(空間キネスティック)
細長いキャンバスを作る。(ナラティヴ絵巻)
湖で影絵、または水辺で舞台を作りたい。(西の湖ー権座)
宇宙人プロジェクトの準備。(構想5年)
農業とアートを考える。(滋賀と三重)
音と楽譜を使った絵を描く。(美術家としての楽譜考察)
古代のアート。(恐竜関係も)
バリ島に行く。(羊飼いプロジェクトの続き)
ピクニックについて考える(京都橘大学の演習)
体をケアする。(これが一番大事!)
みの虫プロジェクト in 可児(新しい方向性のアートプロジェクトになるかも)
どこかで個展。(誰か紹介してくださいー。)
ある高校で舞台作品を作る。(※詳細後日)
映像作品をつくる。(京都ロケ)
海辺で流木を拾う。(趣味です)
誰かとピクニックに行く!(突然、お誘いします)
琵琶湖で夜のピクニックと夜の凧揚げをする。(映像と光)
口琴を練習する。



ということで、もう暫く妄想期間中です。
現在、舞台美術について美術家の提言を書いています。
28日に滋賀会館の「滋賀会館の放課後」に行きます。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-27 04:17 | 羊飼いのひとり言
夢から現実へ
何から伝えていいのか分からないが、
ゆっくりとこのプロジェクトをまとめたいと思います。
みなさま、本当にお疲れさまです。
そして、ありがとうございます。

c0102492_129115.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-21 12:11 | オーケストラで踊ろう
「オーケストラで踊ろう!」千秋楽@大垣市民会館
さあ!本番の日。ホワイエの準備も万端。朝から受付のスタッフの方々に、終演後の流れをお話しする。(安全面と問題点を話し合う。)
当日パンフレットの豪華さに驚く。トナカイくんが表紙になっていてうれしい!
ようやく「美術」が音楽とダンスの仲間入りが出来た様な気がする。ボクだけ!?
c0102492_282226.jpg


さてさて、ゲネプロやオーケストラのリハ等もあり、会場はてんやわんやな状態です。こちらホワイエチームは、終演後の段取りを話し合ったり、風船の送風実験をしたりしました。パジャマ姿の出演者が会場内をうろうろ。これ自体もおもしろいね!

ゲネプロの様子
c0102492_2195779.jpg


c0102492_2204133.jpg



さて、最後の関門。「ホワイエで音楽を!それもデキシージャズっぽい感じの!」

終演後に観客を見送る時、ダンサーの方々はホワイエに集合して見送るが、オーケストラの方々は参加していない。もちろん楽器の問題や、オケピの問題で移動が困難な事はわかっているが、何か最後に音楽とダンス、そして美術が融合する演出をしたいと考えていました。

前日この件について、さりげなくオーケストラ・ステージマネージャーの福田さんにお願いしてみる。あっさり承諾して頂く。いつも、この人の器の大きさに驚かされるなー。ということで、急遽トランペットの方1名、トロンボーンの方3名が参加してくれる事になった。ありがとうございます。急なお願いなので楽譜がない。でも福田さんが簡単なピアノ曲の楽譜を用意してくださる。楽曲は「A列車で行こう!」に決定。譜面台も4台準備。開場10分前に4人で音合わせ。うわー凄い。初見なのに簡単に演奏出来る。数回練習して問題なしとの事。ボクのキュー出しで演奏を開始する段取り。水鳥の帽子を作っとけばよかった・・・。
c0102492_236246.jpg


c0102492_2365619.jpg

背後の壁画とマッチします。(※練習風景)
c0102492_237931.jpg



17時30分。30分早い開場。自由席なので観客がホワイエ内に列を作る。
c0102492_35072.jpg


さあ!最後のステージ。みんなのダンス、オーケストラの音色、照明、音響、映像、美術が一体となって舞台は華やかに終演に向けて近づく。もう何も言う事はないです。ただ素晴らしい。美しい風景を見ている様な錯覚を覚える。一人一人の顔が見えます。全ての人に対し、感謝の気持ちを込めて観ていました。
c0102492_362152.jpg



さあ!終演です。準備はOK!
みんな定位置につく。観客が続々ホワイエに流れ出る。
出演者もみんなホワイエに集まる。
ばーーぱっぱぱあぱあーー。とホワイエにデキシーが鳴り響く。そこに青い風船400個が上空から降り注ぐ。ミラーボールも回り始める。ここはどこなのか!?何が起こったのか!?うーん素敵な空間。カオス最高です。
c0102492_320491.jpg



最後の片付けを終わったのが22時頃。ボクもこの物語から気持ちよく消えますね。
またこの岐阜で、新しい物語が始まる事を願って・・・・。

c0102492_3344626.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-20 23:59 | オーケストラで踊ろう
大垣公演準備3日目@大垣市民会館
10時30分に劇場入り。
さて、ホワイエの空間作業の続き。

昨日、スタッフの方々が岐阜市の太陽堂さんに「青い風船」を400個買い出しに行ってくださる。このお店は、渡川くんがタウンページで調べてくれる。彼曰く、地元の事はタウンページで調べるのが一番いいみたい。旅慣れた方のご意見ありがたや。かなり味のあるお店です。(写真:尾崎くん)
c0102492_22554115.jpg


この風船を膨らます。友人のアーティスト犬飼美也妃さんの「息」もらうアートワークみたいに色々な方々に息を頂く。以外と風船を膨らますのは体力がいるなー。映像spotさんもご協力。
c0102492_23263848.jpg


出来上がった風船は、筒状のビニールに入れる。このトンネルを2本作りました。
c0102492_23313765.jpg

この送風機でホワイエに風船が舞います。※送風機2台
c0102492_23332214.jpg

この風船は水滴をイメージしていて、可児にあるふしぎな泉と大垣のひまわりの泉に繋がる物語があります。特に大垣は、水が美しい事で知られていて、水をイメージした作品をホワイエで展開したいと考えていました。階段も水滴が流れています。
c0102492_23362845.jpg


さて、終演後、すてきな泉は湧き出るのか!?
c0102492_1524517.jpg

両サイドから風船は吹き出す予定。
c0102492_1532762.jpg



本日、apaホテル泊。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-19 23:59 | オーケストラで踊ろう
大垣公演準備2日目@大垣市民会館
朝から妄想と設営作業。
ホワイエの全体構想もほぼ出来上がる。あとはサプライズをどうするか?可児では出来ない何かを考えないと・・・。
それにしても劇場の仕事は楽しいなー。即興をしながらの設営です!

格子窓に水鳥
c0102492_1214872.jpg

時間帯によって見え方が変わる。
c0102492_1231097.jpg

ふしぎな国旗も増えました。
c0102492_1233798.jpg

古いアンティークの譜面台があったので置いてみる。
c0102492_1244511.jpg

シベリウスの楽譜を置いてみる。
c0102492_1261316.jpg

水鳥の楽団が出来上がる。ペンギンの指揮者もいます。
c0102492_1274342.jpg

観客席を設ける。
c0102492_128154.jpg

こんな感じで「ふしぎな泉」で「ふしぎな水鳥」は素敵な音楽を奏でます。
c0102492_129554.jpg


今回は、演出アドバイザーの渡川くんが全面的にサポートして頂いたので、照明関係もいい具合で空間構成出来ました。まずミラーボール!これは、北海道・帯広でのアートワーク以来、ボクのお気に入り。照明はミニスポット4台、ピンスポ2台、ミラーボール用2台。まず、ミラーボールに投影する水鳥のネタ作り。ホームセンターでアルミ板を購入。絵を描き切り取る。
c0102492_139829.jpg

2種類のネタ、水鳥と白鳥
c0102492_1383561.jpg

ゼラはイエロー。番号忘れた・・。
c0102492_14014.jpg

天井でピント合わせ。これらをミラーボールに投影すると、たくさんの水鳥が会場中に走り回る予定。
c0102492_143579.jpg



この日、可児の宿舎の掃除を予定していたので、制作の松木さんと可児まで1時間30分のドライブ。ちょっと舞台関係でイヤな事があり、松木さんに愚痴を聞いてもらう。大人になりきれないボクでした。

メモ:いい舞台を共有する為には、衝突も話し合いも必要だ。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-18 23:59 | オーケストラで踊ろう
大垣公演準備1日目@大垣市民会館
朝9時に劇場入り、いつものスタッフの面々が忙しく動いている。舞台で簡単な挨拶と各チームのミーティング。まず客席の前4列目まで椅子を取っ払い、オーケストラピットを作る。地元の工務店さんが手際よく設営する。まあ、贅沢なオケピットです。この舞台が終われば取り壊し・・。勿体ない。
c0102492_18132037.jpg


平行して音響、照明、美術の搬入がはじまる。ほとんどの機材をalaから持って来ている。本当に凄い事になってきた。上下の客席に照明の客席アテと音響PAタワーを4台設営。。alaと大垣市民会館の空間や設備の違いはあるが、スタッフの努力で相違ない舞台空間が出来上がりつつある。

ボクの舞台美術も大垣用に調整をする。バトンが重さが150kgまで、飛び切りサイズも約2mを切断する。バランス等も考えながら新しい大垣バージョンを制作する。
c0102492_19244292.jpg

舞台美術スタッフ総出で裏打ちをする。
c0102492_19275524.jpg

少し短くなったが、幅は可児と同じサイズ
c0102492_19285459.jpg


今回、舞台用に制作した「大きなふしぎな木」は、枝がクネクネ動きます。1つの枝に3つの滑車を装着し、ふしぎな動きを表現します。本当は、枝以外に根や幹も動く方法も考えたが、諸問題もあり実現出来ませんでした。ダンサーと一緒に平面作品が踊る舞台。ある一種の平面的なキネスティックアートを目指していました。いつか実現したいです。
c0102492_19302491.jpg


さて、舞台と平行にホワイエの設営をする。まず外回りにキツネや水鳥を放牧。名古屋から澤野さんチームもお手伝いに来てくれ大助かり!!ホワイエの上の格子窓に水鳥を設置したり、ふしぎな国旗、ふしぎな泉もスムーズに出来上がる。
c0102492_21403963.jpg

ひまわりの壁画とのコラボ!
c0102492_21575089.jpg


夜から照明の準備。ここでも美しくホワイエを彩る明かりを考えている。まずは、ふしぎな鳥のBOXに明かりを入れる。壁画のサムライとのミスマッチが素敵。
c0102492_22304015.jpg



22時作業終了。大垣駅前のapaホテルに泊まる。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-17 23:59 | オーケストラで踊ろう
移動日ー京都ー大垣
朝から洗濯。眠たいので昼寝、また洗濯、そして寝る。それにしても眠い。
明日は劇場9時入り。朝6時に出れば間に合うはず。それにしても眠い。c0102492_1504493.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-16 02:59 | オーケストラで踊ろう
移動日ー可児ー京都
2日目の公演終了後、劇場で可児ー大垣交流会、夜は中締めの打ち上げが居酒屋であった。プリン体の食物を食べる事が出来ないのが辛い・・。衛さんの乾杯の音頭。締めは坂本公成くん。その晩は、音楽家の山中さんも合流。我が家で笑いの絶えない最高の夜を過ごす。公成くんのふしぎなダンスや「AM2:00の謎」も解けてよかった!ゆうこさん笑い過ぎ・・。

次の日、13時から劇場で、大垣行きの作品の積み込み。その他、必要のない荷物は、ボクの車に積み込む。
c0102492_235860.jpg


c0102492_2352296.jpg



この水鳥スタジオもしばしお別れですね。素敵な思い出がたくさん詰まったスタジオにご挨拶。
c0102492_2364132.jpg


夜18時可児を出発、spotの琴塚さん&出川くんと雨の中、京都の京北スタジオへ。途中、山科で天下一品を食す。スタジオで荷を降ろし、自宅に戻ったのがAM3:00ーー。お疲れです。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-15 23:59 | オーケストラで踊ろう
「オーケストラで踊ろう!」中日@可児市文化創造センター

本日はお日柄がよく公演日和。
c0102492_133670.jpg

こちらもワークショップ日和。
c0102492_15489.jpg

本日は中日(なかび)13:30開場ー14:00開演
c0102492_113553.jpg

バグマツキも子ども達に大人気
c0102492_146255.jpg

これも新しいワークショップ、どんどん遊びが生まれます。
c0102492_1491784.jpg

ゲイルさんたちも本日イギリスに帰国。何を感じたのかしら・・・。
c0102492_154122.jpg

中日(なかび)終了!2Fの上手側から見る。子ども達の笑顔がよかった。これは昼公演だからなのか!?昼間のパジャマもいいね。全体の感想は後日。
c0102492_1553041.jpg


終演後、舞台、ホワイエ、広場で「バラシ」スタート。ここからが僕らの裏舞台。まず舞台上の生き物を制作室に運ぶ。水辺の水鳥たちも出来るだけ早く撤去する事を指示。夢の世界を持続する為に必要な演出。さあ。水鳥が大垣へ旅立とうとしています。
c0102492_23559.jpg


20日の大垣公演の為、荷造りも急ピッチで行う。ボランティアスタッフの方々がたくさん応援に来て頂き感謝です。うるうる・・。
c0102492_233065.jpg

最後の積み込みが終わって記念撮影。このトナカイは可児の森に放牧する事に決定。
陶芸家:山崎さんのスタジオに行けばいつでも会える事でしょう!
c0102492_254136.jpg

中締めとして、お疲れです。
さあ、17日から大垣の設営です。何作ろうかな?現地で考えよう!
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-14 23:59 | オーケストラで踊ろう
「オーケストラで踊ろう!」初日@可児市文化創造センター
9時劇場入り。いつもの様に珈琲の香りが制作スタジオに漂う。
ホワイエの準備をしながら、搬出の準備も平行して行う。昨日からスタジオの掃除も始めて、ここでの作業は明日で終了。約一ヶ月前、ここから物語を具現化する作業が始まった。本日、素敵な物語が始まります。

本日公演前のスペシャルワークショップは、劇場の円柱の柱が「磁石」になっている事を着目。青い磁石を使い、転がしたり、重ねたり、引っ付けたりして遊んだ。磁石の動きがおもしろい。この方法論を使い、新しい磁石ワークショップが出来そうだ。今回は、ブルーシートを水滴型にハサミで切り取り、雨の動きをコラージュしました。
c0102492_13843.jpg


ここ3週間、ほぼ毎日ワークショップをしてきたなー。(休館日除く)いつ訪ねて来るかわからない参加者の為に、毎朝10時から制作スタジオはOPENしていた。今回もたくさん作った。そして今日も作る。
最年少サポータのマハ。姉のアナと一緒にたくさん絵を描きました。ふしぎな神棚も作ったね。
c0102492_23105096.jpg


朝一番目のWS参加者は、Mさんの娘さん。赤が好きでやさしく塗りつぶしていました。純粋な気持ちが一番美しい。
c0102492_23152451.jpg


c0102492_23154454.jpg


本日は公演初日ですが、ボクは大垣公演までは作り続けます。全公演が終了したら、「なぜ作る続けるのか?」をゆっくりとお話し致します。ボクの舞台はここなのです。

ホワイエでランチピクニック。※spotさんも一緒
c0102492_2323445.jpg

アナが特性キャロットケーキを作ってくれた。
c0102492_23251917.jpg

こちらもパジャマでお食事!?
c0102492_23261126.jpg

こちらもパジャマの子ども達が・・・。c0102492_23271196.jpg

ここはカオスの世界。舞台が始まっている・・。!?
c0102492_23283996.jpg

ふしぎな世界です。ボクはこの空間が好きです。
c0102492_2329042.jpg

別に何も演出がないのにおもしろい。みなさんパジャマ姿で休憩していました。ここを意識して舞台に繋げる事も一考あり。

14時からゲネプロ。緊張しているのかわからないが全体的によくなかった。舞台演出の渡川さんと少し話す。彼曰く、大概のゲネはよくないよ!っと・・。そうなのか・・・。凄く心配だ・・。
そして17時30分、緞帳が開く。ボクは全体を見渡せる3F席に着席。
c0102492_2333281.jpg


初日終演。ゲネの心配をよそにすばらしい舞台公演だった。よくも約150名の市民ダンサーとオーケストラとの舞台公演が出来たなーと思う。でも、同時に何か物足りなさも感じた。本当に大成功のプログラムなのに、何か足りない。何か・・・?ボクが美術家だから感じてしまう何か!

公演の詳細に関しては、大垣終演後に記載しますが、一つだけ言える事は、舞台と観客との境界線。ここを見極める。
c0102492_2336185.jpg



中日に続く・・。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-03-13 23:59 | オーケストラで踊ろう