「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
「おさるさん」ワークショップ@上高尾
三重県の上高尾にきました。気持ちいい風、やさしい清流の音がお出迎え。
10時30分、事務局の谷浦さんと上高尾交流広場で合流。早速、イベント用の資材などを積み降ろし。今回は、テーブルを9台、丸椅子20個、羊12頭、トナカイ、キツネ、バク、アリクイ、カラス100羽、彩色道具一式等を持って来ました。

c0102492_1942666.jpg


12時 元気な上高尾っ子の兄弟がやって来ました。ワークショップ開始は13時だったのに・・。彼らのワクワク感が伝わりますね。最初におサルさんのお話をしました。そうしたら、彼らはおサルさんの歌を歌いはじめました。で、車の中に木琴が入ってたので一緒に「おサルさん」の演奏会開始です。何だかいい感じでスタート。ウキウキ。

まず、ベニヤにおサルさんの絵を描きます。彼らにとってサルは、とても身近な生き物です。どんなおサルさんが生まれるのかしら!?
c0102492_1955640.jpg

描いたおサルさんをジクソーで切り取ります。
c0102492_19164516.jpg

近所の方も覗きに来ました。
c0102492_19173728.jpg

13時、2人の兄弟が遊びにきました。おサルさんを描きます。
c0102492_19181270.jpg

谷浦さんもバリ取りのお手伝い。
c0102492_19185929.jpg

次は、ベージュ色のペンキで下地塗りです。
c0102492_1920424.jpg

次に、あまった板きれで変な生き物をつくります。
これがかなりおもしろい!ある子が「何だか神様みたいー。」と言いました。なるほど「神様」ね!ということで、急遽「上高尾の神様」作りのワークショップ開始です。
c0102492_19213220.jpg

おもしろいですね。
c0102492_19251765.jpg

この「神様」は、上高尾の水源地に設置する予定です。こども達が作った神様が水を守る神様に変身です。いいワークショプが生まれましたね!7日のイベントでお披露目!
c0102492_19253666.jpg

さて、急遽こども達と一緒にキツネ、トナカイ、バク、アリクイを田園に設置する事にしました。小雨の中、「あそこがええ!」「ここがええんちゃう?」と話し合いながら場所決めしました。これも大事なワークショップです。
c0102492_2118408.jpg

岩城さんもお手伝いに来て下さいました。
c0102492_21171980.jpg

かなり風景に馴染んでいます。いい宣伝になりますね。
c0102492_21203549.jpg

地元の方も「おもろいなー」「こりゃええわ!」と喜んで頂けました。
c0102492_2121359.jpg

最後に八百万の神様と一緒に記念撮影です。
c0102492_2122598.jpg



本日、何も考えずに上高尾にやって来ましたが、かなりおもしろい作品が生まれました。おサルさんも12頭出来上がりました。これは6日にボクが仕上げる予定です。設置場所は、バス停乗り場の屋根か木の上などを考えています。それと「神様」が自発的に生まれ、彼らのアイデアでどんどん広がった事が大きな収穫です。そして、たくさんの地元の方々と交流しながら制作出来た事が何よりも感謝です。静かでゆるやかな上高尾時間を満喫したワークショップになりました。皆様、お疲れさまです。

谷浦ハウスを訪問
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-31 21:59 | 上高尾アートプロジェクト
上高尾 農+ART+人 「おさるさんワークショップ」
明日、三重県伊賀市にある上高尾で「おさるさんワークショップ」を予定しているので、実家があるお隣の名張市に来ています。

本日、京北スタジオでワークショップの準備をして自宅に戻る道中、色々な生き物に出会いました。さる、しか、たぬき、いのしし&うりぼう、いたち・・・。森の生き物が勢揃いです!

それにしてもこの時期は、里山や民家まで下り来て、農作物に被害を与えている生き物も多いと聞きます。人間と動物が共存出来る世界は可能なのでしょうか!?最近では「クマ」が人間に襲う事件も連日ニュースで流れています。本当にむずかしい問題だと思いますが、何だか人間を中心に考えすぎではないでしょうか?

クマにも言い分がある!?「なぜ、クマは人を襲うのか!?」ではなく、彼らの住む森に何かあるのではないでしょうか?もしかしたら、彼らが僕らに何かを知らせる為に里山に下りて来たのでは?何か警告しに来たのでは?と色々と考えています。ボクの住む町でも「アライグマ」が異常に繁殖して、農作物に被害を与えています。でも、なぜ、日本に生息しないアライグマが...。

昨今、生物多様性の問題が注目浴びています。広い意味で「人間」と「野生動物」が共存出来る社会を作るために、人間は立場を超えて連携していく事が大切だと思います。

さて、明日は11月7日に開催される「淀川流域ノラおこしプロジェクト:上高尾 農+ART+人」の勝手なプレイベント「おさるさんワークショップ」を開催します。これも先ほど記述した「獣害」の問題を美術の立場から提言しようと試みています。上高尾でもサルが農作物に被害を与えると聞きました。で、ボクが考えたのは、「サルには去る」、そうです、サルに対してサル(平面作品)を作ろうと考えました。サルは縄張り争いが激しいと聞きます。もの凄く強そうな「ボスザル」を作って、その周辺にサルの群れを配置する事で、彼らは農作物を荒らさないのでは?と思っています。素人の浅知恵かもしれませんが、地元の人と交流しながら楽しいふしぎなサルを作りたいと思っています。

実家に展示してある「羊男/2004」。ちゃぶ台をキャンバスにした作品。
久しぶりに自分の絵画を見て感動。やっぱり絵が一番説得力ありますね。
c0102492_2242757.jpg
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-30 23:59 | 上高尾アートプロジェクト
asobu@京都橘大学
眠れない日々が続いています。本日、自宅で来年のプロジェクト等の企画書作りをしています。この時期は「助成金」シーズン。各ジャンルの担当者の方々もパソコン前でカリカリしてるのでは!?のんびりおいしい珈琲でも飲みましょう・・。

来年は、いろいろな空間で五感を感じる「音風景」を企画しています。現在、それぞれの「音」の点と点を繋げる作業。出来る限り離れた音との関係、そして流れる「日本情景」と「音」との関係をテーマに妄想中!!

もう一つ、水と生物多様性についてのプロジェクトも同時進行で考えていて、「渡り鳥」「葦」「源流」をキーワードに何か生み出したいですね。こうして空想している時が一番楽しいです。

そうそう、最近「想」について考える。妄想だったり、空想だったり、幻想だったり、夢想だったり、人は心の中でイメージします。

僕らアーティストは、日々「想」しています。これは一種のアートトレーニングで、デッサンをしたりするのと同じで、日々このトレーニングをしないと「発想」は生まれないと思っています。もちろん「才能」や「センス」という考え方もありますが、ボクの考えでは、この「アートトレーニング」を実践する事で、センスも向上し、普段見えないも物を見る事ができ、突拍子もないふしぎなアイデアが生まれると思っています。ナチュラル・ハイをずっと維持するのも大変ですが、それぞれのオリジナルなトレーニングを見つけるのもおもしろいですよ!ボクのトレーニングは秘密よ!

昨日、京都橘大学の「ピクニック」演習をしました。テーマは「asobu/遊び」。

まず、大垣ビエンナーレで上映した新作映画「羊飼い物語 新宿2009ー大垣2010」バージョンを説明しながら見せる。上映後、映画のお話、旅のススメのお話を約30分ほど..。

c0102492_15153987.jpg


さあ!遊びのお時間です。この児優館の201教室は、児童教育学科と併用していますので、かわいいボールや積み木があります。これを使ってどうしたら楽しく遊べるのか?みんなで考えました。段ボールとロープとテープがあったので、2チームに分かれて「タマイレ」をしました。タマを黒い段ボールに投げ入れ、他のチームは「タマヒロイ」。かなりシンプルな遊びです。結果、Aチーム「26個」、Bチーム「41個」。圧倒的にBチームの勝利!!
c0102492_151687.jpg


その後、なわとびをしたり、積み木で遊んだり、空間を使って遊びを考えました。これも一つも脳トレです。身近な物で遊びを考える事で、色々と発想が生まれると思っています。これがボクの演習です。
c0102492_1521453.jpg

学べる教室です。
c0102492_15211861.jpg



遊んだ後に、感想文を10分書かせる。かなり集中して書いていましたね。これも発想トレーニングでしょう。100mダッシュを2本して、子供と砂場で遊んで、走り幅跳びをした後、難解な数学を解く。これも使えるかも..?そろそろお昼寝します。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-29 15:37 | 京都橘大学
影絵演習@精華大学イラスト
最近、寝言で何回も起きる。しかも、かなり大声で叫んでしまう。
今日の名言「なんでやねん」「なにやってんねん〜」「あっ〜〜あぶない」
うーん、うなされていますね。

さて、本日は精華イラスト「影絵」演習の初日。まずはじめに、先週の学外演習した「仮面でジャポニズム」の画像と映像を見ながら色々なお話をしました。いやー客観的に見てもかなりおもしろいですね。それぞれのエピソード話で大盛り上がり。

さてさて、影絵です。まず昨年の学生が制作した影絵作品を鑑賞。

c0102492_1405923.jpg


そして、恒例のグループ分けをします。今年はあみだクジではなく、くじ引きスタイルを選択。席替えをするみたいに彼らに緊張感が走ります。ドキドキ!新しいメンバーとの共同作業、しっかり話し合い、自己主張しながら他人の意見を聞く。この世界では大切な能力です。

くじ引きの結果、7チーム(※、各5〜6名で1チーム)にな分かれ製作する事になりました。グループで作る楽しさ、むずかしさを体感しながら一つの作品に向かって作る喜びを感じて下さい。今演習は、影絵を基本に、映像、照明、音響、パフォーマンスなども入れながらオリジナルの舞台作品を作る事を目標とします。

c0102492_141385.jpg


チームに分かれ、チーム名、リーダを決める作業から開始。そしてイメージを共有しながらミーティングです。さあ!どんな物語が生まれるのでしょう!本番は12月の2週目を予定。

c0102492_15153100.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-27 23:59 | 精華大学
デスクワークとみのむしダンスの練習風景
精華映像コースの演習「遠足」2週目。本日は、デスクワークの日。事前に撮影された写真を手作業で切ったり、貼ったり、重ねたりして編集します。パソコンでクリックすると、簡単に画像が編集出来る時代に、手で何かを生み出し、創造する喜びを感じる事が大切だと思う。いや本当に思う。

さてさて本日は、彼らのデスクに注目。この空間もクリエイターとして大切な聖地/整地。

c0102492_0112044.jpgc0102492_011513.jpgc0102492_0113838.jpgc0102492_0123734.jpg


c0102492_01485.jpgc0102492_0135579.jpgc0102492_0134083.jpgc0102492_0125576.jpg


c0102492_0153037.jpgc0102492_015599.jpgc0102492_01450100.jpgc0102492_0162942.jpg



個性が出ていますね。でも、もう少し整理整頓しましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


演習終了後、ミノムシメンバーがダンスの練習をしていたので覗きにいく。
c0102492_0414353.jpg

先日の舞台で使用していた照明BOXが・・・。
c0102492_0443475.jpg

ボクがロープとビニールを提供すると・・・。
c0102492_0452762.jpg

彼らは遊び出す。
c0102492_046998.jpg

洗濯バサミもこんな感じ。
c0102492_0462586.jpg

なるほど・・・。
c0102492_0464239.jpg

うんうん・・・。
c0102492_0465741.jpg

ふむふむ・・・。
c0102492_0472571.jpg

これも使える・・。
c0102492_0474022.jpg

おっ・・・・。
c0102492_0475441.jpg



何かが生まれる瞬間に立ち会える喜び・・・幸せです。
このプロジェクトは来月開催予定!ご期待下さい。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-26 23:59 | 宇宙人プロジェクト
人形劇団クラルテ「サーカスのライオン」
近所の小学校で「人形劇団クラルテ」さんが公演すると聞いて見に行く。
演目は「サーカスのライオン」。

いやいや、かなりおもしろかったです。
人形劇、影絵、楽団、パフォーマンスを融合した構成。
劇団創立60年周年の実績。非常に勉強になりました。

人形劇団クラルテ

c0102492_152215.jpg


c0102492_1523964.jpg


c0102492_1525417.jpg


c0102492_15394.jpg


[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-25 23:59 | 羊飼いのひとり言
~光と照明による能舞台の陰翳~ 安達原@山本能楽堂
昨日、大阪の山本能楽堂で~光と照明による能舞台の陰翳~を見に行きました。演目は、安達原(あだちがはら)。実験的に「能」と「光」がどのように空間に映るのか..、非常に興味深く拝見させて頂きました。照明は、ダムタイプで照明のディレクションをされている藤本隆行さん。ボクの尊敬している照明家の一人で、この光の企画で、能の魅力を引き出し、自然光、屋外能についてのあらたに光の定義が出来ると信じて藤本さんをご紹介させて頂きました。いやー、ボクが想像してた以上に、最高の光を能楽堂に灯して頂きました。

茶室が照明ブース。
c0102492_12132915.jpg


12時 開場
能楽ファンの方々がお気に入りの席に座り、演目のイメージを舞台に注ぎます。
c0102492_12134988.jpg


13時 ご挨拶
山本章弘さんが「能」についてわかりやすくユーモアたっぷりにお話しして頂きました。演目の「安達原」のストーリも詳しく解説して頂き、初心者の方もこれを聞くと「能」のおもしろさが充分伝わるのではないでしょうか!観客が眠たくなるポイント、「前シテの糸巻き」シーンも教えて頂きました。

13時30分 開演(ここから光について)
暗転になり、日差しが入るように徐々に明るくなる。樹々のこぼれ陽光、やさしく弱く光の軌跡がゆらめく、言葉のない光、演目の流れと光の動向が美しく交差します。鬼の面がこんなにも怖いとは思わなかった。これほど舞台に集中し、緊張感のある照明は見た事がないです。何事もなかった出来事を自然に映し出す力。本当に凄いです。本当にプロフェッショナルな仕事を目の当たりにして、言葉が出ない。

光を消して光を生かす。

c0102492_1214112.jpg



14時30分 終演 質疑応答 ご挨拶(山本章弘×藤本隆行)
2人の愉快なトーク。なっなんとお二人は同じ年齢・・。50歳最高です。知らなかった。ある白髪のご老人から照明についてお褒めのお言葉を頂く。素敵な言葉は胸にしみます。

c0102492_12241393.jpg


15時30分 舞台バラシ
kinseiさんとお話をしながらお片付け。ダンサーの今村くんもお手伝いに来て下さる。
c0102492_1225592.jpg



舞台裏で「能面」を見せて頂く。江戸時代に作られたらしいです。内側が漆塗り。
近くで見ても鬼の面は怖いです。
c0102492_12291731.jpg


c0102492_12294124.jpg


22日は諸事情で舞台を見る事が出来なかったのですが、演目は「葵上」。ここでは、LEDの効果を生かした照明セッティングをされたと聞いています。赤の上に赤をのせる。
詳しくは山本能楽堂・オフィシャルブログにて


本当に素敵な一日でした。
kinseiさんありがとうございます。次回は「水の輪」をよろしくお願い致します。
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-25 12:38 | 山本能楽堂
ふしぎな生き物を作ろう!@亀岡アール・ブリュット
いいお天気!さあ!楽しいワークショップの日です。
9時45分入り、スタッフのみなさんにご挨拶後、ふしぎな生き物の作り方の説明をする。今回は、役所の方々や施設の方々、そしてボランティアスタッフの方々がたくさんお手伝いに来て下さる。本当に感謝です。

10時 ワークショップ開始。ボクのワークショップは、基本的に自由なスタイルでモノ作りを楽しんで頂く事に重点を置いていて、制作時間も出来る限り無制限で対応していています。

早速、予約をして下さった参加者の方々が続々と来られる。個別に対応しながらゆるゆるスタートしました。まずは、気に入ったパーツを3つ選びます。それにポスカやクレヨンで彩色します。そして、それらを自由に組み合わせふしぎな生き物を作ります。(※パーツはどんどん増やしてもOK)
c0102492_142179.jpg

「パーツの海エリア」と「制作の湖エリア」に分け、物語は進みます。
c0102492_151884.jpg


スタッフは、ブルーシートを切って、色々な魚やへんな生き物を作ったり描いたりしました。これは市の職員の方が描いた「メダカの大群」です。
c0102492_183755.jpg

この魚もかわいい・・。
c0102492_116579.jpg

会話もはずみます。
c0102492_1183164.jpg

集中力のある絵画力。
c0102492_1193762.jpg

親子のコラボ作品。
c0102492_120244.jpg

最初に出来上がった「ドラゴン」かっこいいです。
c0102492_1164478.jpg

どんどん「ふしぎな生き物」が出来上がりました。
c0102492_1112443.jpg

日本地図の大好きな作者。北海道noパーツを探すのに苦労していました。マラソンをしながら親子で旅をしています。本日は9号線を走って来たらしい・・。素敵です。
c0102492_1232545.jpg

絵画の力を再確認。
c0102492_1282243.jpg


お昼から照明を調光し「夜のワークショップ」に演出。音楽もシベリウスに..。
c0102492_1291877.jpg

ふしぎな「カニ」。
c0102492_130512.jpg

スタッフも一緒にいろいろな生き物を作りました。
c0102492_1312438.jpg

出来上がったふしぎな生き物は、エントランス前に仮展示しました。
c0102492_1323763.jpg

15時 ワークショップ終了。移動の準備です。
c0102492_133569.jpg


今回、ガレリアかめおかで制作した生き物を、車で約15分の「丹波国分寺跡アートスケープ会場」で設営して展示する新しいワークショップスタイルです。という事で、ボクの車に作品を慎重にのせ、現地へ向かう。先日、設営した羊さんとバトンタッチ!早速、ふしぎな丘にふしぎな生き者を空間構成しました。スタッフの方々も馴れない「かけや」を使って杭打ち、色塗り、ビス打ちをして頂きました。
c0102492_1372978.jpg

約1時間30分の設営作業!約40体のふしぎな生き物が集合しました。
c0102492_1395194.jpg

裏側のシルエットも必見。
c0102492_1405732.jpg

何ともいえないふしぎな空間が生まれました。丹波国分寺跡アートスケープは明日まで開催していますが、このふしぎな生き物は、10月31日まで展示しています。

みんなでほっこりカフェでお茶。
c0102492_1414778.jpg

美しいランタンの灯群
c0102492_145355.jpg


c0102492_146371.jpg

ライトアップされました。
c0102492_1462188.jpg



かしのきで入所されている方々と制作したパーツを、みずのき空間で展示する。これがボクが考えた亀岡アール・ブリュットです。みなさま、楽しい一日をありがとうございます。そしてお疲れさまです。また何かつくりましょう!

明日は、大阪の山本能楽堂で~光と照明による能舞台の陰翳~、安達原(あだちがはら)を見に行きます。その後、舞台バラシ。kinseiさんの照明と能がどのように覚醒されるのか・・。

ふしぎな生き物図鑑
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-23 23:59 | 亀岡アール・ブリュット
丹波国分寺跡アートスケープと亀岡アール・ブリュット
午前、自宅でワークショップの準備。午後、京北スタジオで積み込み作業。
その後、亀岡駅でスタッフの中川くんをピックアップ。丹波国分寺跡アートスケープに行く。

空間、時間、距離の使い方が非常に良く、風景を見ながらアートを楽しむ空間に仕立て上げられています。昼は、ほっこり田園でぶらぶら。夕方から会場がやわらかい灯に包まれます。

受付を済まし、まず丹波国分寺の本堂でどでかい赤い物体を発見。これはアーティストの山岡敏明さんの「グチック/GUTIC」です。いやー大きさと色彩に圧倒されます。美しく悲しそうな本堂。芸術のおもしろさを再発見しました。山岡さん凄いね!!

c0102492_21552478.jpg

なぜか笑ってしまうぐらい立体力がある。
c0102492_2156725.jpg


本堂のあぜ道を歩くと、みずのきアトリエでプロデューサーの宮下さんが描いてられた大きなバルーンが目に飛び込んできます。かわいいですね。ふわふわと亀岡の田園風景にマッチしています。

c0102492_2202897.jpg


このバルーンの下の家屋で、みずのきアトリエ所属のアーティスト山崎 孝 さんの「タカシ特集 」(コーディネイト/宮下 忠也) が展示されています。これも凄いです。絵画の強さを再確認。丸いマルイまるい!!ちなみに2つのバルーンは孝さんの絵画イメージをデザインしています。

c0102492_225214.jpg

窓からの風景。
c0102492_2255096.jpg


あぜ道沿いにポツポツふしぎなランタンが設置されています。
c0102492_2232226.jpg


これは谷本 研さん × 森 太三さん × みずのき畑チームのコラボ作品「ヤオロズノホコランタン」です。ワークショップで制作されたランタンを、本日から明後日の24日までライトアップされています。水が張られた田に、ランタンが静かに鎮座しています。明日見に行こう!

c0102492_22124971.jpg


最後に、細い道を通りお花畑を過ぎると...素敵なカフェがありました。何とビニールハウスの中で営業されていました。素敵すぎます・・。

c0102492_22165899.jpg

かわいい看板。
c0102492_2218283.jpg

コーヒうまいです。¥50、その他にクッキーも全て¥50
c0102492_22182075.jpg

ランタンワークショップもここで行われていました。
c0102492_22183854.jpg


何とも言えない心地いい空間。スタッフの方々と楽しいお話をする。明日も行こう!帰り際、スタッフの方におにぎりとお茶を頂く。ありがたや。このイベントのボランティアスタッフの方々は、市役所、福祉施設、地元の方が中心に運営されていて、とても丁寧で温かいおもてなしを受けました。これって本当に大切な事で、どんなにイベントがおもしろかっても、対応一つで気分を悪くして帰られる方もいるのも事実。畑のど真ん中に大きなパラソルを立て笑顔で誘導して下さるおじさんが全てを物語っています。いいアートプロジェクトです。24日まで開催されています。(〜19時)素敵な空間と時間がここにありますよ。是非!!

18時 明日のワークショップの準備を「ガレリアかめおか」の2F大広間で行う。亀岡市役所の吉田さん、桜井さんと職員の方がお手伝いに来て下さる。本当に感謝です。いつものようにWSテーブルをセッティング、椅子を配置、ブルーシートを切り取る。じゅうたんの色がサイケデリックな感じがおもしろい。でもWS会場としては不向きです。今年2月に大津プリンスホテルでイベントを開催した空間に似ているのでイメージしやすかった。照明をさわってもいいとの事。明日いろいろと仕掛けよう!

c0102492_22432586.jpg

可児市で作ったふしぎな水鳥も連れて来ました。今年3月に開催された「オーケストラで踊ろう!!」の同窓会が、明日23日に可児アーラで開催されます。ボクは参加出来ないので「水鳥さん」と「ボク」の同窓会をします。
c0102492_22444323.jpg

あやしい森の中。どんな物語、生き物が生まれるのでしょう!
c0102492_22445985.jpg



明日は10時から会場で何か作っています。ふしぎな生き物を作りに来て下さい。15時から丹波国分寺跡で作品展示しています。

明日、ここにふしぎな生き物が登場!!その前に羊くんで場を温めています。
c0102492_012415.jpg



亀岡アール・ブリュット

◆日時:10月17日(日曜日)~23日(土曜日)
    午前10時~午後6時 (23日は午後4時まで)
◆場所:ガレリアかめおか2階大広間

ガレリアかめおかのアクセス

●展覧会最終日にはワークショップを開催します●

◆講師:井上信太(アーティスト)  
◆要予約、参加無料
1.「みんなでふしぎな生き物をつくろう!」
時間:10月23日(土曜日) 午前10時~正午、午後1時~3時
場所:ガレリアかめおか2階大広間(展示会場の隣)

2.「みんなでふしぎな生き物たちを展示にでかけよう!」
時間:10月23日(土曜日) 午後4時~6時
場所:丹波国分寺跡

丹波国分寺跡アートスケープと亀岡アール・ブリュット、この同時開催の2つのイベントは宮下忠也さんがプロデュースしています。
丹波国分寺跡アートスケープ
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-22 23:44 | 亀岡アール・ブリュット
空間デザイン演習「音楽ピクニック」@京都橘大学
曇りのち小雨。楽器を積み込み橘大学へ。
本日は「音楽ピクニック」。楽器の積み降ろしをえっちゃんとルカッペがお手伝い。いつもありがとう。

本日は小雨という事で、音選びはNorah Jones、学生のリクエストでJack Johnsonも流しながら教室を温める。はじめに楽器の紹介と実演。ジャンベをポコポコ叩き、口琴をビヨヨ〜ンと奏でる。次は倍音(ホーメイ)やガムラン等を流しながら民族音楽について話す。その後、JAZZ、ブルース、ロック、邦楽音楽についてもちょっと話す。

c0102492_23192162.jpg


その後、2006年に栗東芸術文化会館さきらで開催した「サファリーパークプロジェクト in 栗東」のDVDを見ながら、コミュニティー、ボランティア、アート、音楽、ダンスについて話す。

最後に、先週分の学生達のピクニックアイデアを紹介。
ここで60分経過。残り30分で即興演奏会を開催する。

まず好きな楽器を選ぶ。今回は、ジャンベ×2、ガムラン、スネアドラム、コンガ、木琴、鉄琴、マラカス、カスタネット、りん、タンバリン、ミニアコーディオン、羊の鳴き声缶等々。円になって自己紹介がてら一音ずつ奏でて音遊び。

c0102492_22583959.jpg


その次、即興で作曲する。まずジャンベがドン、ドンと低音で入る、そしてスネアとマラカスが裏打ち、その音に反応してコンガがトントン。そしてガムラン、鉄琴がミニマルなメロディーを奏でる。そして、次々と拍子の間に音入れ。即興アンサンブルが出来上がりました。そして一音すつ消え、最後に羊の鳴き声で終了。打楽器を中心に曲を作りましたが、学生達のリズム感の良さにびっくり。

c0102492_2312221.jpg


最後に、今年7月に橘大学の校歌が出来たらしいので、それを聞きながら校歌とセッションしました。結果微妙・・・。むずかしいアレンジです。次回は屋外でピクニック演奏をしたいですね。

こちらから京都橘大学の校歌を聴く事が出来ます。

来週はピクニックレポートの日。

演習終了後、めくるめく紙芝居について、えっちゃんとルカッペと打ち合わせ。何となく見え隠れする問題点・・・。新しい方向性を示して行きましょう。映画制作もいいですよ!

亀岡へ、亀岡アール・ブリュットの展覧会を見る。受付で即興口琴ライブをする。お客さん3人。カエルの歌をみんなで合唱!楽しかった。

さあ、明日は23日に開催するワークショップの為の設営です。(18:00〜)
[PR]
by shinta_inoue | 2010-10-21 23:35 | 京都橘大学