「幸せの太鼓を響かせて ~INCLUSION~」公開
僕の兄(時勝矢一路)が音楽監督をしている映画が公開されます。
知的障害のある人々が地域社会の中で、和太鼓を通してプロの集団になっていくドキュメンタリーです。出演もしているので是非、鑑賞してくださいませ。
c0102492_4331781.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すべての音色が調和するとき
世界はきっと今より美しい。

職業を持ちたい。家族を持ちたい。
普通のことなのに、遠い夢だった。
知的障がいがありながら全国2位に輝いた
プロの和太鼓集団の感動の記録。

"INCLUSION(インクルージョン)"とは「包み込む社会」のこと。長崎県のコロニー雲仙では、知的障がいのある人々がごく普通の地域社会で、周囲の協力を得ながら自立して暮している。そこでリハビリ的なクラブ活動として始められた和太鼓奏者「瑞宝太鼓」は、ひたむきな練習によって次第に技術を磨き、プロの団体となる。そしてその実力は2010年第九回東京国際和太鼓コンテストで見事優秀賞(第2位)に輝くまでになる。
これまで『able』『Host Town』『Belive』で知的障がいある人々を見つめてきた製作総指揮・細川佳代子と監督・小栗謙一による第4作目。普通の日常が呼び起こす大きな感動と、彼らが普通を手にするまでの長い道のり。「瑞宝太鼓」のメンバーを中心に、その家族や恋人、かつて息子と別れて辛い日々を送った母親までもが、ありのままの姿でカメラの前に立ち、自分たちが生きてきた道と社会について語る。

「幸せの太鼓を響かせて ~INCLUSION~」公式HP
(予告編が観れます)
http://inclusion-movie.com/

また、YouTubeでも予告編を閲覧できます。
YouTube→ http://www.youtube.com/watch?v=PkjqKOL7GtQ

『幸せの太鼓を響かせて ~INCLUSION~』が
「角川シネマ新宿」と「梅田ガーデンシネマ」で
5月28日(土)~同時ロードショー公開です。
名古屋 名演小劇場 6月4日(土)~
福岡 ソラリアシネマ 近日
長崎 セントラル劇場 6月
熊本 Denkikan 近日

映画のオリジナルサウンドトラック(全曲・作曲:時勝矢 一路)
公開劇場での発売決定!

監督:小栗謙一
出演者:瑞宝太鼓を中心にコロニー雲仙の人々、時勝矢一路
音楽:時勝矢一路
語り:萩原聖人
配給:ableの会、ムヴィオラ
2011年/日本/106分/HDデジタル
[PR]
by shinta_inoue | 2011-04-13 23:59 | 羊飼いのひとり言
<< 半農半Xを提唱する塩見直紀さん... MuDA本番@精華大学 >>